2019年04月25日 09:30

MINI クラブマン に改良新型、表情変化…上海モーターショー2019

MINIは、中国で開幕した上海モーターショー2019において、『クラブマン』(MINI Clubman)の改良新型を初公開した。

現行クラブマンは、2世代目モデルだ。2015年秋、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアされた。現行クラブマンの最大の特徴は、先代モデルの個性でもあった2+1ドアを改め、一般的な4ドアとした点だ。現行型は乗降性の面で、先代に対して大幅に利便性が引き上げられた。その一方で、車体リアのテールゲートの観音開きドアは、継続採用。現行クラブマンは、6枚のドアを持つ。

この現行クラブマンがデビューからおよそ3年半が経過し、上海モーターショー2019において、改良新型が初公開された。他のMINIモデル同様、内外装のアップデートを受け、最新のコネクティビティなどが採用されている。

◆新デザインのフロントグリルを採用して表情が変化

クラブマン改良新型には、新デザインのフロントグリルを採用する。グリルは細いフレームによって縁取られており、中央には6本のブラックバーを配置。「エクスクルーシブ」トリムでは、クローム仕上げにアップグレードできる。「クーパーS」グレードのフロントグリルは、専用のハニカムパターンとなり、中央に赤い「S」のクロームメッキエンブレムが配される。

改良新型には、3種類の新しいボディカラーを設定した。「インディアンサマーレッドメタリック」や「ブリティッシュレーシンググリーンメタリック」が新色だ。ルーフやドアミラーは、ブラック、ホワイト、シルバーで仕上げることもできる。ホイールは16インチまたは17インチを標準装備する。18インチまたは19インチはオプションだ。

◆ヘッドライトやテールランプに最新のLED技術を導入

ヘッドライトは、デザインを変更する。LEDヘッドランプには、ロービームとハイビームに明るさを向上させる新開発LEDモジュールを採用した。シールド部分はブラックで仕上げる。ヘッドライトを囲むリングは、デイタイムランニングライトとウインカーの両方の機能を持つ。LEDフォグランプも採用している。

オプションのロングビームマトリックス機能を備えたアダプティブLEDヘッドライトは、道路の状況に合わせて明るさを自動的に調整する。視界が悪い場合は、道路サイドを明るく照射する。

リアは、LEDテールランプを標準装備した。クロームサラウンドのライトユニットが、リアドアに組み込まれているのが新しい。オプションで英国の国旗「ユニオンジャック」パターンが選択できる。

また、オプションでスポーツサスペンションが選択できる。10mm車高が引き下げられ、機敏なドライビングレスポンスを追求する。アダプティブサスペンションもオプション設定。ドライバーは「MINIドライビングモード」のスイッチを操作して、ダンパーの特性を切り替える。

◆最新の車載コネクティビティを採用。スマホとの連携も強化

インテリアには、最新の車載コネクティビティを採用する。「MINIコネクテッド」は、車載通信モジュールにより、ドライバーと車両、それらを取り巻く周辺環境をITネットワークでつなぎ、総合的なテレマティクスサービスを提供する。

「MINIコネクテッドアプリ」は、アップル社のスマートフォンを利用して、車両を遠隔操作できるサービスだ。アップルのスマートフォン専用アプリ、MINIコネクテッドアプリを介して、車外からベンチレーションを起動させ、ドアのロックやロック解除も行える。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ミニ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ミニ(mini)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ・スープラ 新型の2.0リットル搭載車の欧州発売記念限定モデル「富士スピードウェイ・エディション」

    トヨタ スープラ 新型に2.0直4ターボ「富士スピードウェイ」仕様

    自動車(本体)
    2020.01.20 06:35
  2. ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売

    自動車(本体)
    2020.01.19 06:40
  3. マツダCX-30試乗・説明会

    マニュアルが楽しいSKYACTIV-X:マツダがトヨタハイブリッドを採用しない理由?

    自動車(本体)
    2020.01.20 14:10
  4. 日産 フェアレディZ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

    日産 フェアレディZ はフルモデルチェンジすることができるか!? レトロ顔で刷新の噂

    自動車(本体)
    2020.01.20 10:05
  5. 『eKスペース』

    三菱の新型スーパーハイト軽自動車『eKクロス スペース』、『eKスペース』、ステージの反応

    自動車(本体)
    2020.01.20 10:30

総合ニュースランキング

  1. 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ

    タミヤ、1986年7月発売の「1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ」を復刻

    模型
    2020.01.20 06:00
  2. 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(公式ホームページより)

    「実物大18mの動くガンダム」が横浜に登場、オリジナルガンプラ販売も

    プラモデル
    23時間前
  3. トヨタ・スープラ 新型の2.0リットル搭載車の欧州発売記念限定モデル「富士スピードウェイ・エディション」

    トヨタ スープラ 新型に2.0直4ターボ「富士スピードウェイ」仕様

    自動車(本体)
    2020.01.20 06:35
  4. ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売

    自動車(本体)
    2020.01.19 06:40
  5. mouse、光学ドライブ搭載で税別59,800円〜の15.6型ノートPC「mouse F5」

    ノートパソコン
    2020.01.20 12:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「SAMYANG AF 14mm F2.8 RF」
  • BMWスピーカー交換の効果は如何に? リアルユーザーレポート
  • BMB-MR3
  • GeForce GTX 1650 VENTUS XS 4G OC
  • スズキ ジクサー グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック
  • ディズニーキャラクター TILEケース(グリッター)