2019年05月17日 06:41

マクラーレン、新型スーパーカー『GT』発表…620馬力の軽量グランドツアラー

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表した。

マクラーレンGTは、既存のマクラーレン「スポーツシリーズ」と「スーパーシリーズ」に並ぶ位置づけとなる。グランドツーリングセグメントのあり方を、再定義することを目指して開発された。マクラーレンGTは、総額およそ12億ポンドを投資する「Track25」ビジネスプランにおいて、第4のニューモデルになる。マクラーレンのハイパーカー、『スピードテール』と同じDNAを持つグランドツアラーだ。

マクラーレンGTは、カーボンファイバー構造を核とした。車両重量は1530kg。マクラーレンオートモーティブによると、最も重い競合モデルよりも200kg以上軽量という。カーボンファイバー製コア構造に、高い強度を持たせたことにより、ガラス張りのCピラーとリアクォーターウインドウをデザインに組み込むことが可能に。後方の視界が広くなったことで、広いキャビンにより多くの光が射し込む設計とした。

◆4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/h

ミッドシップには、「M840TE」型4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。このエンジンは最大出力620ps/7500rpm、最大トルク64.2kgm/5500〜6500rpmを発生する。3000〜7250rpmの幅広い領域において、トルクの95%を引き出す特性だ。

この新しいエンジンに、7速SSGトランスミッションを組み合わせた。動力性能は0〜100km/h加速が3.2秒、最高速が326km/h。燃料タンク容量は72リットルで、マクラーレンオートモーティブによると、燃料満タン状態で、666km走行できるという。

◆4683mmの全長はマクラーレンの他のどのモデルよりも長い

マクラーレンGTのデザインの特長が、フロントの「ハンマーヘッドライン」だ。リアには、ボディーと一体化した固定式のリアウィング、大型ディフューザー、存在感のあるエグゾーストテールパイプを採用。マクラーレンオートモーティブによると、スーパーカーの性能を備えたグランドツアラーと主張するデザインを目指したという。

ボディサイズは全長4683mm、全幅2045mm、全高1213mm、ホイールベース2675mm。全長はマクラーレンのスポーツシリーズ、スーパーシリーズのどのモデルよりも長い。フロントとリアのオーバーハングも、従来のマクラーレン車よりも長い。

◆量産車世界初のカシミア内装が選択可能。新開発のインフォテインメントシステムを採用

インテリアは、ナッパレザーのトリムを標準装備した。仕様に応じて、上質なソフトグレインレザーかアルカンターラが選択できる。2019年末ごろには、カシミアもオプションに追加される予定だ。カシミア素材が量産車に使用されるのは、世界初という。

エンジンの高さを低くし、エグソーストの位置に工夫を加えることによって、ラゲッジスペースの容量、形状、使いやすさを追求した。ゴルフバッグまたは185cmのスキー板2セットとブーツ、手荷物が積載可能。フロントにも150リットルの収納スペースがあるため、収容容量は合計で570リットルとした。全体がガラス張りのテールゲートの下に、420リットルの収容スペースを配置。テールゲートにはソフトクローズ機能が標準装備されており、オプションで電動式に変えることもできる。

新開発のインフォテインメントシステムを採用。最も処理速度の速い車載システムには、10クアッド・コア・チップと「HERE」によるナビゲーションマッピングとリアルタイムの交通情報が含まれる。ドライバーインターフェースの操作はスマートフォンに似ており、中央にある7インチのタッチスクリーンを使って、衛星ナビゲーションやBluetoothでの電話通話、メディアストリーミング、音声操作といった車内機能の選択が可能だ。

重要な車両情報を表示するドライバー正面のTFTスクリーンは、12.3インチを採用した。速度、ギア、エンジン回転数だけでなく、インストルメントクラスターを通じて、簡易ナビゲーションや電話の着信、指定されたオーディオアウトプット、タイヤの温度や空気圧などの情報を表示できる。バックカメラを指定し、リバースのギアが選択された際には、車両後方の画像が表示され、ドライバーは視線を可能な限り高い位置に保つことができる、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マクラーレン

マクラーレン(maclaren)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    2020.02.20 10:07
  2. 「ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション」と、「シビック タイプR」の開発責任者で...

    「ホンダ・シビック タイプR」に「リミテッドエディション」登場

    自動車(本体)
    2020.02.20 10:00
  3. トヨタの新型SUVのティザーイメージ

    トヨタの新型SUV、ジュネーブモーターショー2020で発表へ…ヤリスと同じプラットフォーム

    自動車(本体)
    2020.02.19 14:47
  4. リミテッド・エディション

    ホンダ シビックタイプR 改良新型、変わったところはここだ!

    自動車(本体)
    2020.02.20 11:25
  5. ハスクバーナ・スヴァルトピレン250

    ハスクバーナが250ccクラスのニューモデル「スヴァルトピレン250」を日本に導入

    バイク(本体)
    2020.02.20 10:21

総合ニュースランキング

  1. 機動戦士ガンダム Gフレーム10(10個入り)

    「機動戦士ガンダム Gフレーム」第10弾、「ザクII/ザクII(指揮官機)」を再録

    食玩・ミニフィギュア
    2020.02.20 15:10
  2. ドンキ、税別5,980円の骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.02.19 16:12
  3. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

    延期した「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」予約開始日を3/7に決定

    ゲーム周辺機器
    2020.02.19 06:39
  4. 「Xperia L4」

    ソニー、アスペクト比21:9の6.2型スマホ「Xperia L4」を海外発表

    スマートフォン
    20時間前
  5. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    2020.02.20 10:07

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ホンダS2000(20周年記念アイテム装着イメージ)
  • QING
  • ドラゴンクエスト スマートフォンリング ロトのしるし
  • SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition
  • 「Chicago バックパック 50 MB CH-BP-50」「Chicago バックパック 30 MB CH-BP-30」
  • CF-P7