2019年02月18日 06:00

ベントレー ベンテイガ に630馬力の「スピード」、世界最速の量産SUV標榜[詳細画像]

ベントレーは2月14日、SUVの『ベンテイガ』の高性能モデル、『ベンテイガ スピード』(Bentley Bentayga Speed)を欧州で発表した。

ベンテイガは2015年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアされた。ベンテイガは、ベントレーならではラグジュアリー性とパフォーマンスを併せ持ったSUV。開発コンセプトは、「世界最速、最強、最もラグジュアリーかつエクスクルーシブなSUV」だ。

このコンセプトを実現するのが、強力なパワートレイン。6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力608ps、最大トルク91.8kgmを引き出す。トランスミッションは8速AT。駆動方式は4WD。低負荷走行時には12気筒の半分を休止する気筒休止システムを採用する。ベンテイガの動力性能は、0〜100km/h加速が4.1秒、最高速が301km/hと、SUVとして世界屈指のパフォーマンスを可能にした。

◆「スピード」の0〜100km/h加速は3.9秒、最高速は306km/h

このベンテイガのさらなる高性能モデルが、今回発表されたベンテイガ スピードだ。6.0リットルW12気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力を608psから630psへ、22ps強化した。最大トルクは91.8kgmと変わらない。トランスミッションは8速ATで、駆動方式は4WD。ベンテイガ スピードは0〜100km/h加速が3.9秒と0.2秒短縮。最高速は306km/hと、5km/h引き上げられた。ベントレーによると、ベンテイガ スピードは世界最速の量産SUVになるという。

シリーズ最高峰のパフォーマンスを誇るベンテイガ スピードでは、4種類のオンロード向けドライブダイナミクスモードを選択できる。乗り心地を最優先させた「コンフォート」、走りを重視した「ベントレー」と「スポーツ」、ドライバーが好みに応じて設定できる「カスタム」だ。中でもスポーツモードは専用チューニングされており、W12エンジンと8速ATのレスポンスだけでなく、サスペンションと「ベントレーダイナミックライド」のレスポンスも向上させた。

◆世界初の電動式アクティブロールコントロールに48Vシステム採用

ベントレーダイナミックライドは、世界初の電動式アクティブロールコントロール技術だ。ベントレーダイナミックライドには、48Vのシステムを採用。コーナリング時のロールを即座に抑え込み、タイヤの接地性を最大限に高め、クラストップのキャビン安定性と快適な乗り心地、優れた操縦性を追求する。ドライバーエクスペリエンスを高めるため、発進時やシフトダウン時のエキゾースト特性の向上に加え、サスペンションを硬めのセッティングに変更した。

セラミックブレーキをオプション設定。セラミックブレーキは6000Nmの制動力を発揮し、耐熱温度は1000度と、ベントレーの中で最大かつ最強のブレーキだ。鉄製ブレーキと比べて、20kgの軽量化も達成している。

◆専用の内外装が最強モデルらしさを主張

ベンテイガ スピードのエクステリアには、ダークティントヘッドライト、ボディ同色サイドスカート、テールゲートスポイラーを専用装備した。ダークティントで統一されたラジエターグリルとバンパーグリル、シルバー、ダーク、ブラックの3種類の仕上げに対応する22インチ専用ホイール、ボディにあしらわれた専用エンブレムもスポーティなデザインを引き立てる。フロントロアグリル下側には、ボディ同色のスクリーニングパネルが設けられた。

インテリアは、ドアやドアハンドル周り、シートクッションやバックレストボルスターの縁部分、ロアコンソールなどが専用デザインだ。スピードのバッジ、イルミネーション付きトレッドプレートも装備した。ベンテイガ初となるアルカンターラも採用される。アルカンターラは、無償でレザーに変更することが可能。後席が2名がけの場合、クッションボルスターやバックレスト上部、ドアパッド、バックボードのダイヤモンドキルトに、新デザインのコントラストステッチを施すことができる。

オプションで、マッサージ機能が付いた22通りに調整可能なフロントシート、カーボンファイバーのフェイシアパネル、リアシートエンターテインメント、ムードライティングなどが選択できる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ベントレー

ベントレー(bentley)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ・シャトル改良新型

    ホンダ シャトル 改良新型、ウェブで先行公開---発表は5月

    自動車(本体)
    2019.03.22 09:30
  2. 日産 ジューク 次期型のプロトタイプを激写。ジュークの特徴である“顔”はどう変わるか

    日産 ジューク 次期型、発表は9月か…あの“顔”はどうなる?

    自動車(本体)
    2019.03.21 06:00
  3. トヨタ・スープラ新型(大阪オートメッセ2019)

    トヨタ スープラ 新型、予約好調…半数の販売店でRZグレードが初年度分売り切れ

    自動車(本体)
    2019.03.20 09:57
  4. 光岡ロックスター(2018年11月の発表会)

    【光岡 ロックスター】限定200台を完売、受注開始から4か月

    自動車(本体)
    2019.03.22 16:00
  5. トヨタ・スープラ新型(米国仕様)

    トヨタ スープラ 新型、ボディカラーは全8色に…米国仕様

    自動車(本体)
    2019.03.20 13:35

総合ニュースランキング

  1. 異例、アップルから3日連続で「iPad mini」「iPad Air」「iMac」など新モデルが発表

    異例、アップルが3日連続で「iPad mini」「iMac」「AirPods」などの新モデル発表

    タブレットPC
    2019.03.22 16:00
  2. 「HeroBook」

    26,500円、CHUWIが14.1型ノートPC「HeroBook」を発売

    ノートパソコン
    2019.03.22 07:00
  3. 「RG 1/144 ガンダムベース限定 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(デストロイモード)(LIGHTING MODEL)

    発光するガンプラ「RG バンシィ・ノルン(デストロイモード)」が限定発売

    プラモデル
    2019.03.22 10:55
  4. AirPods

    アップル、「H1」チップを搭載した第2世代「AirPods」

    イヤホン・ヘッドホン
    2019.03.22 11:14
  5. 「WSD-F30SC」

    カシオ、サファイアガラスの風防を備えた特別仕様モデル「WSD-F30SC」

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2019.03.22 06:45

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • TUF B450M-PRO GAMING
  • 1/72 川崎 三式戦闘機 飛燕I型丁 シルバーメッキ仕様 (迷彩デカール付き)
  • MAPLUS+ゆるキャン△「各務原なでしこ・志摩リン」キャラチェンジセット
  • フォードモーターの自動運転テスト車両
  • 「Xperia XZ Premium」
  • The 48HR Switch