2019年04月15日 14:00

アウディ R8 改良新型、620馬力で最高速331km/hに…ニューヨークモーターショー2019で発表へ

アウディは、4月17日に米国で開幕するニューヨークモーターショー2019において、改良新型『R8』(Audi R8)を初公開すると発表した。

R8はアウディのフラッグシップスポーツカーだ。現行R8は2世代目モデルで2015年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2015で発表された。この現行R8がデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を受けて、改良新型がニューヨークモーターショー2019でデビューする。ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類が設定される。

◆新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ

改良新型R8では、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトや新デザインのフロントグリル&バンパーを採用する。シングルフレームグリルは、従来よりもワイドかつフラットな形状。新デザインのフロントリップスポイラーやディフューザーも装備された。フードのフラットなスリットは、1980年に発表されたアウディ『クワトロ』がモチーフ。エンジンコンパートメントの3分割カバーは、プラスチックまたはカーボンファイバーが選択できる。LEDヘッドライトには、R8ベースの最新レーシングカー、『R8 LMS GT3』と共通デザインを採用する。

改良新型には、19インチホイールを標準装備した。ダイナミックなデザインの超軽量20インチホイールも選択できる。セラミックブレーキディスクも用意。フロントスタビライザーは、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)+アルミ製に交換が可能で、これにより重量を約2kg軽量化できる。オプションで、3種類の「エクステリアパッケージ」を設定。これらのパッケージでは、フロントリップスポイラー、サイドトリム、ディフューザーにアクセントを追加できる。アウディの4リングとエンブレムはハイグロスブラック化。ボディカラーには、新しいメタリックカラーとして、イモラグレイとアスカリブルーを用意した。

改良新型には、アウディのデジタルコクピット、「アウディバーチャルコックピット」を搭載する。速度計、回転計などの走行情報から、ナビゲーション表示、ラジオやメディア情報など、ドライバーのニーズに合わせた表示情報を、好みに応じてカスタマイズできる。最小限の視線移動で必要な情報が得られるインターフェイスを追求している。

◆5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0〜100km/h加速3.1秒、最高速331km/h

ミッドシップに搭載されるエンジンは、引き続き自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」だ。改良新型では、このV10を強化して搭載する。ベースグレードの「R8 V10クワトロ」では、最大出力が540hpから570hpへ、30hp向上。最大トルクは55.1kgmから56.1kgmへ、1kgm引き上げられた。0〜100km/h加速は、クーペが3.4秒、スパイダーは3.5秒。最高速は、クーペが324km/h、スパイダーは322km/hに到達する。

トップグレードの「R8 V10パフォーマンス クワトロ」では、最大出力が610hpから620hpへ、10hp向上。最大トルクは57.1kgmから59.1kgmへ、2kgm引き上げられた。0〜100km/h加速は、クーペが3.1秒、スパイダーは3.2秒。最高速は、クーペが331km/h、スパイダーは329km/hの性能を発揮する。

◆200km/hからの制動距離は最大で5m短縮

サスペンションはチューニングを見直し、さらに安定性と精度を追求する。電動パワーステアリングとオプションの「ダイナミックステアリング」の両方で、アシストを再チューニング。アウディによると、ステアリングレスポンスと路面からのフィードバックは、全速度域で正確性を増しているという。

「アウディドライブセレクト」には、パフォーマンスモードに加えて、ドライモード、ウェットモード、スノーモードの3つのモードを追加。路面状況に応じて、最適なトラクションを発揮する。ESCも強化された。最上級グレードでは、100km/hからの制動距離を最大1.5m短縮。200km/hからの制動距離は、最大で5m短縮しているという。駆動方式は4WDの「クワトロ」だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    ホンダ シビックタイプR 次期型をついにスクープ!ハイブリッド化で400馬力、21年発表か

    自動車(本体)
    2020.05.26 09:45
  2. スバルWRX S4?STI Sport♯

    スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル

    自動車(本体)
    2020.05.26 10:00
  3. トヨタ・シエナ 新型の XSE

    米トヨタのハイブリッドミニバン、初のスポーティグレード設定…シエナ 新型

    自動車(本体)
    2020.05.25 09:48
  4. ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案

    【ダイハツ ロッキー 新型】インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由

    自動車(本体)
    2020.05.25 14:30
  5. クロード・ルルーシュ監督(写真左)とドライバーを務めたシャルル・ルクレール(同右)

    「フェラーリSF90ストラダーレ」がモナコの市街地を240km/hで走行

    自動車(本体)
    2020.05.26 06:10

総合ニュースランキング

  1. 1/144 ジム

    名脇役「ジム」の新旧ガンプラを集めた「ガンプラジムギャラリー」が公開

    プラモデル
    2020.05.26 06:10
  2. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.[BEST SELECTION]」

    RX-78-2 ガンダムなど、税別3,500円「BEST SELECTION」6種の発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 12:40
  3. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    任天堂、Switch「どうぶつの森セット」の抽選申込終了 当選発表は6/1〜6/2

    ゲーム機本体
    2020.05.25 19:07
  4. 「GPD WIN Max」

    第10世代Core搭載の8型ポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max」国内発売

    ノートパソコン
    23時間前
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-09F/TROP ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」

    モノアイが上下左右に可動する「ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」発売日決定

    フィギュア
    23時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 【まとめ】UQ mobile、2020年夏モデルや新料金プラン「スマホプランR」発表
  • BMW 5シリーズ・セダン 改良新型のティザーイメージ
  • 天体観測用ライトSG-L02
  • シック ハイドロ5 ダブルホルダー EVAモデル
  • Galaxy S20+ 5G SCG02
  • 「GPD WIN Max」