2018年05月24日 10:32

鋳造部品の砂型を3Dプリンターで作るダイハツの技術…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。ダイハツブースはリッターカークラスのミニバン『トール』と軽エコカー『ミライース』の現行車2台を展示するシンプルな構成。

展示物のなかに一般的にはあまり目にする機会のない砂型(エンジンなど中空部分がある鋳造部品を作るとき周囲に鋳込み、それを崩すことで中空となる)があったが、それをわざわざ置いたのには理由があった。3Dプリンターで製作したものなのだという。

「量産車は従来の工法なのですが、試作品を作るときに使う砂型は3Dプリンター化しました。最大のメリットは何と言っても作るのが早いということ。砂型を作るのには実は大変な手間がかかっていて、木型から起こして砂型が完成するまでに大体1カ月ないし1カ月半を要していました。ところが、3Dプリンターを使うと設計から5時間ほどで砂型ができてしまいます。それだけいろいろなことを試せるようになりましたし、普通の砂型ではできなかった形状も作れるようになりました」(ダイハツ関係者)

量産車の製造に使うには若干コストが高いのが難点だが、「今後、燃費性能などにより高い付加価値がつくようになれば、量産で使うメリットも出てくると思う」(ダイハツ関係者)という。エンジン性能の向上は生産技術によっても左右されるということを実感させられる興味深い技術展示だった。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ダイハツ

ダイハツ(daihatsu)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 新型トヨタRAV4(米国仕様)

    新型「トヨタRAV4」の日本仕様の姿が明らかに

    自動車(本体)
    2019.02.22 14:30
  2. トヨタ ハイエース、海外向け新シリーズを世界初披露 日本導入は予定なし

    トヨタ「ハイエース」海外向け新シリーズが世界初公開、乗り心地や静粛性が向上

    自動車(本体)
    2019.02.22 15:18
  3. オートスマートフォンホルダー

    2つのセンサーで自動開閉、片手でスマホを取り外しできるホルダー

    その他車載機器
    2019.02.23 07:00
  4. New RAV4 Debut(サイトスクリーンショット)

    トヨタ RAV4 新型、日本仕様がついに姿を現す-カスタム3車種も

    自動車(本体)
    2019.02.22 09:53
  5. 「ルームミラーがリアモニターになる! 前後撮影ドライブレコーダー2 MIRDRV72」

    サンコー、ミラー型の全面液晶ドライブレコーダーに第2弾モデル

    ドライブレコーダー
    2019.02.20 15:05

総合ニュースランキング

  1. 新型トヨタRAV4(米国仕様)

    新型「トヨタRAV4」の日本仕様の姿が明らかに

    自動車(本体)
    2019.02.22 14:30
  2. トヨタ ハイエース、海外向け新シリーズを世界初披露 日本導入は予定なし

    トヨタ「ハイエース」海外向け新シリーズが世界初公開、乗り心地や静粛性が向上

    自動車(本体)
    2019.02.22 15:18
  3. オートスマートフォンホルダー

    2つのセンサーで自動開閉、片手でスマホを取り外しできるホルダー

    その他車載機器
    2019.02.23 07:00
  4. 【新生活2019】電子レンジ・オーブンレンジ 最新モデルまとめ・・・フラット庫内がポイント

    電子レンジ・オーブンレンジ
    2019.02.23 06:00
  5. New RAV4 Debut(サイトスクリーンショット)

    トヨタ RAV4 新型、日本仕様がついに姿を現す-カスタム3車種も

    自動車(本体)
    2019.02.22 09:53

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Diginnos Stick DG-STK4C
  • トヨタ ハイエース、海外向け新シリーズを世界初披露 日本導入は予定なし
  • Optix MAG241CR
  • ドラえもん人生ゲーム
  • RICOH GR III
  • 「Galaxy Fold」