2017年07月03日 18:03

「スバル・レヴォーグ」がマイナーチェンジ

スバルは2017年7月3日、「アイサイト」の機能を強化するなどした改良型の「レヴォーグ」を発表した。同年8月7日に発売する。

■より上質で安全なクルマに

レヴォーグは今回の大幅改良で、全車速域でアクセル/ブレーキ/ステアリングの操作をサポートするアイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を搭載。さらに、後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター、スマートリアビューミラー、ステアリング連動ヘッドランプ等の先進安全機能も追加され、安全性能が高められた。

走行性能については、サスペンションと電動パワーステアリングの改良により、乗り心地や操縦安定性、操舵フィーリングを向上。ボディーの各所に振動騒音対策を施すことで走行時の静粛性も改善された。さらに1.6リッターモデルでは、エンジンの制御を最適化。実用燃費が向上している。

エクステリアは、フロントグリルやフロントバンパー、LEDヘッドランプのデザインを変更したほか、一部グレードには新デザインのアルミホイールを採用。LED式のフロントフォグランプも装着された。ボディーカラーに新色「ストームグレーメタリック」が加えられたのもトピックだ。

インテリアについては、インストゥルメントパネルやセンターコンソール、センターパネルに用いられるパネル類の質感をアップ。8インチのカーナビゲーションシステムに対応できる仕様とした上で、ビルトインナビのデザインも一新した。インストゥルメントパネルの中央上部に搭載されていたマルチファンクションディスプレイは、5.9インチの大型カラー液晶に変更されている。そのほか、リアシートが40:20:40の分割可倒式となり、これまで本革シート装着車にのみに設定されていたシートヒーターがエントリーモデル「1.6GT EyeSight」を除く全車に装着された。

レヴォーグの主な変更点は、以下の通り。

【安全性能】

アイサイトに「アイサイト・ツーリングアシスト」「後退時自動ブレーキシステム」を追加

アイサイトセイフティプラスに「フロントビューモニター」「スマートリアビューミラー」を追加

ステアリング連動ヘッドランプを採用

オートビークルホールドを採用

【走行性能】

フロント&リアサスペンションの改良(STI Sportを除く)

電動パワーステアリングの改良

静粛性の向上

高μブレーキパッドを採用

1.6リッターエンジンの制御の最適化

【エクステリア】

新デザインのLEDハイビーム&ロービームランプ

新デザインのフロントグリル(STI Sportを除く)

新デザインのフロントバンパー(STI Sportを除く)

LEDフロントフォグランプ(STI Sportを除く)

新デザインのフロントフォグランプカバー

新デザインの18インチアルミホイール(1.6GT EyeSight S-style、1.6GT-S EyeSight、2.0GT-S EyeSight)

ボディーカラーに新色「ストームグレーメタリック」を追加

【インテリア】

新デザインのインパネ加飾パネル(1.6GT-S EyeSight、2.0GT-S EyeSight)

新デザインのフロントコンソールパネル

新デザインのセンターパネル

新デザインのドアスイッチパネル(ピアノブラック調+シルバー塗装)

新デザインのドアグリップ

新デザインのメーターパネル

マルチファンクションディスプレイ(5.9インチ大型カラー液晶)

新型8インチビルトインナビ(ディーラー装着オプション)

ワンタッチフォールディング機能付き40:20:40分割可倒式リアシート

ファブリックシート装着車のシートヒーター(1.6GT EyeSightを除く 本革シート装着車には従来型でも設定あり)

ラインナップと価格は以下の通り。

・1.6GT EyeSight:282万9600円

・1.6GT EyeSight S-style:292万6800円

・1.6GT-S EyeSight:307万8000円

・1.6STI Sport EyeSight:356万4000円

・2.0GT-S EyeSight:361万8000円

・2.0STI Sport EyeSight:405万円

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スバル

レヴォーグ

スバル

レヴォーグ

新車価格:310〜409万円 中古車価格:56〜481万円
発売日:2020年10月15日発売

スバル(subaru)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「死角モニターにもなる業務用6カメラドライブレコーダー SLT6CDVR」

    「死角をなくし、接触事故を未然に防ぐサポート」業務用6カメラドラレコが発売

    ドライブレコーダー
    2021.03.05 12:30
  2. ヤマハ トリシティ125(イエロー)

    ヤマハ トリシティ125、2021年モデル発売へ 新色イエローを追加

    バイク(本体)
    2021.03.04 09:29
  3. ホンダ・レジェンド新型

    【ホンダ レジェンド 新型】寺谷日本本部長「レベル3でブランドの先進性を訴求」…リースのみで価格は1100万円

    自動車(本体)
    2021.03.05 06:26
  4. 「ランドローバー・ディフェンダー110」とブランドアンバサダーの原英莉花選手。

    プロゴルファーの原英莉花選手 2021年は新型「ランドローバー・ディフェンダー」でツアーを転戦

    自動車(本体)
    2021.03.05 06:15
  5. ホンダ X-ADV(パールディープマッドグレー)

    ホンダ、個性派クロスオーバー『X-ADV』をフルモデルチェンジ…パワーと利便性向上

    バイク(本体)
    2021.03.05 17:00

総合ニュースランキング

  1. ドコモ

    ドコモオンライン、新プラン「ahamo」契約予定のユーザーへ注意事項を公開

    スマートフォン
    2021.03.04 10:40
  2. ドコモ「ahamo」

    チェックしよう。ドコモ新プラン「ahamo」で「できること」「できないこと」

    スマートフォン
    2021.03.05 11:15
  3. ※ドコモホームページより

    ドコモ、新プラン「ahamo」で契約できないスマートフォンの機種名を公開

    スマートフォン
    2021.03.01 12:13
  4. 「遊びの春セール」

    最大75%オフ、スクエニがSwitch/PS4対象の「遊びの春セール」開始

    Nintendo Switch ソフト
    2021.03.05 07:05
  5. FP-Z8000

    富士フイルム、高輝度8000ルーメンの超短焦点プロジェクターを3/12発売

    プロジェクタ
    2021.03.05 06:50

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 1/43 トヨタ クラウン (GRS202) 2014 警視庁警備部警衛課警衛車両(銀)
  • NW-A105/DI
  • SHOTEN カメラウッドグリップ XS10-GP
  • 「バリュープラス」
  • FP-Z8000
  • Realistic Model Series 機動戦士ガンダムSEED 1/144 アークエンジェル カタパルトデッキ