2011年12月20日 16:00

【スバル インプレッサ 新型発表】燃費とバリューをアップ…開発竹内氏「レガシィを超えた」

12月20日、富士重工業は、新型スバル『インプレッサ』シリーズを発売した。開発を担当したスバル商品企画本部の竹内明英氏は、新型インプレッサの開発について「狙いはバリューを高めることです。従来のインプレッサの延長線ではない」と語る。

新型インプレッサは、エンジンを自然吸気エンジンに一本化、CVTやアイドリングストップ機能の搭載により、1.6リットルモデルのJC08モード燃費は17.6km/リットル(10・15 モード:20.0km/リットル)、2.0リットルはJC08モード燃費17.2km/リットル(10・15モード:18.2km/リットル)と、従来モデルと比べ燃費性能を向上させている。

また、これまでのインプレッサに用意されていたスポーツモデル「WRX」は、それぞれ別な車として進化させることが決まっている。セダンを「G4」、5ドアハッチバックを「スポーツ」とし、新たなキャラクターとして登場した新型インプレッサの開発の狙いについて竹内氏に聞いた。

●バリューフォーマネー

「最近のユーザーは、“バリューフォーマネー”ということで価値にこだわります。同じ値段であれば質感の高いものが選ばれていて、自動車でも必ずそうなると考えました。このセグメントの車だから、こういう質感とか装備というところに安住することなく、1クラスも2クラスも上のものを感じさせようと、コンセプトワードを“New Value Class”としました。Cセグメントのクラス感を打破する、“これがインプレッサなの!”と感じて頂ける質感とかクオリティを狙っています」

…具体的な目標は?

「Cセグメント並ではダメということで、社内でいうと『レガシィ』ですね。レガシィを超えられる質感を目指しました。インテリアでは、見栄えだけでなく触った感じも大切です、ソフト素材を採用して内装の質感を高めました、また、分かりやすい商品として、オーディオや空調など、各セクションが独立して機能しやすくなっている“シンプルイズベスト”としたのが質感のこだわりです」

●プライオリティをつけた商品開発

「商品面では“ショッピングプロセスを考えた分かりやすい商品”を目指しています。商品としてまず話題にしてもらうことが最初の段階です。全体のスタイリングを見てもらって感動してもらう、その次に見るのがカタログです、“サイズ”、“燃費”、“値段”、そこでの話題性をもたせた魅力があるのかが重要となってきます」

「次のステージで、ディーラーに足を運んでもらったとき、最初に見るのはフロント周りだと思います。フロントドアを開けて、センターコンソールの上を確認したり…。と、そういうストーリーをたてて、開発のプライオリティーを明確にしてきたところが、3代目と4代目で開発方法を変えたところです」

…4ドアと5ドアのターゲットの違いは?

「このクルマはグローバル商品なので、4ドアセダンに乗って頂いているのは特に北米では20代後半から30代のキャリアウーマンです。そういった女性ですから、デザインと乗り味の元気のよさのほか、友達をもてなす時の後席の広さ感が求められています。一方、5ドアハッチバックは中高年の男性で欧州では特にそうなる。男性が実用的に使える“使える5ドア”を醸し出すデザインに仕上げています」

「日本はどうかというと、セダン市場は厳しい状況ですが、女性に乗って頂けるバリューを両モデルにあたえることによって、“奥さんにも納得してもらう”という旦那さんも買いやすい状況を作り出し、一般的にわかりやすい商品としました」

●燃費を向上、レガシィを超えた走りの質感

「性能面の開発の狙いは明確で“燃費”です。“燃費”と“ファントゥードライブ”の両方バランスさせるべく、上を目指して開発をやってきました。開発においても優先順位をつけ、この技術は“燃費に効く”、この技術は“走りに効く”ということを必ず考えて判断してきました」

「走りの質感も、乗り心地と走行安定性では、欧州車に引けをとらないものに仕上がったと思います。“レガシィを超えた”と言っていいと思います。もちろん“次のレガシィはもっとすごいぞ”ということになりますが(笑)。このインプレッサが新中期計画“モーション5”第一弾のクルマとなり、今後、このクルマを基本に各モデルのポジショニングを明確にしていくことになります」

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スバル

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スバル(subaru)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダ3 の2.5ターボ搭載車(メキシコ仕様)

    マツダ3 に2.5ターボ、227馬力…メキシコで発表

    自動車(本体)
    2020.07.08 09:26
  2. ホンダ スーパーカブ50・『天気の子』ver.

    ホンダ スーパーカブ50/110、「天気の子」バージョンを受注期間限定で発売

    バイク(本体)
    2020.07.07 13:50
  3. P-CARS12

    エレコム、車のエアコンルーバーに装着できるスマホホルダー「P-CARS12」

    その他車載機器
    2020.07.08 06:43
  4. MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真

    MINI クーパーS が大幅改良へ…スプリッター装備の攻撃的フロントマスクを激写!

    自動車(本体)
    2020.07.07 06:00
  5. 国内では2020年初冬に発売予定の「レクサスLS」のマイナーチェンジモデル。

    「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載

    自動車(本体)
    2020.07.08 06:18

総合ニュースランキング

  1. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」「Nintendo Switch Lite」

    マイニンテンドーストア、「Switch あつ森セット」「Switch Lite」抽選販売開始

    ゲーム機本体
    2020.07.07 17:45
  2. HG 1/144 フルアーマー・ガンダム(ガンダムサンダーボルト版

    ガンプラ「フルアーマー・ガンダム(サンダーボルト版)」などオンラインで発売

    プラモデル
    2020.07.08 11:35
  3. 「アストロシティミニ」

    セガ、36タイトル収録の手のひらサイズゲーム機「アストロシティミニ」

    ゲーム機本体
    2020.07.08 10:47
  4. “持ち運べるエアコン”に流行の兆し? 大手メーカーのポータブルエアコンが話題に

    “持ち運べるエアコン”に流行の兆し? 大手メーカーのポータブルエアコンが話題に

    エアコン・クーラー
    2020.07.03 13:40
  5. ELD-FTV

    エレコム、テレビ番組録画用の外付けHDD「ELD-FTV」シリーズ

    外付け ハードディスク
    2020.07.07 13:10

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Canon EOS Presentation」
  • GS-40J
  • OWL-WPCSP17
  • AMD Ryzen
  • 「Rakuten Mini」
  • Genie II リニア