2017年02月12日 07:15

三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良

三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。

■エンジン始動を抑える走行モードを搭載

今回は、プラグインハイブリッドシステムの強化や、先進安全装備の充実など、多岐にわたる改良が行われた。

プラグインハイブリッドシステムでは、加速時に駆動用バッテリーからの電力供給をより持続させ、発電のためのエンジン始動を遅らせることで、従来よりもEV走行を維持できるようにした。また、エンジンの始動性の改良により、これまでよりも素早くモーターに電力を供給することが可能になり、強い加速が必要な場面で、レスポンスの向上が図られている。

走行モードには「バッテリーセーブモード」「バッテリーチャージモード」に加えて、EV走行を優先させ、可能な限りエンジンの始動を抑える「EVプライオリティモード」が新たに設定された。さらに充電制御を見直すことで、約80%までの急速充電時間が約30分から25分に短縮された。

操縦安定性も高められており、ショックアブソーバーのバルブ構造の見直しと減衰力の最適化により、操縦安定性と接地性が高められた。また、リアのトーコントロールアームのブッシュを変更することで、直進安定性と操舵時の手応えが改良された。そのほか、車両運動統合制御システム「S-AWC」では、滑りやすい路面で使うLOCKモードで、前後のモーター駆動力制御とブレーキによるアクティブヨーコントロール(AYC)制御が見直され、旋回性能とコントロール性が向上したという。

予防安全技術「e-Assist」も改善され、衝突被害軽減ブレーキのセンサーを、ミリ波レーダーから、カメラとレーザーレーダーを併用したシステムに変更することで、歩行者検知機能を追加するとともに、衝突回避性能が高められた。また、車線逸脱警報システムの精度を向上させるとともに、警報のタイミングを最適化している。さらにオートマチックハイビーム機能も新たに搭載された。

機能装備の充実も図られており、電動パーキングブレーキを採用したほか、信号待ちや渋滞時にブレーキペダルを放しても停車状態を維持する「ブレーキオートホールド」機能が追加された。さらにSエディションでは、スマートフォン連携ディスプレイオーディオを標準装備。Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する。

エクステリアについては、フロントフォグランプをLED(リフレクタータイプ)として消費電力を抑えたほか、ロービーム点灯時のヘッドライトとの色調を統一した。

■スポーティーでプレミアムなSエディション

新たに追加されたSエディションについては、ビルシュタイン社製のショックアブソーバーの採用や、構造用接着剤を用いたボディー剛性の強化などにより、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現したとうたわれる。

エクステリアでは、フロントラジエーターグリル、アルミホイールをダーククローム調で統一し、BピラーとCピラーを光沢のあるブラック、前後バンパー下部のスキッドプレートをボディーカラー同色とすることで、スポーティーなプレミアム感が演出されている。インテリアでは、ステアリングホイール、メーターフードなどにレッドステッチを施し、各種パネルはシルバーのジオメトリック調で統一されている。アクセル、ブレーキペダルはアルミ製を採用する。

価格は以下の通り。

・M:365万9472円

・Gセーフティーパッケージ:397万3860円

・Gナビパッケージ:432万4860円

・Gプレミアムパッケージ:468万1260円

・Sエディション:478万9260円

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

三菱

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

三菱(mitsubishi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産アリア

    日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開

    自動車(本体)
    2020.07.15 14:32
  2. 日産アリア市販モデルのティザーイメージ

    日産 アリア、新世代電動4WD「e-4ORCE」搭載 7月15日発表予定

    自動車(本体)
    2020.07.15 07:00
  3. トヨタ MR2 後継モデルの予想CG

    トヨタ MR2 後継車は本当に出るのか?特許画像から市販モデルを大予想

    自動車(本体)
    2020.07.15 09:04
  4. 日産アリア

    【日産 アリア】新時代のクロスオーバーEV 発表、実質購入価格は約500万円から

    自動車(本体)
    2020.07.15 17:00
  5. 装着イメージ(CGイメージ)

    最新アルファード/ヴェルファイアにビッグX 11を装着、アルパインスタイルがナビパッケージ発売へ

    カーナビ
    2020.07.15 09:00

総合ニュースランキング

  1. 「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」

    “高級で上質な印象”の「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」が限定発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.07.14 15:17
  2. Amazon Smart Plug

    アマゾン、1,980円のスマートプラグ「Amazon Smart Plug」

    電源タップ
    2020.07.15 11:45
  3. 日産アリア

    日産初のクロスオーバーEV「アリア」がデビュー 日本を皮切りに世界展開

    自動車(本体)
    2020.07.15 14:32
  4. 「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機 [EVA2020]」

    バンダイ、特別仕様の「METAL BUILD エヴァンゲリオン2号機 [EVA2020]」

    フィギュア
    2020.07.15 11:25
  5. 日産アリア市販モデルのティザーイメージ

    日産 アリア、新世代電動4WD「e-4ORCE」搭載 7月15日発表予定

    自動車(本体)
    2020.07.15 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • GV-N1656OC-4GD R2.0
  • ホンダ アコードデザインスケッチ(初期)
  • 日産アリアのワールドプレミア
  • フルーツい〜っぱい!いちごのおふろセット
  • iPhone 11Pro/11/XR/8/7専用 ディズニーキャラクター Latootoo カード収納型 ミラー付きiPhoneケース
  • ネックバリア SY-127