2018年10月09日 08:50

アウディ Q3 新型、2代目はハイテク装備の小型SUV…パリモーターショー2018

アウディは10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、新型『Q3』(Audi Q3)をワールドプレミアした。

アウディQ3は2011年春、上海モーターショー2011で初公開。アウディが、小型プレミアムSUV市場に参入するために開発したのがQ3。パリモーターショー2018でワールドプレミアされた新型は2世代目モデル。およそ7年ぶりに刷新された。

新型Q3には、2018年春に発表された最上級SUVの『Q8』のデザインモチーフを採用。8角形デザインのシングルフレームグリルと、大型のサイドエアインレットが力強さを表現する。ヘッドライトには、最新のLEDテクノロジーが盛り込まれた。新型Q3のボディサイズは、全長4485mm、全幅1856mm、全高1585mm、ホイールベース2680mm。先代Q3に対して、97mm長く、25mmワイド、5mm背が低い。ホイールベースは77mm伸びた。

大型化したボディの効果で、室内空間が拡大。ひざ周りやひじ周り、頭上のゆとりが増した。後席は150mm前後にスライドが可能。40対20対40の3分割の背もたれは、7段階に傾けることができる。荷室の容量は、後席が通常状態の時に530〜675リットル。後席を折り畳めば、最大1525リットルに拡大する。

欧州仕様のパワートレインは当初、3種類のガソリンと1種類のディーゼルの合計4エンジンで、すべて直列4気筒の直噴ターボ。最大出力は150hp〜230hpとなる。駆動方式はFFと4WDの「クワトロ」。トランスミッションは、6速MTまたは7速「Sトロニック」を組み合わせた。

新型Q3には、最新の車載コネクティビティを採用。新型Q3では、デジタルコックピットの最新「バーチャルコクピット」と大型「MMIタッチレスポンス」を設定。8.8インチの「MMIタッチディスプレイ」も採用される。上級グレードには、このタッチスクリーンに加えて10.1インチの「MMIナビゲーション」を標準装備。地図などの情報は、10.25インチのアウディバーチャルコックピットに表示される。オプションで、最大12.3インチのモニターも選択できる。

新型Q3のMMIナビゲーションには、新開発の自然言語の音声認識コントロールを採用。ドライバーの発する言葉を確実に理解し、各種サービスを提供する。このMMIナビゲーションは、過去のドライブデータに基づいて、ドライバーの嗜好を認識。最適なルート提案を行うことを可能にする。ルート計算は、リアルタイムの交通データを使用して、地図およびナビゲーションプロバイダーのサーバー上で行われる。上級グレードのインフォテインメントシステムには、SIMカードを標準装備。データのやり取りは、LTEの高速通信規格で行い、「アウディコネクト」サービスを提供する。 これらのサービスには、オンラインでの交通情報、駐車スペースとガソリンスタンドなどに関する情報が含まれている。

新型Q3には、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載。新型Q3には、「プレセンスフロントセーフティシステム」を標準装備。これは、レーダーを使用して歩行者、自転車、その他の車両が関わる重大な危険性を検知。ドライバーに視覚的、聴覚的、触覚的な警告を発し、必要に応じて緊急ブレーキを作動させる。車線逸脱警告も標準装備。これは約60km/hで作動し、車両が車線から逸脱するのを防ぐ。ドライバーがウインカーを操作せず、車両が車線の白線を横切った場合、元の車線に車両を戻すようにステアリングの操舵を支援する。

「アダプティブクルーズアシスト」をSトロニック車にオプション設定。スピードアシスト、交通渋滞アシスト、アクティブレーンアシストの各機能を備える。車線変更警告は、後部の2つのレーダーセンサーが、死角にある車両を検出。また、後方から車両が高速で接近すると、ドアミラーに警告のLEDを点灯させる。

新型Q3には、自動駐車が可能な「パークアシスト」を用意。縦列駐車の際には、「クロストラフィックアシスト」がドライバーを支援する。システムは、2つのレーダーセンサーを使用して車両の後部を監視。危険な状況をドライバーに警告する。4つの360度カメラは、10km/h以下の低速時に、ダッシュボードの大型インフォテイメント画面に車両周囲の状態を表示。タッチ操作により、ドライバーはバーチャルバーズアイビューやパノラマビューなどを切り替える。これにより、ドライバーは縁石に車両を正確に寄せることができる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバル・アウトバック と レガシィ 新型に搭載されるTomTomのナビゲーション(米国仕様)

    スバル アウトバック と レガシィ 新型、TomTomのナビゲーション搭載

    カーナビ
    2020.01.21 06:01
  2. 本田技術研究所四輪R&Dセンター第10技術開発室技術企画ブロック主任研究員の松井充さん

    ホンダ シビック、熟成のマイナーチェンジ…東京オートサロン2020[インタビュー]

    自動車(本体)
    2020.01.21 06:30
  3. トヨタ・スープラ 新型の2.0リットル搭載車の欧州発売記念限定モデル「富士スピードウェイ・エディション」

    トヨタ スープラ 新型に2.0直4ターボ「富士スピードウェイ」仕様

    自動車(本体)
    2020.01.20 06:35
  4. スバルの新型電気自動車のデザインスタディーモデル。

    スバルが新型EVのコンセプトモデルを発表 トヨタと共同開発を進める電動SUV

    自動車(本体)
    21時間前
  5. ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売

    自動車(本体)
    2020.01.19 06:40

総合ニュースランキング

  1. 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ

    タミヤ、1986年7月発売の「1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ」を復刻

    模型
    2020.01.20 06:00
  2. 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(公式ホームページより)

    「実物大18mの動くガンダム」が横浜に登場、オリジナルガンプラ販売も

    プラモデル
    2020.01.20 17:40
  3. 「モバイル PASMO」

    ついに「モバイル PASMO」が2020年春サービス開始、Androidが対象

    スマートフォン
    17時間前
  4. NEC、900g台の12.5型モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」2020年春モデル

    ノートパソコン
    21時間前
  5. 影スッキリフラッシュ SSLRSRSB

    1,980円、折りたたみ式のストロボディフューザー「影スッキリフラッシュ」

    その他カメラ関連製品
    2020.01.21 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • メルセデスベンツ eアクトロス(参考画像)
  • Fringer 電子マウントアダプター FR-NZ1
  • ルノー・カングー Z.E.
  • 「LAVIE VEGA」
  • 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(公式ホームページより)
  • 「AQUOS zero2 SH-01M」