2018年05月17日 06:19

シェフラー、PHV向けの新トランスミッション発表…走行性能と燃費を両立

シェフラーは5月15日、ドイツで開催した「第11回シェフラーシンポジウム2018」において、電動車両向けの新開発ソリューションを発表した。

シェフラーは2030年には、新車(乗用車)の約30%が、EVなどの完全な電動パワートレーン車になると予想。しかし同時に、全新車のうち40%には、内燃機関とトランスミッションが重要部品として採用されるハイブリッドドライブになると見込む。

シェフラーが今回発表した電動車両向けの新開発ソリューションのひとつが、「ハイブリッド切り替え専用トランスミッション」。これは、プラグインハイブリッド車(PHV)の市場シェア拡大を受けて、新開発したトランスミッションで、「DH-ST 6+2」と命名された。

DH-ST 6+2は、セミオートマチックトランスミッションをベースにし、電動ギア2つと機械ギア6つを備える。内燃機関と並行して稼働する電気モーターを、ギア比2つの切り替えが可能な方法でトランスミッション構造に統合。これにより、電気モーターは、高速走行時でも非常に効率的に稼働でき、内燃機関に限り、2段変速が可能に。2つのサブトランスミッション間にある一種の増幅トランスミッションにより、内燃機関も電気経路のサブトランスミッションを利用できるようになるという。

つまり、4つのギアを追加で利用できるようになるということ。1つのホイールプレーンを2度利用するので、6つのギアに必要なホイールプレーンは5つで済む。シェフラーのテストでは、DH-ST 6+2と220kWのシステムパワーによって、スポーティな走りを実現。100kmあたり約4.5リットル(WLTCモード)の低燃費も可能にする、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

関連コンテンツ

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダの新型車のティザーイメージ

    マツダの新型車、ティザーイメージ… アクセラ 次期型か?

    自動車(本体)
    16時間前
  2. スズキ・ジムニー 新型の欧州仕様(パリモーターショー2018)

    スズキ ジムニー 新型、欧州仕様は1.5リットルで シエラ 相当…パリモーターショー2018で発表

    自動車(本体)
    20時間前
  3. メルセデスベンツAクラス新型発表

    【メルセデスベンツ Aクラス 新型】予約受付開始、322万円から

    自動車(本体)
    17時間前
  4. メルセデスベンツ Eクラス 改良新型(ステーションワゴン)スクープ写真

    メルセデスベンツ Eクラス も「プレデター顔」に…改良新型デビューは2019年

    自動車(本体)
    20時間前
  5. 「メルセデス・ベンツA180スタイル」

    「メルセデス・ベンツAクラス」がフルモデルチェンジ

    自動車(本体)
    20時間前

総合ニュースランキング

  1. 左上から「Xperia XZ3」「カードケータイ KY-01L」、左下から「INFOBAR xv」「AQUOS zero」

    個性派ケータイも登場した「2018年秋冬モデル」、各キャリア注目の1台はどれ?

    スマートフォン
    19時間前
  2. HUAWEI Mate 20 X

    ファーウェイ、7.2型有機EL搭載スマホ「HUAWEI Mate 20 X」を発表

    スマートフォン
    2018.10.17 15:05
  3. DRESSING APS-DR008

    パイオニア、USB端子に接続して高音質化させる「DRESSING APS-DR008」

    その他オーディオ機器
    18時間前
  4. マツダの新型車のティザーイメージ

    マツダの新型車、ティザーイメージ… アクセラ 次期型か?

    自動車(本体)
    16時間前
  5. 「KY-01L」

    ドコモ、2.8型電子ペーパー採用の京セラ製「カードケータイ KY-01L」

    docomo(ドコモ)携帯電話
    2018.10.17 14:00

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「HG 1/144 リーオー(飛行ユニット仕様)」
  • AQR-SV42H
  • HUAWEI Mate 20 X
  • メルセデスベンツAクラス発表会
  • Palit RTX2070 GamingPro OC