2018年06月22日 09:55

マツダ ロードスター、最新「i-ACTIVSENSE」搭載…米2019年モデル

マツダの米国部門、北米マツダは6月20日、『MX-5ミアータ』(日本名:『ロードスター』)の2019年モデルに、先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

2019年モデルのロードスターには、最新の「i-ACTIVSENSE」を搭載。i-ACTIVSENSEは、ドライバーへの認知支援や衝突回避サポート、被害軽減を図るマツダの先進安全技術の総称。

車線逸脱警報システム(LDWS)は、約45km/h以上での走行時、フロントガラスに設置したカメラで車線を認識。車両がその線を踏み越える可能性があると判断すると、警報音でドライバーに注意を促す。

ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)は、約15km/h以上での走行時、隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、検知した側のドアミラー鏡面のインジケーターが点灯しドライバーに通知。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、ドライバーに車線変更を中断するよう求める。

リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)は、後退時に機能。駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、安全確認をサポートする。

交通標識認識システム(TSR)は、走行中にカメラで速度制限、進入禁止などの交通標識を読み取り、その情報をメーター内のマルチインフォメーションディスプレイに表示。制限速度の超過などをドライバーに警告、安全運転を支援する。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 新型トヨタ・カローラ・トレック

    トヨタ カローラワゴン 新型にクロスオーバー、「トレック」

    自動車(本体)
    23時間前
  2. トヨタ・ヤリス 新型の欧州仕様(参考画像)

    トヨタ ヤリス 新型の「GR」、ティザーイメージ

    自動車(本体)
    16時間前
  3. 日産GT-R50 by Italdesign

    1億円を超える「日産GT-R50 by Italdesign」の納車が2020年後半にスタート

    自動車(本体)
    13時間前
  4. ホンダ NSX(2020年モデル)

    ホンダ NSX、2020年モデルの受注開始 新色インディイエロー・パールIIを追加

    自動車(本体)
    15時間前
  5. ヤマハ セロー250ファイナルエディション

    ヤマハのロングセラー『セロー』が生産終了、ファイナルエディション発売

    バイク(本体)
    16時間前

総合ニュースランキング

  1. リニューアル例

    JT、「Ploom(プルーム)」ブランドの銘柄名称とパッケージをリニューアルへ

    電子タバコ・加熱式タバコ
    13時間前
  2. iNSPiC REC

    キヤノン、モニター非搭載の新コンセプトカメラ「iNSPiC REC」を15,180円で発売

    デジタルカメラ
    19時間前
  3. OTONA基地 一太郎35周年記念BASE by UNITEBOARD

    1畳あれば設置できる、ダンボール素材の「秘密基地」をジャストシステムが発売

    その他のおもちゃ
    23時間前
  4. GPD Pocket2S

    256GB SSDの7型ミニノートPC「GPD Pocket 2S」、税別56,800円で発売

    ノートパソコン
    14時間前
  5. 新型トヨタ・カローラ・トレック

    トヨタ カローラワゴン 新型にクロスオーバー、「トレック」

    自動車(本体)
    23時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max GREEN COLLECTION
  • MOFT x
  • すきま掃除フロアモップ CFTPF3RM
  • MOTHER オリジナル・サウンドトラック
  • SoundCollar