2018年07月05日 10:31

スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」を発売

スズキは2018年7月5日、4代目となる新型「ジムニー」および新型「ジムニーシエラ」を発表。同日販売を開始した。

■ジムニーだから許される、無骨なスタイリング

1970年に軽自動車初の本格的オフロード4WDとして誕生した初代から数えて4代目となる新型ジムニー、およびその小型車規格版であるジムニーシエラ。半世紀近い歴史のうちにすっかりブランドを確立したモデルの、じつに20年ぶりのフルモデルチェンジとあって、大いに注目を集めている。

すでに内外装デザインや基本的な成り立ちについては先行公開されているが、最大の話題は先祖返りした、平面基調の古典的なオフローダー然としたエクステリアデザインだろう。スズキによれば合理的で無駄のない機能美を追求したデザインとのことだが、結果として、その武骨なカッコがオシャレと感じる層にも大いにアピールするに違いない。

だからといってその姿勢があざとく見えないのは、骨太な本格オフローダーとしての本質がまったくブレることなく進化しているからである。その本質を支えている不変の成り立ちが、ラダーフレーム構造であり、エンジン縦置きFRレイアウトであり、副変速機付きパートタイム4WDであり、前後リジッドアクスルである。

車両の基本となるラダーフレームは新開発。車台のほぼ中央にXメンバー、前後にクロスメンバーを加えて、ねじり剛性は先代比で約1.5倍に強化しているという。サスペンションは悪路踏破性に優れた、前後ともコイルスプリングで吊られた3リンクリジッド式である。

■四角くなったボディーの恩恵

その強固なシャシーに載る、空力など知ったことかとばかりに、今どき珍しく旧型よりAピラーが起きてボディーサイドが切り立ったボディー。サイズはジムニーで全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm、ホイールベース=2250mm。軽規格という縛りがあるため全長と全幅は従来と同じだが、全高は先代より45mm高くなった。基本ボディーは共通だが、オーバーフェンダーや大型バンパーなどを備えたジムニーシエラは全長×全幅×全高=3550×1645×1730mmとなっている。オフローダーとして重要なデータである最低地上高は、ジムニーが205mm、ジムニーシエラが210mmである。

インテリアもエクステリアに合わせて、機能を優先したデザインとなった。ほぼ黒一色でまとめられ、水平基調のインストゥルメントパネルがヘビーデューティーな印象を強調している。高くなった全高、切り立ったボディーサイドのおかげで、室内スペースはヘッドルーム、ショルダールームともに先代より拡大。カーゴスペースも352リッターという容量を確保している。

パワーユニットは、ジムニーが現行のスズキ軽に広く使われている660ccの直3 DOHCターボで、最高出力64ps(47kw)/6000rpm、最大トルク96Nm(9.8kgm)/3500rpmを発生。ジムニーシエラは新開発された自然吸気の1.5リッター直4 DOHC。先代の1.3リッターより軽量かつコンパクトで、最高出力100ps(75kw)/6000rpm、最大トルク130Nm(13.2kgm)/4000rpmを発生する。

トランスミッションはジムニー、ジムニーシエラともに5段MTまたは4段AT。駆動方式は2H(2WD-FR)、4H(4WD高速)、4L(4WD低速)の切り替えが可能な、副変速機付きパートタイム4WDである。

■今回が初採用となる新機能の数々

オフローダーとしての能力を高める機能としては、スタックした際などに、空転した車輪にのみブレーキをかけて反対側車輪の駆動力を確保する「ブレーキLSDトラクションコントロール」や、登坂・降坂性能を高める「ヒルホールドコントロール」「ヒルディセントコントロール」を、ジムニー、ジムニーシエラともに標準装備。またステアリングのキックバックや振動を低減するステアリングダンパーを新採用している。

安全性能については、デュアルセンサーブレーキサポート、車線逸脱警報機能、ハイビームアシストなどからなる予防安全技術のパッケージ「スズキセーフティサポート」をジムニーXCとジムニーシエラJCに標準装備。ほかのグレードにはオプションで設定している。

グレードと価格は以下の通り。

【ジムニー】

XG(4WD/5MT):145万8000円

XG(4WD/4AT):155万5200円

XL(4WD/5MT):158万2200円

XL(4WD/4AT):167万9400円

XC(4WD/5MT):174万4200円

XC(4WD/4AT):184万1400円

【ジムニーシエラ】

JL(4WD/5MT):176万0400円

JL(4WD/4AT):185万7600円

JC(4WD/5MT):192万2400円

JC(4WD/4AT):201万9600円

(文=沼田 亨/写真=荒川正幸)

スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】

「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」のより詳しい写真はこちら

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・グランエース

    トヨタ グランエース、新型フルサイズワゴンの空間と質感

    自動車(本体)
    2019.10.11 14:00
  2. トヨタ・グランエース

    トヨタ、新型ワゴンの『グランエース』を東京モーターショー2019で初披露…年内に発売へ

    自動車(本体)
    2019.10.08 14:55
  3. 【東京モーターショー2019】今週の最新ニュースまとめ(10/3〜10/9)

    自動車(本体)
    2019.10.10 18:05
  4. トヨタ・グランエース(写真はすべて6人乗り仕様)

    “アルヴェル”より大きなピープルムーバー「トヨタ・グランエース」登場

    自動車(本体)
    2019.10.09 07:00
  5. プジョー 3008 GT ハイブリッド4

    プジョー 3008 にPHV、燃費は76.9km/リットル…受注を欧州で開始

    自動車(本体)
    2019.10.11 12:30

総合ニュースランキング

  1. トヨタ・グランエース

    トヨタ グランエース、新型フルサイズワゴンの空間と質感

    自動車(本体)
    2019.10.11 14:00
  2. Xperia 5 SO-01M

    ドコモ、幅68mmでトリプルカメラを搭載した「Xperia 5 SO-01M」

    スマートフォン
    2019.10.11 12:40
  3. 1位 ソニーが次世代機「プレイステーション 5」を正式発表、2020年末に発売へ…10月9日

    ユーザー待望の「プレイステーション 5」が週間ランキング1位に、ついに“触覚対応”へ?

    ゲーム機本体
    2019.10.11 19:25
  4. ドコモ、BS4Kデジタル放送が視聴できる「ドコモテレビターミナル02」

    ワイヤレスディスプレイアダプタ
    2019.10.11 16:45
  5. トヨタ・グランエース

    トヨタ、新型ワゴンの『グランエース』を東京モーターショー2019で初披露…年内に発売へ

    自動車(本体)
    2019.10.08 14:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「The Mandalorian」のファッションアイテム
  • トヨタ・グランエース
  • 厚木市と日産自動車、電気自動車を活用した「災害連携協定」を締結
  • M-ARMA50