2019年04月15日 14:00

アウディ R8 改良新型、620馬力で最高速331km/hに…ニューヨークモーターショー2019で発表へ

アウディは、4月17日に米国で開幕するニューヨークモーターショー2019において、改良新型『R8』(Audi R8)を初公開すると発表した。

R8はアウディのフラッグシップスポーツカーだ。現行R8は2世代目モデルで2015年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2015で発表された。この現行R8がデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を受けて、改良新型がニューヨークモーターショー2019でデビューする。ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類が設定される。

◆新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ

改良新型R8では、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトや新デザインのフロントグリル&バンパーを採用する。シングルフレームグリルは、従来よりもワイドかつフラットな形状。新デザインのフロントリップスポイラーやディフューザーも装備された。フードのフラットなスリットは、1980年に発表されたアウディ『クワトロ』がモチーフ。エンジンコンパートメントの3分割カバーは、プラスチックまたはカーボンファイバーが選択できる。LEDヘッドライトには、R8ベースの最新レーシングカー、『R8 LMS GT3』と共通デザインを採用する。

改良新型には、19インチホイールを標準装備した。ダイナミックなデザインの超軽量20インチホイールも選択できる。セラミックブレーキディスクも用意。フロントスタビライザーは、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)+アルミ製に交換が可能で、これにより重量を約2kg軽量化できる。オプションで、3種類の「エクステリアパッケージ」を設定。これらのパッケージでは、フロントリップスポイラー、サイドトリム、ディフューザーにアクセントを追加できる。アウディの4リングとエンブレムはハイグロスブラック化。ボディカラーには、新しいメタリックカラーとして、イモラグレイとアスカリブルーを用意した。

改良新型には、アウディのデジタルコクピット、「アウディバーチャルコックピット」を搭載する。速度計、回転計などの走行情報から、ナビゲーション表示、ラジオやメディア情報など、ドライバーのニーズに合わせた表示情報を、好みに応じてカスタマイズできる。最小限の視線移動で必要な情報が得られるインターフェイスを追求している。

◆5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0〜100km/h加速3.1秒、最高速331km/h

ミッドシップに搭載されるエンジンは、引き続き自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」だ。改良新型では、このV10を強化して搭載する。ベースグレードの「R8 V10クワトロ」では、最大出力が540hpから570hpへ、30hp向上。最大トルクは55.1kgmから56.1kgmへ、1kgm引き上げられた。0〜100km/h加速は、クーペが3.4秒、スパイダーは3.5秒。最高速は、クーペが324km/h、スパイダーは322km/hに到達する。

トップグレードの「R8 V10パフォーマンス クワトロ」では、最大出力が610hpから620hpへ、10hp向上。最大トルクは57.1kgmから59.1kgmへ、2kgm引き上げられた。0〜100km/h加速は、クーペが3.1秒、スパイダーは3.2秒。最高速は、クーペが331km/h、スパイダーは329km/hの性能を発揮する。

◆200km/hからの制動距離は最大で5m短縮

サスペンションはチューニングを見直し、さらに安定性と精度を追求する。電動パワーステアリングとオプションの「ダイナミックステアリング」の両方で、アシストを再チューニング。アウディによると、ステアリングレスポンスと路面からのフィードバックは、全速度域で正確性を増しているという。

「アウディドライブセレクト」には、パフォーマンスモードに加えて、ドライモード、ウェットモード、スノーモードの3つのモードを追加。路面状況に応じて、最適なトラクションを発揮する。ESCも強化された。最上級グレードでは、100km/hからの制動距離を最大1.5m短縮。200km/hからの制動距離は、最大で5m短縮しているという。駆動方式は4WDの「クワトロ」だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 三菱 パジェロミニ 新型 予想CG

    三菱 パジェロミニ が7年ぶり復活!? 新型は4ドア化か

    自動車(本体)
    2019.06.14 09:50
  2. 市販型ハイパーカー「GRスーパースポーツ」(仮称)をベースとする、WEC用ニューマシンのイメージ。

    トヨタ、2020-2021年のWECに新型ハイパーマシンを投入

    自動車(本体)
    2019.06.17 12:30
  3. メルセデスベンツ GLB

    メルセデスベンツ GLB 発表、オフロード性能重視の小型SUV

    自動車(本体)
    2019.06.13 06:10
  4. ホンダ e のEV専用プラットフォーム

    ホンダ e、EV専用プラットフォームを発表…前後重量配分は50対50

    自動車(本体)
    2019.06.17 06:30
  5. スズキ・エブリイワゴンPZターボスペシャル

    スズキが「エブリイ/エブリイワゴン」の安全装備を強化

    自動車(本体)
    2019.06.17 14:16

総合ニュースランキング

  1. 「機動戦士ガンダム Gフレーム ZZガンダム/強化型ZZガンダム【プレミアムバンダイ限定】」

    バンダイ、食玩「Gフレーム」ZZガンダム/強化型ZZガンダムを限定発売

    食玩・ミニフィギュア
    2019.06.17 11:30
  2. 三菱 パジェロミニ 新型 予想CG

    三菱 パジェロミニ が7年ぶり復活!? 新型は4ドア化か

    自動車(本体)
    2019.06.14 09:50
  3. 「AF 45mm F1.8 FE」

    サムヤン、ソニーEマウント対応の標準レンズ「AF 45mm F1.8 FE」

    レンズ
    2019.06.17 11:00
  4. 「1/350 日本駆逐艦 雪風 ディテールアップセット」

    タミヤ、甲板/砲身などを作り込む「1/350 日本駆逐艦 雪風 ディテールアップセット」

    模型
    2019.06.17 06:35
  5. 2019年の夏も暑くなる!? 気軽に涼がとれる扇風機まとめ

    2019年の夏も暑くなる!? 気軽に涼がとれる扇風機まとめ

    扇風機・サーキュレーター
    2019.06.16 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「eポッド グリップ モバイルホルダーセット」
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2019年モデル
  • URBAN ARMOR GEAR製のApple Watch用バンド「NATOシリーズ」
  • 「16dソフビコレクション008 長州力」
  • 「DP-S1A MUGENKIDOU」
  • ダイハツのDNGAエンジン