2019年01月17日 06:00

キャデラックが最上級3列シートSUV『XT6』発表、先進安全&最新コネクト武器に

キャデラックは1月13日、米国で開催したデトロイトモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、新型車の『XT6』(Cadillac XT6)をワールドプレミアした。

◆XT5の上に位置する最上級クロスオーバー車

XT6は、日本市場にも導入されている『XT5』(日本名:『XT5クロスオーバー』)の上に位置するキャデラックの最上級クロスオーバー車となる。GMの米国テネシー州スプリングヒル工場で生産され、米国では2019年春、受注を開始する予定だ。

XT6のデザインには、最新のキャデラックのデザイン言語が反映されている。ユーザーの嗜好に合わせて、ラグジュアリー志向の「プレミアムラグジュアリー」、スポーツ志向の「スポーツ」の2種類のトリムが用意された。スリムなヘッドライトには、最新のLEDテクノロジーを導入する。スポーツは、「Vシリーズ」と共通イメージのブラックグリルを装備した。テールランプはクリアレンズとなり、21インチホイールを選択することもできる。

インテリアは、プレミアムラグジュアリーがウッドトリム、スポーツがカーボンファイバートリムとして、キャラクターの違いを表現する。室内は3列シートを備えており、広い室内スペースが追求される。3列目シートには、リモート折りたたみ機能を採用した。2列目シートのチップ/ピッチ&スライド機能によって、3列目シートへのアクセス性を高めている。

◆キャデラック・ユーザー・エクスペリエンスの最新版を採用

XT6には、キャデラックのコネクティビティ、「キャデラック・ユーザー・エクスペリエンス」の最新版を採用する。そのひとつが、新開発のロータリーコントローラーだ。これは、キャデラックにとって初の装備で、HD 8インチのカラータッチスクリーンディスプレイにより、各種操作が行える。ジョイスティックのようにユーザーがノブを傾けることにより、タッチスクリーンディスプレイのメニューを簡単に変更できる。近距離無線通信(NFC)によって、ワンタッチでスマートフォンをペアリングすることも可能だ。

またXT6では、クラウドに保存されているユーザープロファイルにより、他のGM車のカスタムプロファイルにアクセスすることができる。アドレス入力でナビゲーションシステムの機能を更新することも可能だ。衛星ラジオの「SiriusXM 360L」に対応。車内を4G LTEのWi-Fiホットスポットにすることもできる。Appleの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」にも対応させた。次世代の15ワットワイヤレス充電も導入する。3列シートに2個ずつ、合計6個のUSBポートを備える。

◆11種類の先進運転支援システムを標準装備

XT6には、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載する。標準装備されるのが、リモートウォッシュ付きHDリアビジョンカメラ、前方衝突アラート、車間距離インジケーター、自動緊急ブレーキ、フロント歩行者用ブレーキ、フロント&リアパークアシスト、サイドブラインドゾーン警告機能付き車線変更アラート、リアクロストラフィックアラート、車線逸脱警告付きレーンキープアシスト、セーフティアラートシート、スピードリミッターの11種類だ。

オプションで、アダプティブクルーズコントロール、ブレーキ付き自動パーキングアシスト、リア歩行者アラート、HDサラウンドビジョン、サラウンドビジョンレコーダー、ヘッドアップディスプレイなどが設定される。

発売当初のパワートレインは、3.6リットルV型6気筒ガソリン自然吸気エンジンのみで、最大出力310hpを発生する。トランスミッションは、新世代のエレクトロニックプレシジョンシフトを搭載した9速ATを組み合わせる。クルージング時などの低負荷時に、6気筒のうち2気筒を休止する「アクティブ・フューエル・マネジメント」を採用して、燃費性能を追求する。

AWDはプレミアムラグジュアリーにオプション、スポーツに標準となる。スポーツは、アクティブヨーコントロールによって、ドライビングエクスペリエンスを向上させる「スポーツコントロールアクティブツインクラッチAWD」が特徴だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

キャデラック

キャデラック(cadillac)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. AUKEY DRA2

    AUKEY、ルームミラー型ドライブレコーダー「AUKEY DRA2」の第2世代モデル

    ドライブレコーダー
    2019.10.20 06:22
  2. 今週のキーワードは“トヨタ”? 新型「ヤリス」と「グランエース」に熱視線

    自動車(本体)
    2019.10.18 18:45
  3. ホンダ・フリード ハイブリッド クロスターHonda SENSING

    ホンダがマイナーチェンジした「フリード」を発売 SUVスタイルの「クロスター」登場

    自動車(本体)
    2019.10.18 11:45
  4. トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)

    トヨタ ヤリス 新型、ハイブリッドの燃費は20%以上向上…欧州仕様を発表

    自動車(本体)
    2019.10.18 07:10
  5. BMW 2シリーズ・グランクーペ の M235i xDrive

    BMW 2シリーズ グランクーペ に頂点、「M235i」…2.0ターボは306馬力

    自動車(本体)
    2019.10.20 06:30

総合ニュースランキング

  1. 画像左上からXperia 5、Galaxy Fold、画像左下からLG G8X ThinQ、Pixel 4

    まさに4Gの集大成、ドコモ・au・ソフトバンクが2019年秋冬モデルを発表

    スマートフォン
    2019.10.20 06:25
  2. AUKEY DRA2

    AUKEY、ルームミラー型ドライブレコーダー「AUKEY DRA2」の第2世代モデル

    ドライブレコーダー
    2019.10.20 06:22
  3. アーバンEVコンセプト

    ホンダ「アーバンEVコンセプト」のミニカーオーダー受付開始

    ミニカー
    2019.10.20 06:30
  4. 今週のキーワードは“トヨタ”? 新型「ヤリス」と「グランエース」に熱視線

    自動車(本体)
    2019.10.18 18:45
  5. ホンダ・フリード ハイブリッド クロスターHonda SENSING

    ホンダがマイナーチェンジした「フリード」を発売 SUVスタイルの「クロスター」登場

    自動車(本体)
    2019.10.18 11:45

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • アーバンEVコンセプト
  • 1/10RC XB タイレル P34 1976 日本GP (RCメカレスタイプ)
  • Surface Pro X
  • ForeAthlete 235J BEAMS Special Edition Black Crazy
  • イオニティ(IONITY)の急速充電ステーション