2018年05月24日 10:32

鋳造部品の砂型を3Dプリンターで作るダイハツの技術…人とくるまのテクノロジー2018

パシフィコ横浜で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2018」。ダイハツブースはリッターカークラスのミニバン『トール』と軽エコカー『ミライース』の現行車2台を展示するシンプルな構成。

展示物のなかに一般的にはあまり目にする機会のない砂型(エンジンなど中空部分がある鋳造部品を作るとき周囲に鋳込み、それを崩すことで中空となる)があったが、それをわざわざ置いたのには理由があった。3Dプリンターで製作したものなのだという。

「量産車は従来の工法なのですが、試作品を作るときに使う砂型は3Dプリンター化しました。最大のメリットは何と言っても作るのが早いということ。砂型を作るのには実は大変な手間がかかっていて、木型から起こして砂型が完成するまでに大体1カ月ないし1カ月半を要していました。ところが、3Dプリンターを使うと設計から5時間ほどで砂型ができてしまいます。それだけいろいろなことを試せるようになりましたし、普通の砂型ではできなかった形状も作れるようになりました」(ダイハツ関係者)

量産車の製造に使うには若干コストが高いのが難点だが、「今後、燃費性能などにより高い付加価値がつくようになれば、量産で使うメリットも出てくると思う」(ダイハツ関係者)という。エンジン性能の向上は生産技術によっても左右されるということを実感させられる興味深い技術展示だった。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ダイハツ

ダイハツ(daihatsu)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・グランビア 新型

    トヨタ グランビア の名前が17年ぶり復活…海外向け、ハイエース 新型ベース

    自動車(本体)
    2019.05.23 06:58
  2. トヨタ・レビン 新型

    トヨタ レビン 新型を発売、ハイブリッドも設定---11万5800元から

    自動車(本体)
    2019.05.23 12:55
  3. 「ZUS Smart Dash Cam」

    スマホアプリ連携に対応したドラレコ「ZUS Smart Dash Cam」、14,904円

    ドライブレコーダー
    2019.05.23 06:40
  4. 「日産リーフAUTECH」

    プレミアムスポーティーを掲げる「日産リーフAUTECH」登場

    自動車(本体)
    20時間前
  5. 日産ブースに展示された「デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション4WD」。

    日産が世界初の量産型可変圧縮比ターボエンジン技術を展示

    自動車(本体)
    2019.05.22 16:30

総合ニュースランキング

  1. 「FUJIFILM GFX100」※画像はレンズ装着イメージ

    富士フイルム、1億200万画素センサー装備のミラーレス「GFX100」6月下旬発売

    デジタル一眼カメラ
    21時間前
  2. 「ROBOT魂(Ka signature)<SIDE MS>スーパーガンダム」

    「機動戦士Zガンダム」ROBOT魂(Ka signature)スーパーガンダムが5/24発売

    フィギュア
    22時間前
  3. iNSPiC ZV-123

    キヤノン、1万円台のインスタントカメラ「iNSPiC ZV-123/CV-123」

    インスタントカメラ
    2019.05.23 12:18
  4. 「METAL ROBOT魂 <SIDE MS> アカツキガンダム(オオワシ装備)」

    バンダイ、“黄金のMS”「METAL ROBOT魂 アカツキガンダム(オオワシ装備)」

    フィギュア
    22時間前
  5. トヨタ・グランビア 新型

    トヨタ グランビア の名前が17年ぶり復活…海外向け、ハイエース 新型ベース

    自動車(本体)
    2019.05.23 06:58

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「HUAWEI P30 lite」
  • 「ColorChecker Passport Photo 2 MSCCPP-B」
  • 「DJIドローンミニチュアコレクション」
  • MOVERIO BT-30C
  • UN-19FB9
  • マツダ3 新型