2019年04月12日 09:55

メルセデスベンツ CLA 新型に頂点、306馬力の「AMG 35」…ニューヨーク

メルセデスベンツは4月9日、米国で4月17日に開幕するニューヨークモーターショー2019において、メルセデスAMG『CLA 35 4MATIC』(Mercedes-AMG CLA 35 4MATIC)を初公開すると発表した。

同車は、新型『CLAクーペ』初の高性能なAMGモデルだ。先代の「45」ではなく、新型はメルセデスAMGが新たにシリーズ展開している「35」が登場する。

メルセデスAMGの35シリーズには、新型『Aクラス』(ハッチバック)がベースのメルセデスAMG『A35 4MATIC』、新型『Aクラスセダン』がベースのメルセデスAMG『A35 4MATICセダン』がある。メルセデスAMG CLA35 4MATICは、メルセデスAMGの35シリーズの第3のモデルとなる。

◆0〜100km/h加速4.9秒、最高速250km/hの性能を可能にする最大出力306hpの2.0ターボ搭載

メルセデスAMG CLA35 4MATICのパワートレインは、「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを、AMGがチューニングしたユニット。ツインスクロールターボチャージャーをはじめ、「CAMTRONIC」と呼ばれる可変バルブコントロール、高精度ピエゾインジェクター、マルチスパークイグニッションなどを採用する。特許技術の「CONICSHAPE」により、シリンダー内部の摩擦を低減し、効率も引き上げられた。これらの結果、この直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力306hp/5800rpm、最大トルク40.8kgm/3000〜4000rpmを獲得する。

トランスミッションは7速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT 7G」。駆動方式は4WDの「4 MATIC」のAMGパフォーマンス仕様だ。前後の駆動トルク配分はFFを基本に、走行状況に応じて50対50の範囲まで変化する。0〜100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の優れたパフォーマンスを達成している。

パワーアップしたエンジンに合わせて、高性能ブレーキシステムを採用した。フロントが新開発の4ピストンモノブロック固定キャリパーと350mm径ディスク、リアがシングルピストンスライドキャリパーと330mm径ディスクの組み合わせ。ディスクは穴あきタイプで、シルバー塗装のキャリパーには、ブラックのAMGロゴが配される。

◆音声認識精度を向上させたMBUXを装備。フルデジタルコクピットも採用

メルセデスAMG CLA35 4MATICには、新世代のインフォテインメントシステム、「MBUX」(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)の最新版が搭載される。新型Aクラスから採用されたMBUXは、パワフルなコンピューター、鮮やかなスクリーンとグラフィック、カスタマイズ可能なディスプレイ、フルカラーのヘッドアップディスプレイ、AR(拡張現実感)を備えたナビゲーション、学習するソフトウェア、そして高精度な音声認識テクノロジーなどが特徴だ。

メルセデスAMG CLA35 4MATICのMBUXでは、音声アシスタントシステムが性能を引き上げ、他の乗員との会話に影響を受けないように改良された。最後に「ハイ、メルセデス」と発してシステムを起動した乗員の命令に、応答するシステムとした。3つのAMG表示スタイルを備えた完全デジタルインストルメントクラスターも採用される。

メルセデスAMG CLA35 4MATICには、「MBUXインテリアアシスト」をオプション設定する。MBUXインテリアアシストは、非接触モードで作動し、昼夜を問わず機能する。例えば、ダッシュボードのタッチスクリーンやセンターコンソールのタッチパッドに手を近づければ、画面のメニューを調整することができる。

また、「お気に入り機能」も採用されており、人差し指と中指をV字型に広げた状態で、センターコンソールに手をかざすことでアクセスできる。さらに車内の暗闇の中で、例えばルームミラーの方に手を伸ばすことによって、読書灯をつけたり消したりすることができる。また、ドライバーが暗闇の中で助手席に向かって手を伸ばすと、室内照明が自動的に点灯する。手を戻すとすぐに、照明は自動的に消える。

◆メルセデスAMGらしいスポーティな専用の内外装を採用

外観は、ツインルーバーを備えたフロントグリルとAMGライン仕様のフロントバンパーが特長だ。バンパーの空気取り入れ口のルーバーには、シルバークロームの装飾が施される。アルミホイールは、ツインスポークデザインの18インチが標準。オプションで19インチが選択できる。リアには、トランクスポイラーや左右2本出しの丸形テールパイプ、専用バンパーが装備される。

インテリアは、赤いコントラストステッチと赤いシートベルト、黒の「DINAMICA」マイクロファイバーを採用した。シートの素材には、人工皮革の「ARTICO」やブラック/デジタルグレーの「ARTICOマッドメイドレザー」が選択できる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデスAMG

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデスAMG(amg)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. レクサス CT 後継モデルの予想CG

    レクサス『CT』が後継モデルへバトンタッチ!? SUV風で早ければ2023年登場か

    自動車(本体)
    2022.08.10 09:00
  2. MDR-A002A(車外設置リアカメラ)

    60fps最新カメラでよりハッキリ鮮明に、前後同時録画機能付き新型デジタルルームミラー発売へ

    ドライブレコーダー
    2022.08.08 14:40
  3. マツダ CX-50 の「メリディアン・エディション」

    マツダ CX-50、256馬力ターボ“冒険仕様”を設定

    自動車(本体)
    2022.08.12 09:10
  4. 3WAY車中泊マット

    車中泊やテント泊に適した「3WAY車中泊マット」が発売、14段階リクライニング付き

    その他のカー用品
    2022.08.08 12:53
  5. レクサス GX の2023年モデル

    レクサス GX の米2023年型が発表、「ブラックライン」も引き続き設定

    自動車(本体)
    2022.08.12 08:55

総合ニュースランキング

  1. 「ワンピース偉大なる船(グランドシップ)コレクション オーロ・ジャクソン号」

    「ONE PIECE」ゴール・D・ロジャーの「オーロ・ジャクソン号」を全長130mmで立体化

    プラモデル
    2022.08.12 06:45
  2. RG 1/144 ゴッドガンダム

    “RG史上最大級の可動域”ガンプラ「RG 1/144 ゴッドガンダム」の発売日が決定

    プラモデル
    2022.08.09 00:00
  3. ドンキ、“あえてチューナー非搭載”「チューナーレス スマート TV」に4Kモデル追加

    液晶テレビ・有機ELテレビ
    2022.08.10 18:46
  4. アイコス新モデルが2,000円オフ、「アイコス イルマ」シリーズ対象のキャンペーン開始

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2022.08.09 12:54
  5. RG 1/144 ゴッドガンダム

    ゴッドガンダムらしさ全開、“RG史上最大級の可動域”ガンプラがついに8/13発売

    プラモデル
    2022.08.12 11:38

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「BONECO P230 AIR PURIFIER」
  • ブラバスのメルセデスベンツ EQS のカスタマイズプログラム
  • 「SDW HEROES シャイングラスパードラゴン」
  • BMW M8 コンペティション・グランクーペ 改良新型
  • Phone (1)
  • RF24mm F1.8 MACRO IS STM