2018年11月30日 18:12

トヨタ プリウス が初のデザイン変更、2019年型の詳細発表…ロサンゼルスモーターショー2018

◆ハイブリッド技術をさらに進化

トヨタ自動車の米国部門は11月28日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2018において、『プリウス』(Toyota Prius)の2019年モデルを初公開し、同車の詳細を発表した。

トヨタは2015年9月、米国ラスベガスにおいて、現行プリウスをワールドプレミアした。4代目となる現行プリウスは、ハイブリッド技術をさらに進化させており、熱効率を40%以上に高めたエンジン、トランスアクスル、モーター、電池といった各ユニットを、よりコンパクトかつ軽量化し、優れた燃費性能を追求している。この現行プリウスがデビューから3年が経過して、ロサンゼルスモーターショー2018において、2019年モデルが初公開された。2019年モデルは、現行プリウスのデビュー以来、初の大幅改良を受けている。

◆エクステリアはシャープな表情を演出

エクステリアは、フロントがバンパーとヘッドライトのデザインを変更した。バイLEDヘッドライトのデザイン変更により、シャープな表情を演出する。リアはLEDテールランプとバンパーが新デザインだ。LEDテールランプは、縦長デザインから横長デザインに見直されている。ボディカラーには、エレクトリックストームブルーとスーパーソニックレッドの2色が、新色としてラインナップされた。新デザインの15インチアルミホイールも装備する。

インテリアは、ステアリングホイールが新デザインだ。カスタマイズ可能な4.2インチのカラーデュアルマルチインフォメーションディスプレイを採用した。ディスプレイのメニューには、エネルギーモニター、ハイブリッドシステムインジケーター、エコスコア、エコセービングレコード、ドライブモニター、エコウォレット、エコダイアリーなどがある。ヘッドアップディスプレイ(HUD)を選択すると、ドライバーの視界にスピードメーターとハイブリッドシステムインジケーターが表示される。

◆全車に「トヨタ・セーフティ・センスP」を標準装備

「エンチューン・マルチメディア」システムでは、6.1インチタッチスクリーンディスプレイ、6スピーカーオーディオ、補助オーディオジャック、iPod接続機能付きUSB2.0ポートを2個、2.1アンペアUSBを2個、Bluetoothヘッドハンズフリー電話機能、電話帳アクセス、音楽ストリーミング、「Siriアイズフリー」、バックアップカメラディスプレイなどの機能を備える。「リミテッド」グレードには、11.6インチのマルチメディアディスプレイを装備した「エンチューン・プレミアム NavL」とApp Suite内蔵JBLオーディオが標準装備される。この11.6インチのマルチメディアディスプレイは、『プリウス プライム』(日本名:『プリウスPHV』)に導入されていたものだ。

2019年モデルでは、全車にスマートキーシステム、プッシュボタンスタート、リモートイルミネーテッドエントリーが標準装備された。「アダプティブフロントライティングシステム」は、上級グレードに採用した。「トヨタ・セーフティ・コネクト」は、緊急支援、盗難車位置情報サービス、ロードサイドアシスト、自動衝突通知を含めて、3年間無料で利用できる。

2019モデルのプリウスは、全車に「トヨタ・セーフティ・センスP」を標準装備した。トヨタ・セーフティ・センスPは、ミリ波レーダーと単眼カメラセンサーを使用して、歩行者や車両、車線やヘッドライトを検出する。歩行者検出機能を備えた「PCS」(プリ・コリジョン・システム)、「LDA」(レーン逸脱警報)、「AHB」(自動ハイビーム)、全速度域対応の「DRCC」(ダイナミック・レーダー・クルーズ・コントロール)も、トヨタ・セーフティ・センスPに含まれる。

◆4WDハイブリッドが設定

2ZR-FXE型1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムでは、「AWD-e」と呼ばれる4WDハイブリッドが、2019年モデルに設定された。フロントのモーターに加えて、AWD-eでは、リアにも独立したモーターを搭載する。発進時とその後必要に応じて69km/hまでの範囲で、リアモーターが駆動力を発生する。AWD-eモデルの米国EPA(環境保護局)予想燃費は、市街地が52マイル/ガロン(約22.1km/リットル)、高速が48マイル/ガロン(約20.4km/リットル)、複合モードが50マイル/ガロン(約21.3km/リットル)と、FFモデルを2マイル/ガロン下回る。トヨタは、AWD-eモデルが米国のプリウス販売の25%を占めると見込んでいる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産スカイライン改良新型発表(16日、日産グローバル本社)

    【日産 スカイライン 新型】ブランドを象徴する「Vモーショングリル」を採用 価格427万4640円から

    自動車(本体)
    2019.07.17 06:30
  2. 日産スカイライン新型

    【日産 スカイライン 新型】インフィニティ顔を廃止…エンジンはオールV6、ツインターボは400馬力

    自動車(本体)
    2019.07.16 11:11
  3. スバル シフォン

    スバル、新型軽トールワゴン シフォン 発売へ 新スマートアシスト初採用

    自動車(本体)
    2019.07.16 17:20
  4. 日産 GT-R の2020年モデルの50thアニバーサリー

    日産 GT-R に50周年記念車、12万2040ドルから…米国発売へ

    自動車(本体)
    2019.07.17 06:40
  5. 日産スカイライン

    日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

    自動車(本体)
    2019.07.16 10:00

総合ニュースランキング

  1. 「α7R IV」

    ソニー、6100万画素センサー搭載のフルサイズミラーレス「α7R IV」

    デジタル一眼カメラ
    2019.07.17 13:30
  2. 「Punkt. MP02 4G Mobile Phone」

    +Style、日本語対応のミニケータイ「Punkt. MP02 4G Mobile Phone」発売

    スマートフォン
    2019.07.17 11:20
  3. 「変身ベルト DX飛電ゼロワンドライバー」

    バンダイ、「仮面ライダーゼロワン」より「DX飛電ゼロワンドライバー」を発売

    ヒーロー・ヒロインおもちゃ
    2019.07.17 15:20
  4. ブルースカイ、ガラス越しの撮影時“光の反射”を抑えるレンズフード「ULH」など

    ガラス越しの撮影時に“光の反射”を抑えるシリコン製レンズフード「ULH」など

    その他カメラ関連製品
    2019.07.16 16:00
  5. 「ドンキーコング3」「レッキングクルー」Switch Onlineで7/17配信、新機能も追加

    「ドンキーコング3」「レッキングクルー」Switch Onlineで7/17配信、新機能も追加

    Nintendo Switch ソフト
    2019.07.17 07:05

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「Microsoft Pro IntelliMouse」
  • 重量600gのずっしり仕様、大型LEDライトも設置できる撮影用スタンド
  • 「Punkt. MP02 4G Mobile Phone」
  • 14mm F2.8 ED AS IF UMC ニコンZマウント
  • cheero、「Auto-IC機能」搭載の10000mAhモバイル充電器
  • 「ドンキーコング3」「レッキングクルー」Switch Onlineで7/17配信、新機能も追加