2017年04月26日 16:30

アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表

アウディ ジャパンは2017年4月26日、コンパクトSUVのニューモデル「Q2」を発表した、2017年6月中旬に販売を開始する。

■最小の“Qファミリー”

「Qファミリー」と呼ばれるアウディのSUVは、「Q7」を頂点に「Q5」と「Q3」の3モデルがラインナップされている。これに今回加わったのが、Q3よりもさらに小さいQ2だ。全長×全幅×全高=4200×1795×1530mmのボディーは、Q3よりも200mm短く、35m狭く、65mm低い。全高が1550mmを切ったことで高さ制限のある立体駐車場などにも対応するのがうれしい。一方、2595mmのホイールベースはQ3よりも10mm短いに過ぎず、前後のオーバーハングを切り詰めたデザインであることがわかる。

Q2のエクステリアは、これまでのアウディとはやや趣が異なる。アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルは八角形になり、やや高い位置に配置することでSUVらしさを強調したという。ボディーも角張った形状とし、コンパクトであっても強い存在感を放っている。ボディーカラーとは別色の“ブレード”がCピラーに配されるのも、エクステリアのアクセントとなっている(一部仕様を除く)。

インテリアは、水平基調のダッシュボードに航空機のエンジンをイメージさせるエアベントを配したデザインを採用。標準はアナログメーターが装着されるが、オプションでフルデジタルメーターの「アウディ バーチャルコックピット」が用意される。ラゲッジスペースは通常時でも405リッターを確保し、分割可倒式リアシートを倒すことで最大1050リッターまで拡大することが可能だ。

パワートレインは116psを発生する1リッター直列3気筒ターボの「1.0 TFSI」と、150psの1.4リッター直列3気筒ターボの「1.4 TFSI」を設定。1.4 TFSIは負荷が低いときに第2、第3シリンダーを休止して燃費を向上させるシリンダーオンデマンド(COD)機能を搭載している。トランスミッションはデュアルクラッチタイプの7段Sトロニックで、駆動方式は全車FFである。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビームを採用。電動パワーステアリングは、中立付近でスロー、ある程度舵角が大きくなるとクイックな特性となるプログレッシブステアリングを全車に採用した。

コンパクトSUVでありながら、アシスタンスシステムが充実しているのも見どころのひとつ。ベースグレードを除いて、衝突を回避、または被害を軽減する自動ブレーキシステムや、レーダータイプのアダプティブクルーズコントロールを標準装着するとともに、アクティブレーンアシスト、渋滞での追従機能であるトラフィックジャムアシスト、ハイビームアシストといった機能を「セーフティパッケージ」として設定している。

インフォテインメントシステムも上級モデルなみに充実しており、オプションのMMIナビゲーションシステムを選ぶと、Apple CarPlayとAndroid Autoを搭載する「アウディ スマートフォンインターフェイス」や、テレマティクスサービスの「アウディコネクト」が利用可能になる。

ラインナップと価格は次のとおり。

Q2 1.0 TFSI……299万円

Q2 1.0 TFSIスポーツ……364万円

Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ……405万円

なお、Q2のデビューを記念し、「Q2 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」をベースに、内外装をスポーティーに仕立て上げる「Sラインパッケージ」やナビゲーションシステム、セーフティパッケージ、アウディ バーチャルコックピットなどを標準装着した「Q2ファーストエディション」を280台限定で販売。こちらは490万円になる。

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「マツダCX-5」のアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」装着車。

    マツダが「CX-5」を一部改良 エレガントな内装の特別仕様車も設定

    自動車(本体)
    2019.12.12 16:35
  2. スズキ・ハスラーコンセプト・アーバンアウトドアスタイル(東京モーターショー2019)

    【スズキ ハスラー 新型】ティザーサイト開設!!…東京モーターショー2019出展車

    自動車(本体)
    2019.12.10 18:00
  3. トヨタ“GRヤリス”プロトタイプ

    トヨタが“GRヤリス”を世界初公開【東京オートサロン2020】

    自動車(本体)
    2019.12.12 06:11
  4. ヴェゼル・ツーリング・モデューロX

    【ホンダ ヴェゼル モデューロX】エアロが満載、職人技が光る

    自動車(本体)
    2019.12.12 11:30
  5. 三菱RVRブラックエディション

    ブラックアクセントでキリリと 「三菱RVRブラックエディション」登場

    自動車(本体)
    2019.12.12 15:00

総合ニュースランキング

  1. 今だけ驚き価格! イチキュッキュッパのPlayStation 4!

    PS4が税別19,980円に、1万円値下げの「イチキュッキュッパ」キャンペーン

    ゲーム機本体
    2019.12.12 14:45
  2. Bluetooth TV用スピーカー 56cm TVSPK02

    ゲオ、税別3,980円の横幅56cmサウンドバースピーカーなど3機種

    ホームシアター スピーカー
    2019.12.12 12:03
  3. ケンコー、“見えない所”も撮れるiPhone/iPad用スネイクカメラ

    携帯電話アクセサリ
    2019.12.12 07:00
  4. 「HGBD:R 1/144 量産型ジオニックソード」※画像はすべてイメージ

    バンダイ、“量産型風カラー”の「1/144 量産型ジオニックソード」発売日決定

    プラモデル
    2019.12.11 16:00
  5. GTBX-1

    “俺の嫁”はどこへ? 初音ミク召喚の「Gatebox 限定生産モデル」がサービス終了へ

    Bluetoothスピーカー
    2019.12.11 12:08

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • BMW 4シリーズ 次期型プロトタイプ。ついに巨大グリルの存在を捉えることに成功(スクープ写真)
  • クラリオン製8型HDクワッドビューナビゲーション NXV897D×フルデジタルサウンドシステム
  • Libero S10
  • S7
  • VA-LT002
  • スピードライト MG80 Pro ニコン用