2019年05月08日 10:45

アストンマーティン ヴァンテージ 新型に「AMR」、7速MTで510馬力を操る…世界限定200台

アストンマーティンは、新型『ヴァンテージ』に「AMR」(Aston Martin Vantage AMR)を設定し、2019年第4四半期(10〜12月)から納車を開始すると発表した。

AMRは、アストンマーティンのモータースポーツ活動から得られたノウハウを市販車に投入し、さらなる高性能化を図ることを目的に立ち上げられたブランドだ。新型ヴァンテージのAMRでは、さらなるパフォーマンスを求める顧客のために、サーキットで本領を発揮する仕様に仕立てることを可能にする。

◆8速ATに代えて専用の7速MTを採用。シフトパターンは1速ギアが左手前に

新型ヴァンテージAMRには、ダウンサイズの直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力は510ps/6000rpm、最大トルクは63.7kgm/2000〜5000rpmを引き出す。トランスミッションはZF製8速ATに代えて、専用の7速MTを採用する。

この7速MTは、イタリア・グラツィアーノ社がモータースポーツからヒントを得て開発したもの。このトランスミッションは、「ドッグレッグ」と呼ばれる独自のシフトパターンが特徴だ。正確かつ繊細なシフトを追求し、ハンドステッチが施された革張りのギアシフトレバーを採用した。1速ギアが左手前に設置されたこの独特なシフトパターンの大きな利点は、走行中に頻繁に使用する2〜7速ギアをダブルHパターンに配置できることにあるという。

さらに、マニュアル車ならではの運転する喜びや車両との一体感を実現するため、新型ヴァンテージAMRのトランスミッションには、LSDが組み合わされている。このディファレンシャルには、アストンマーティンのチーフエンジニアのマット・ベッカー氏が率いるダイナミクスチームが拠点としている英国シルバーストンサーキットにおいて、徹底的なチューニングが施されたという。

◆7速MTにはヒール&トゥによるシフトダウンを自動的に行う機能も

また、この7速MTには、「AMSHIFT」と呼ばれる機能が採用された。ドライバーによる選択が可能なこのシステムは、クラッチ、シフトポジション、プロペラシャフトの各センサー情報とエンジンマネージメントプログラムを組み合わせることにより、ヒール&トゥによるシフトダウンを自動的に行う。ヒール&トゥは、ブレーキングとギアシフトを行いながら、同時にブリッピングを行うことにより、よりスムーズに減速して、より速くコーナリングするドライビングテクニックだ。さらに、AMSHIFTはフルスロットル状態でシフトアップする際に、最大限のスムーズさを実現すると同時に、加速の中断を最小限に抑えている。

新型ヴァンテージAMRには、カーボンセラミックブレーキを標準装備するなどして、95kgの軽量化を実現した。ドライバーの好みや路面状況によって車両のキャラクターを変化させることができるアダプティブダンピングシステムも搭載する。スカイフックテクノロジーを組み込んだこのシステムには、スポーツ、スポーツ+、トラック(サーキット)の3つのモードを設定。新型ヴァンテージAMRは、0〜100km/h加速4秒、最高速314km/hの性能を備える。

◆限定200台の59台には1959年のルマン24時間優勝マシンと同様のカラーリング

200台が限定生産される新型ヴァンテージAMRは、5種類のデザイナー仕様から選択することが可能だ。200台の内の141台には、サビロブルー、オニキスブラック、チャイナグレー、ホワイトストーンのボディカラーが用意される。

残りの59台は、1959年のルマン24時間レースで1-2フィニッシュを達成した伝説のマシン、『DBR1』の60周年を記念したカラーリングが施される。「Vantage 59」と名付けられたこの特別仕様は、スターリンググリーンとライムを組み合わせたエクステリアカラー、ダークナイトレザーとアルカンターラを採用したインテリアが特徴だ。AMRの象徴のライムカラーのストライプとステッチで仕上げられている

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アストンマーチン

アストンマーチン(astonmartin)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産 ジューク 新型プロトタイプ スクープ写真

    日産 ジューク 新型、大胆なキャラクターラインが露出…最終形が見えてきた

    自動車(本体)
    2019.06.24 10:10
  2. 三菱アウトランダー・スポーツ(RVRに相当)の2020年型

    三菱 アウトランダースポーツ、新ダイナミックシールドで表情一新 米2020年型

    自動車(本体)
    2019.06.24 06:55
  3. 三菱 パジェロミニ が7年ぶり復活!? 新型は4ドア化か

    スズキ ジムニーの対抗となるか「三菱 パジェロミニ復活!?」の記事に注目が集まる

    自動車(本体)
    2019.06.21 16:05
  4. ホンダ Genio(ジェニオ)

    ホンダ、インドネシア生産スクーターに新型フレームeSAFを採用

    バイク(本体)
    2019.06.24 06:00
  5. BMW X7(写真は欧州仕様車)

    BMWの最上級SUV「X7」の国内販売がスタート

    自動車(本体)
    22時間前

総合ニュースランキング

  1. 「nasne(ナスネ) CUHJ-15004」

    ソニー、nasne(ナスネ)を「近日出荷完了予定」とアナウンス

    ゲーム周辺機器
    20時間前
  2. OneMix 1S

    限定価格49,800円、7型ミニノートPC「OneMix 1S」先行予約販売が開始

    ノートパソコン
    21時間前
  3. 日産 ジューク 新型プロトタイプ スクープ写真

    日産 ジューク 新型、大胆なキャラクターラインが露出…最終形が見えてきた

    自動車(本体)
    2019.06.24 10:10
  4. カメラ&レンズをお得に買うチャンス! 2019年夏キャッシュバックまとめ

    カメラ&レンズをお得に買うチャンス! 2019年夏キャッシュバックまとめ

    デジタル一眼カメラ
    2019.06.23 06:55
  5. 三菱アウトランダー・スポーツ(RVRに相当)の2020年型

    三菱 アウトランダースポーツ、新ダイナミックシールドで表情一新 米2020年型

    自動車(本体)
    2019.06.24 06:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 日産 アルティマ の2020年モデル
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ おでかけぬいぐるみ“クラシックソニック”
  • 「LT101」
  • LapBook Plus
  • 「ディズニー/ピクサーキャラクター/ UNIVERSAL CLIP LIGHT(トイ・ストーリー/ロゴ)」
  • 「USB-C to ライトニングケーブル」