2019年01月22日 10:00

トヨタ プリウス、WLTP燃費は24.4km/リットル…2019年型を欧州で発表

トヨタ自動車の欧州部門は1月18日、『プリウス』(Toyota Prius)の2019年モデルを欧州で発表した。

現行プリウス初の大幅改良を受けたのが、2019年モデルだ。エクステリアは、フロントがバンパーとヘッドライトのデザインを変更した。バイLEDヘッドライトのデザイン変更により、シャープな表情を演出する。リアはLEDテールランプとバンパーが新デザインだ。LEDテールランプは、縦長デザインから横長デザインに見直されている。17インチアルミホイールは、樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用した。15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用する。

◆ジェスチャー対応の最新車載コネクティビティを採用

インテリアは、ステアリングホイールが新デザインだ。インストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用する。カスタマイズ可能な4.2インチのカラーデュアルマルチインフォメーションディスプレイを採用した。

ディスプレイのメニューには、エネルギーモニター、ハイブリッドシステムインジケーター、エコスコア、エコセービングレコード、ドライブモニター、エコウォレット、エコダイアリーなどがある。ヘッドアップディスプレイ(HUD)を選択すると、ドライバーの視界に、進行方向を示すナビゲーションの矢印が表示される。

ワイヤレス充電トレイは、新世代のスマートフォンに対応するためにサイズが大きくなった。最大160mm×87mmのスマートフォンに対応する。これにより、アップルの「iPhone 8」やサムスンの「Galaxy」など、最新世代のスマートフォンでの利用を可能にしている。

2019年モデルには、最新の車載コネクティビティを導入する。「トヨタタッチ2」と呼ばれるマルチメディアシステムは、7インチのタッチパネルモニターが、スマートフォンと同じピンチ、フリック、スワイプのジェスチャーに対応するように改良された。地図のズームレベルはピンチインとピンチアウトの動きで変更することができ、地図はフリックまたはスワイプコマンドで移動することができる。同様に、フリックジェスチャーを使用してリストをスクロールできる。

◆トヨタ・セーフティ・センスは第2世代に

2019モデルのプリウスには、第2世代「トヨタ・セーフティ・センス」を標準装備した。

昼間の歩行者も検知対象とする「プリクラッシュセーフティ」(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)をはじめ、車線を逸脱しそうな時にステアリング操作をアシストする「レーンディパーチャーアラート」や、全車速に応じて追従走行を支援するレーダークルーズコントロール、夜間の見やすさをサポートするオートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージだ。駐車場などから後退する際に、左右後方から接近してくる車両を検知し、ドアミラー内のインジケーターの点滅とブザーにより、注意を喚起するリアクロストラフィックアラートも用意する。

道路標識アシストは、カラーTFTマルチ情報ディスプレイに情報を表示して、より幅広く道路標識を認識し、警告を行う。ドライバーが制限速度を超えている場合、システムは視覚的警告と音による警告の両方を発することができる。制限速度、追い越し禁止、一時停止、進入禁止、高速道路の始点と終点など、より多くの交通標識を認識できるようにシステムがアップグレードされている。

◆4WDのハイブリッドが欧州仕様に初設定

2ZR-FXE型1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムでは、「AWD-i」と呼ばれる4WDハイブリッドが、欧州向けプリウスに初設定された。フロントのモーターに加えて、AWD-iでは、リアにも独立したモーターを搭載する。発進時とその後必要に応じて70km/hまでの範囲で、リアモーターが駆動力を発生する。欧州向けプリウスの2019年モデルの環境性能は、新テスト基準の「WLTP」で最も優れる仕様の燃費が24.4km/リットル、CO2排出量が94/kmと公表されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  2. ディスプレイオーディオ WX-201C

    ホンダ N-BOX/N-VAN「ヘッドライトが点灯しない」、原因はディスプレイオーディオ 自主改善へ

    自動車(本体)
    20時間前
  3. トヨタ・ラッシュ 改良新型

    トヨタ ラッシュ に改良新型、ダイハツからOEMの小型SUV…フィリピンで発売

    自動車(本体)
    2020.12.02 10:00
  4. ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)

    ダイハツの軽「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」が仕様変更

    自動車(本体)
    2020.12.02 10:30
  5. カーメイト、除菌成分を素早く車内に拡散する自動車用除菌・消臭機

    その他のカー用品
    2020.12.02 06:50

総合ニュースランキング

  1. 「NEOGEO MVSX」

    「1台で2人遊べる」大画面17型スクリーン搭載の「NEOGEO MVSX」予約開始

    ゲーム機本体
    23時間前
  2. トヨタ シエンタ 次期型予想CG

    トヨタ シエンタ、6年ぶりフルモデルチェンジでどうなる!? ミニバン首位奪還へ進化

    自動車(本体)
    2020.12.01 09:07
  3. HW-01M

    アイリスオーヤマ、カーボンナノチューブ採用の「ヒートウェア」3種

    ヒーター・ストーブ
    18時間前
  4. デル、3440×1440ドットの34.1型曲面ディスプレイ「U3421WE」

    PCモニター・液晶ディスプレイ
    19時間前
  5. 「トミカプレミアムRS ラフェラーリ」

    バタフライドアの開閉ギミック搭載「ラフェラーリ」が「大人のトミカ」から登場

    ミニカー
    2020.12.01 10:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ジープ コンパス Sモデル
  • Viltrox 56mm F1.4
  • P-BPAL
  • カワサキ Z900 2021年モデル
  • アラジン グラファイトトースター AET-GS13B
  • 「AQUOS sense4」「OPPO A73」