2018年11月30日 12:00

メルセデスベンツ Bクラス 新型、12月に欧州発売へ…スポーツツアラー

◆3世代目で、およそ7年ぶりのモデルチェンジ

メルセデスベンツは11月28日、新型『Bクラス』(Mercedes-Benz B Class)の販売を12月3日、欧州で開始すると発表した。納車は2019年2月からを予定している。

Bクラスは、メルセデスベンツの小型MPVだ。新型は3世代目で、およそ7年ぶりのモデルチェンジを受けて登場した。新型Bクラスは、スポーツツアラーとしてのスポーツ性に重点を置いて開発された。エクステリアは、先代モデルよりもダイナミックなデザインを追求する。2729mmのロングホイールベースに短いオーバーハング、わずかに下がったルーフライン、最大19インチのタイヤ&ホイールなどが、スポーティさを強調する。

リアは、バンパーに組み込まれたディフューザーや、クロームトリムストリップ、リフレクターが特徴だ。大型ルーフスポイラーは、エアロダイナミクス性能を高める。Cd値は0.24で先代モデルの0.25から改善した。車両の前部面積を小さく抑えており、メルセデスベンツによるとクラス最高のエアフロー特性を備えているという。

新型のボディサイズは、全長4419mm、全幅1796mm、全高1562mm、ホイールベース2729mmだ。先代モデル(全長4393mm、全幅1786mm、全高1557mm、ホイールベース2699mm)に対して、新型は26mm長く、10mmワイド、5mm背が高い。ホイールベースは30mm長くなった。

◆ミッドサイズ車に匹敵する室内空間

インテリアは、室内の幅を先代モデルよりも33mm拡大して1456mmとし、ゆとりを追求した。メルセデスベンツによると、とくに前席のひじ周りの空間は、ミッドサイズ車に匹敵するという。運転席の地上高は、新型『Aクラス』よりも90mm以上高い。ヘッドルームは、先代モデルよりも増えている。

新型Bクラスには、最新のデジタルコクピットを設定した。最大で10.25インチの2つの高精細ワイドディスプレイが用意される。この2つのディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイとした。ドライバーの好みに応じて、表示パターンが切り替えられる。オプションで、ヘッドアップディスプレイも設定する。

また、メルセデスベンツが開発した「MBUX」も採用する。MBUXとは、メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンスの略だ。MBUXでは、AI(人工知能)を導入した音声認識アシスタントを採用した。ユーザーが「ハイ、メルセデス」と呼びかけるだけで、音声認識アシスタントが起動し、ユーザーの求めるさまざまなサービスを提供する。

◆特定の状況下において部分的な自動運転

新型Bクラスには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を導入する。メルセデスベンツの最上級サルーン、『Sクラス』用の技術を搭載しており、歴代Bクラスで初めて、特定の状況下において、部分的な自動運転を可能にする。改良されたカメラシステムとレーダーシステムを使用して、地図やナビゲーションデータを活用しながら、最大500m先の交通量が予測できる。「アクティブディスタンスアシスト」の「DISTRONIC」が、ドライバーを支援する。「アクティブ緊急停止アシスト」や「アクティブレーンアシスト」も採用している。

新型のパワートレインには、1.33リットルの直列4気筒ガソリンターボエンジンを設定する。シリンダーマネージメントやデルタ形状のシリンダーヘッド、ガソリン・パティキュレート・フィルターなどを採用した。

スペックは「B180」グレード用が最大出力136hp/5500rpm、最大トルク20.4kgm/1460rpm、「B200」グレード用が最大出力163hp/5500rpm、最大トルク25.5kgm/1620rpmと、2種類のチューニングが存在する。トランスミッションは7速デュアルクラッチの「7G-DCT」。B180は0〜100km/h加速9秒、最高速212km/h、B200は0〜100km/h加速8.2秒、最高速223km/hの性能を発揮する。ディーゼルには、8速デュアルクラッチの「8G-DCT」を組み合わせている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタの新型SUVのティザーイメージ

    トヨタの新型SUV、ジュネーブモーターショー2020で発表へ…ヤリスと同じプラットフォーム

    自動車(本体)
    23時間前
  2. ハンディエアポンプmini 2 CAPMPFC3

    サンコー、ダッシュボードに収納できる「ハンディエアポンプmini 2」

    その他のカー用品
    2020.02.19 06:26
  3. モトレージの制作したジムニーはオリジナルのルーフボックスやスポーツグリルを取り付けたスタイリングが特徴。

    どれを選ぶ? カスタマイズ ジムニー 一挙公開…大阪オートメッセ2020

    自動車(本体)
    2020.02.18 11:34
  4. シトロエン C3 改良新型

    シトロエン C3 に改良新型、表情一新…6月欧州発売へ

    自動車(本体)
    2020.02.19 10:45
  5. VW アルテオン シューティングブレーク 開発車両(スクープ写真)

    美しすぎるロングルーフ…VW アルテオン に初のシューティングブレーク設定へ

    自動車(本体)
    2020.02.18 06:27

総合ニュースランキング

  1. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

    延期した「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」予約開始日を3/7に決定

    ゲーム周辺機器
    2020.02.19 06:39
  2. ドラゴンクエスト スマートフォンリング ロトのしるし

    スマホに「ロトのしるし」を装備、「ドラクエ」スマホリングが予約開始

    携帯電話アクセサリ
    2020.02.19 06:55
  3. ドンキ、税別5,980円の骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」

    イヤホン・ヘッドホン
    22時間前
  4. トヨタの新型SUVのティザーイメージ

    トヨタの新型SUV、ジュネーブモーターショー2020で発表へ…ヤリスと同じプラットフォーム

    自動車(本体)
    23時間前
  5. ソニー、ハイレゾ相当&8時間の再生が可能な完全ワイヤレスイヤホン「WF-H800」

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.02.18 13:33

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • KILBURN II
  • Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット
  • ルンバ671
  • QING