2018年07月06日 14:05

ESPによるブレーキLSDは機械式LSDを超えるか?…スズキ ジムニー 新型

4WDの場合、一般的にディファレンシャルは3つになる。前後輪の回転差を吸収するセンターデフ、それぞれの左右の回転差を吸収するフロントデフ、リアデフだ。そして、悪路走破を考えると、差動機能を制限するなんらかのしくみ(いわゆるLSD)が必要だ。

これがないと、ぬかるみなどでタイヤが空転すると、反対側のタイヤにトルクが伝わらなくなり、脱出ができない。そのため、多くのSUV、4WD車(フルタイム4WD車)は、機械式LSDあるいはアクティブ制御されたディファレンシャルが必須となる。

新型スズキ『ジムニー』は、副変速機によって2WD(FR)と4WDを切り替えるパートタイム4WDだ。そのためセンターデフは必要ないが、前後のディファレンシャルには差動を制限する機構が必要だ。しかし、新型ジムニーには、フロントデフもリアデフもラインオフでのLSDの設定はない。その代わり、ESPによるトラクションコントロールと、4輪のブレーキを独立して制御できる「ブレーキLSDトラクションコントロール」機能が備わっている。

つまり、空転したタイヤにブレーキをかけることで、反対側のタイヤにもトラクションがかかるようにできる。電子制御のため、4輪がどのような状態でも、設置タイヤに最適なトラクションを発生させることができる。実はこれは(機械式)LSDより悪路走行において有効な方法といえる。

まず機械式LSDの場合、内部のシムプレートの枚数などで発生させるトルクを調整する。リニアなトルク制御はしにくい(ほぼできない)機構だ。通常のディファレンシャルで、空転タイヤをブレーキで制御すれば、脱出に最適なトルク制御が可能だ。この制御は副変速機を4Lにすれば、ESPがすべて行ってくれる。

機械式LSDのダイレクトな反応や、プレッシャーリングによるイニシャルトルクは、確かに空転と止めているイメージが強いが、それはあくまで両輪(または4輪)が接地している場合のフィーリングだ。ぬかるみなどで本当に空転すると、LSDはあまり役に立たない。LSDはもともとレーシングカーや競技車両のチューニングパーツで、オフロード走行のためのパーツではない。オフロード、極悪路では、差動制限ではなくロックさせる(つまりすべて直結)機構のほうが効果的だ。

また、LSDはオイル交換、シム交換、トルク調整など定期的なオーバーホールやメンテナンスが大変だ。電子制御方式だとしても機構は複雑になりパーツ点数も増える。その点、ジムニーの方式は、LSDは必要ない。ブレーキの制御系は必要だが、もともとある油圧ラインもブレーキ機構(ジムニーはフロントディスク、リアドラム)に、アクチュエータを4輪別々に用意するだけだ。

オフロードや業務を含む悪路走行において、シンプルな構造、低いメンテナンスコストは、馬力やトルク以上のパフォーマンスを発揮する。なんらかのLSD機構と独立ブレーキ制御を組み合わせている車種も存在するが、シンプルさやコスト面ではジムニー方式のほうが有利だろう。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スズキ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スズキ(suzuki)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキXL7

    スズキの新型3列シート7人乗りクロスオーバー「XL7」登場

    自動車(本体)
    21時間前
  2. トヨタ GRヤリス RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディション エモーショナルレッドII(大阪オートメッセ2020)

    真っ赤な『GRヤリス』特別仕様を初公開…大阪オートメッセ2020

    自動車(本体)
    23時間前
  3. ホンダ・フィット初代(200年)

    ホンダ フィット 4世代20年をふりかえる[フォトヒストリー]

    自動車(本体)
    17時間前
  4. ホンダ ADV150(マットガンパウダーブラックメタリック)

    ホンダの軽二輪スクーター『ADV150』、4000台を受注 発売前に年販計画上回る

    バイク(本体)
    2020.02.17 06:30
  5. VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)

    VW ゴルフ 最強の新型「R」は333馬力へ…偽装なしの完全スクープ!

    自動車(本体)
    18時間前

総合ニュースランキング

  1. 1425 1/72 F-35B ライトニングII

    タミヤ、ステルス戦闘機「F-35B ライトニングII」完全新規設計でモデル化

    模型
    2020.02.16 06:45
  2. AQUOS R5G

    シャープ、5G対応で8K撮影に対応した6.5型スマホ「AQUOS R5G」

    スマートフォン
    21時間前
  3. 1/10RC トヨタ スープラ レーシング(A80)(TT-02シャーシ)

    タミヤ、4代目「トヨタ スープラ」レーシング仕様の1/10電動RC

    ラジコン
    2020.02.17 07:00
  4. スズキXL7

    スズキの新型3列シート7人乗りクロスオーバー「XL7」登場

    自動車(本体)
    21時間前
  5. 5Gモバイルルーター

    シャープ、最大4Gbpsに対応した5Gモバイルルーターを発表

    回線契約なし(SIMフリー)モバイルデータ通信
    20時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • New XPS 13
  • 1/12 カワサキ Ninja H2 CARBON
  • ZEENY TWS
  • 「フランク三浦」のスマートウォッチ、ヨドバシやビックカメラなどへ販路拡大
  • ※画像は「CP+2020」公式ホームページより
  • VW アルテオン シューティングブレーク 開発車両(スクープ写真)