2019年04月18日 10:15

メルセデス GLC 改良新型に頂点、「AMG63」は510馬力…ニューヨークモーターショー2019

メルセデスベンツは4月16日、米国で開催したニューヨークモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、メルセデスAMG『GLC63 4MATIC+』(Mercedes-AMG GLC 63 4MATIC+)の改良新型を初公開した。

メルセデスベンツは2019年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2019において、改良新型『GLC』(Mercedes-Benz GLC)を発表した。また、ニューヨークモーターショー2019では、クーペ版の『GLCクーペ』(Mercedes-Benz GLC Coupe)の改良新型を初公開する。

ニューヨークモーターショー2019のプレビューイベントで初公開された改良新型メルセデスAMG GLC63 4MATIC+は、改良新型GLCと改良新型GLCクーペの頂点に立つ高性能グレードだ。

◆AMG専用グリル「パナメリカーナ」が最新デザインに

改良新型メルセデスAMG GLC63 4MATIC+では、エクステリアのスポーティさをさらに追求した。メルセデスAMGの専用グリル、「パナメリカーナ」の最新デザインを装着。新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドランプも採用される。フロントバンパーは、大型リップスポイラーが付いた新デザイン。リアは、ディフューザー付きバンパーとLEDテールランプが新デザインだ。

サスペンションやブレーキなど、足回りは強化された。「AMGダイナミックセレクト」は、最大6種類のドライブプログラムが選択可能。「スリップ」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「インディビジュアル」「レース」(Sモデルのみ)が切り替えられる

◆インテリアはさらにスポーティに。AMG仕様のインフォテイメントシステムを搭載

インテリアは、新デザインのAMGステアリングホイールや、人工レザーの「ARTICO」仕上げのスポーツシート&ダッシュボードを標準装備した。最新のインフォテインメントシステムの「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザーエクスペリエンス)やジェスチャーコントロールを採用。タッチパッド、ステアリングホイールのボタン、音声認識で操作できる。デジタルコクピットは、ドライバー正面の12.3インチの大型ディスプレイと、ダッシュボード中央の10.25インチのタッチスクリーンディスプレイで構成される。

MBUXは、メルセデスAMG特有の機能とディスプレイを備える。ドライバーはメニュー操作により、ウォームアップ、セットアップ、G-Force、エンジンデータなどの情報を呼び出すことができる。中央のタッチスクリーンメディアディスプレイには、「AMG TRACK PACE」のアニメーション表示を通じて、車両の機能をドライバーに伝える。オプションのヘッドアップディスプレイには、サーキットでのブレーキングポイントやラップタイムを表示できる。

◆4.0リットルV8ツインターボは2仕様。「S」は0〜100km/h加速3.8秒、最高速280km/h

パワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを、2個のターボで過給したユニット。スポーツカーのメルセデスAMG『GT』譲りのこのエンジンは、最大出力476hp/5500-6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4500rpmを引き出す。

トランスミッションは、9速の「AMGスピードシフトMCT 9G」。駆動方式は、フルタイム4WDのAMGパフォーマンス仕様の「4MATIC+」で、駆動トルクの可変配分が可能。0〜100km/h加速4秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を備えている。

「S」の名をもつハイパフォーマンスモデルも設定する。改良新型メルセデスAMG 『GLC63 S 4MATIC+』では、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンが、最大出力510hp/5500-6250rpm、最大トルク71.4kgm/1750-4500rpmを引き出す。このスペックは、標準グレードに対して、34hp、5.1kgmパワフルな数値。0〜100km/h加速は標準グレードより0.2秒速い3.8秒。最高速は30km/h上乗せされ、280km/hでリミッターが作動する。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデスAMG

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデスAMG(amg)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. フィアット500 ev

    フィアット500 ev 販売開始、ヌオーバ500 が電気自動車として蘇る

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:29
  2. スズキ・スウェイス

    スズキの新型ワゴン『スウェイス』、トヨタ カローラ ベースのOEM

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:25
  3. スバル・インプレッサ アドバンス

    スバルが「インプレッサ」を一部改良 ハイブリッド車と「STI Sport」を新設定

    自動車(本体)
    2020.09.17 17:40
  4. メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

    究極のGクラス再び…『G500/G550 4x4 スクエアード』後継モデルは4000万円級?

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:17
  5. マセラティ MC20

    マセラティの新型スーパーカー『MC20』、電動バージョンを計画

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:53

総合ニュースランキング

  1. 「RG 1/144 ジオング」

    ガンプラ「RG 1/144 ジオング」が2021年1月発売に決定、新たな画像も公開

    プラモデル
    2020.09.18 10:10
  2. 「Nintendo Switch ネオンパープル・ネオンオレン」

    任天堂、「Nintendo Switch」「リングフィット」の抽選予約を9/15開始

    ゲーム機本体
    2020.09.15 16:25
  3. タニタ、“予想数量を大幅に上回る注文”で「非接触体温計」の一部出荷に遅れ

    タニタ「非接触体温計」に“予想を上回る注文”、子どもへの安心機能も人気か?

    体温計
    23時間前
  4. 「iOS 14」

    アップル、“ホーム画面強化”など含む「iOS 14」の配信開始

    スマートフォン
    2020.09.17 10:30
  5. 「PlayStation 5(PS5)」

    価格は税別39,980円から、「PlayStation 5」が11月12日発売に決定

    ゲーム機本体
    2020.09.17 09:45

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「METAL ROBOT魂 <SIDE MS> サタンガンダム=ブラックドラゴン(リアルタイプver.)」
  • 「Xperia 5 II」
  • モンスターハンターライズ
  • 「SR1a RAR-HP-SR1A」
  • 「HERO9 Black」