2018年11月21日 09:50

スバル クロストレックPHV、最新コネクトとアイサイト搭載…ロサンゼルスモーターショー2018で発表へ

◆スバル初のプラグインハイブリッド車

SUBARU(スバル)の米国部門、スバルオブアメリカは11月19日、『クロストレック・ハイブリッド』(Subaru Crosstrek Hybrid)に最新のコネクティビティと「アイサイト」を搭載すると発表した。

スバル初のプラグインハイブリッド、クロストレック・ハイブリッドの実車は11月28日に、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2018で初公開される。なお北米市場のクロストレック・ハイブリッドは、日本市場の『XV』に相当するSUVだ。

クロストレック・ハイブリッドでは、プラグインハイブリッド車(PHV)ならではの表示コンテンツや、専用機能追加により強化されたテレマティクスシステムによって、利便性や快適性を追求しているのが特徴だ。

◆スターリンク・マルチメディア・プラス

具体的には、Apple「Car Play」とグーグル「Android Auto」を搭載した8.0インチの「スターリンク・マルチメディア・プラス」システムを採用する。プッシュボタンスタートによるキーレスアクセス、タイヤ空気圧監視システム、後席のデュアルUSBポートも導入した。レザーステアリングホイールには、オーディオ、Bluetooth、「SIドライブ」のコントロールスイッチを装備する。

クロストレック・ハイブリッドのメーターパネルには、4.2インチのカラーLCDディスプレイと、モーターの出力や回生状態を示すパワーメーターを採用する。センタースタックの上に位置するマルチファンクションディスプレイには、ドライブモードや充電状況など、ハイブリッド専用表示が追加される。

◆専用のコネクテッド・サービス

クロストレック・ハイブリッド専用の「スバル・スターリンク・コネクテッド・サービス」も採用する。このサービスを利用すれば、車両に乗り込む前にスマートフォンから予め空調を稼働させ、乗車直後から快適な空間を実現することが可能。スマートフォンから遠隔で充電設定も変更でき、利便性を高めている。

また、SOS緊急アシスト、自動衝突通知など、「スバル・スターリンク・セーフティ&セキュリティ・プラス・パッケージ」が付帯する。また、メンテナンス通知、毎月の車両診断レポートと診断アラート、車両回収サービス、車両セキュリティアラーム通知、リモートロック/アンロック、リモートホーン&ライト、車両位置情報サービスを導入した。免許を取ったばかりの子どもを持つ親向けに、子どもが運転する際に車両の速度超過警告などを行う機能もある。オプションの「スターリンクコンシェルジュパッケージ」では、レストランやホテルの予約、スポーツや劇場イベントのチケットの購入、スケジュール管理などのサービスが含まれている。

◆アイサイトは最新版に

クロストレック・ハイブリッドには、先進運転支援システム(ADAS)のアイサイトの最新版を標準装備する。プリクラッシュブレーキは、衝突の危険がある場合、ドライバーに注意を喚起し、ドライバーが回避操作を行わない場合、ブレーキ制御を行い、自動的に車両を減速または停止させる。アダプティブクルーズコントロール、レーン逸脱&ふらつき警報、レーンキープアシストも導入する。スバル車で初めて、ドライバーアシストインジケーターがメーターの上部に配置され、アイサイトの状態やその他の警告の視認性が向上した。後退時自動ブレーキシステムは、後退中に障害物が検出された場合、車両に自動的なブレーキをかける。ステアリング連動ヘッドランプも採用した。

LEDハイビームアシストは対向車に配慮しながら、ハイビームを最大限に使用できるようにドライバーを支援する。レーンチェンジアシストとクロストラフィックアラートでは、ドライバーの死角に入った車両を検知し、警告を行う。さらに、歩行者警報システムが装備されており、EVモードで32km/h以下の低速走行時、歩行者に車両の接近を音で知らせることができる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スバル

スバル(subaru)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 新型ハリアーに搭載された「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付」。液晶表示の状態では積載の影響受けない。写真提供:トヨタ自動車

    【トヨタ ハリアー 新型】「録画機能付きデジタルインナーミラー」を「ドラレコ」と呼ばない理由

    自動車(本体)
    2020.07.14 11:49
  2. ヤマハ TMAX560 TECH  MAX(左)と XMAX(右)

    【ヤマハ TMAX560 & XMAX 比較試乗】便利なだけのスクーターとは一味違う!その実力とは…青木タカオ

    バイク(本体)
    2020.07.13 09:15
  3. ホンダ・アコード、デザイン A案

    【ホンダ アコード 新型】アコードはホンダの良心…チーフデザイナー[インタビュー]

    自動車(本体)
    2020.07.14 14:15
  4. ホンダの新型二輪車のティザーイメージ

    ホンダ、新型二輪車を米国で発表予定 7月14日

    バイク(本体)
    23時間前
  5. 日産アリア・コンセプト

    日産 アリア の開発テスト、7月15日に実車発表

    自動車(本体)
    2020.07.13 09:16

総合ニュースランキング

  1. 「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」

    “高級で上質な印象”の「プルーム・テック・プラス シャンパンゴールド」が限定発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2020.07.14 15:17
  2. デジタルノート「フリーノ」FRN10

    キングジム、筆圧に応じたなめらかな書き心地のデジタルノート「フリーノ」

    電子メモ帳
    2020.07.14 11:00
  3. 1/72 VF-25S メサイアバルキリー オズマ機

    バンダイ、「マクロス」プラモデル15製品をホビーオンラインショップで予約販売

    プラモデル
    2020.07.13 16:10
  4. A.T.FIELD ハイパーミニインパクトレンチ SI-1600E-01

    「エヴァンゲリオン初号機」デザインのインパクトレンチ、差込角12.7mmに対応

    キャラクターグッズ・雑貨
    2020.07.13 17:00
  5. 新型ハリアーに搭載された「デジタルインナーミラー(前後方録画機能付」。液晶表示の状態では積載の影響受けない。写真提供:トヨタ自動車

    【トヨタ ハリアー 新型】「録画機能付きデジタルインナーミラー」を「ドラレコ」と呼ばない理由

    自動車(本体)
    2020.07.14 11:49

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 日産アリア市販モデルのティザーイメージ
  • MODEROID AV-98イングラム&ブルドッグセット
  • カタリストケース for iPad(第7世代)完全防水ケース
  • Amazon Smart Plug
  • フジノンレンズ GF30mmF3.5 R WR
  • PURE BASE 500DX