2017年07月10日 18:01

「トヨタ・カムリ」がフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は2017年7月10日、ミドルサイズセダン「カムリ」の新型を発表。同日、販売を開始した。

■初の“ALL NEW TNGA”モデル

カムリは世界100カ国以上で販売されているグローバルモデル。特に北米では圧倒的な人気を誇り、ベストセラーカーの座を守り続けている。セダン人気が低迷している日本では苦戦を強いられているが、2011年以来のフルモデルチェンジで存在感の向上を狙う。

「官能へと、極まる。」が開発コンセプト。性能(走りや乗り心地などクルマとしての基本性能)と智能(ちのう:先進技術を用いた環境性能や安全性)を突き詰めることで、官能性を高める狙いだ。数値では表現できない価値を追求し、五感に訴える上質なセダンを目指した。

開発のベースとなったのは、トヨタが進めるクルマづくりの構造改革たる「TNGA(Toyota New Global Architecture)」。すでに「プリウス」や「C-HR」でも採用されているが、カムリは初のALL NEW TNGAモデルを標榜(ひょうぼう)する。プラットフォームに加えてパワートレインも一体的に開発することで、TNGAのポテンシャルをフルに引き出すことが可能になったという。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4885×1840×1445mmで、ホイールベースは2825mm。低重心パッケージの恩恵で、全高は従来モデルよりも25mm、エンジンフード高は40mm低くなった。フロア高が20mm下がったことにより乗員のヒップポイントも低くなり、十分な室内空間が保たれている。さらに、エンジンマウント位置を見直すなどして低重心化も図られた。ハイブリッドバッテリーの搭載位置を下げたことは、荷室容量の拡大にも貢献している。

デザイン面にも低重心プラットフォームが生かされている。「“Sensual-Smart” CONFIDENCE」というコンセプトのもとに、セダンの実用価値を保持しながらクーペに匹敵する「官能的な動感」を追求した。フロントフェイスにはトヨタのアイデンティティーであるキーンルックを用いて、ワイドなスタンスを強調している。

■新エンジンでスポーティーな走りと低燃費を追求

先代と同様、日本で販売されるのはハイブリッドモデルのみ。「Dynamic Force Engine」と名付けられた新型2.5リッター直4エンジンは、世界トップレベルの最大熱効率41%を誇る。吸気ポート形状の工夫などで高吸気効率と高タンブルを両立させ、熱効率を高めた。

プリウスでも使われている最新ハイブリッドシステムの「THS II」と組み合わせることにより、優れた動力性能と低燃費を得たという。最高出力211psのパワーユニットで、スポーティーな走りと、最高33.4km/リッター(「X」グレードのJC08モード値)の低燃費を実現した。

最新の先進安全装備「Toyota Safety Sense P」が全車に標準装備されているのもトピック。ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで、クルマだけでなく歩行者も認識して衝突回避を支援する。「プリクラッシュセーフティシステム」「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」「レーダークルーズコントロール」という4つの機能のパッケージだ。

さらに安全性を高めるオプションの用意もある。アクセルの踏み間違いなどで起きる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」、後退時に死角を検知する「リアクロストラフィックアラート」と自動的にブレーキ制御を行う「リアクロストラフィックオートブレーキ」、車線変更時の後方確認をサポートする「ブラインドスポットモニター」が設定されている。

インテリアには新しい室内配色の手法「フレックスコーディネーション」が取り入れられた。これは複数の色や素材を用い、室内の統一感を保ちながらコーディネートするもので、ブラックとベージュの2タイプがある。ボディーカラーについては、エモーショナルレッドやダークブルーマイカメタリックを含む7種類がラインナップされる。

カムリのラインナップと価格は、以下の通り。

X:329万4000円

G:349万9200円

G“レザーパッケージ”:419万5800円

(文=鈴木真人)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    ホンダ シビックタイプR 次期型をついにスクープ!ハイブリッド化で400馬力、21年発表か

    自動車(本体)
    2020.05.26 09:45
  2. スバルWRX S4?STI Sport♯

    スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル

    自動車(本体)
    2020.05.26 10:00
  3. トヨタ・シエナ 新型の XSE

    米トヨタのハイブリッドミニバン、初のスポーティグレード設定…シエナ 新型

    自動車(本体)
    2020.05.25 09:48
  4. ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案

    【ダイハツ ロッキー 新型】インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由

    自動車(本体)
    2020.05.25 14:30
  5. クロード・ルルーシュ監督(写真左)とドライバーを務めたシャルル・ルクレール(同右)

    「フェラーリSF90ストラダーレ」がモナコの市街地を240km/hで走行

    自動車(本体)
    2020.05.26 06:10

総合ニュースランキング

  1. 1/144 ジム

    名脇役「ジム」の新旧ガンプラを集めた「ガンプラジムギャラリー」が公開

    プラモデル
    2020.05.26 06:10
  2. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.[BEST SELECTION]」

    RX-78-2 ガンダムなど、税別3,500円「BEST SELECTION」6種の発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 12:40
  3. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    任天堂、Switch「どうぶつの森セット」の抽選申込終了 当選発表は6/1〜6/2

    ゲーム機本体
    2020.05.25 19:07
  4. 「GPD WIN Max」

    第10世代Core搭載の8型ポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max」国内発売

    ノートパソコン
    23時間前
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-09F/TROP ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」

    モノアイが上下左右に可動する「ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」発売日決定

    フィギュア
    23時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • GODOX LEDビデオライト
  • シック ハイドロ5 ダブルホルダー EVAモデル
  • BMW 6シリーズ・グランツーリスモ 改良新型のティザーイメージ
  • BMW 5シリーズ・セダン 改良新型のティザーイメージ
  • 超合金 サウザンド・サニー号
  • 天体観測用ライトSG-L02