2019年05月20日 10:15

JCWクロスオーバー に改良新型、現行MINIシリーズ最強の306馬力に

BMWグループのMINIは5月15日、改良新型MINI『ジョンクーパーワークス(JCW)・カントリーマン』(日本名:MINI『ジョンクーパーワークス・クロスオーバー』に相当)を、欧州で発表した。

現行のジョンクーパーワークス・カントリーマンは2017年春、中国で開催された上海モーターショー2017においてワールドプレミアされた。同車は、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』に相当)シリーズの高性能グレードだ。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを専用チューニングし、最大出力231hp、最大トルク35.7kgmを引き出す。トランスミッションは6速MT、または8速AT「ステップトロニック」。駆動方式は4WDの「ALL4」。0〜100km/h加速6.5秒、最高速234km/hの性能を発揮する。

◆ツインパワーターボテクノロジーを導入した新開発2.0リットルターボ搭載

デビューから2年を経て、改良新型が欧州で発表された。改良新型では、パワートレインの大幅な強化が図られた。改良新型には、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。BMWの「ツインパワーターボ」テクノロジーを導入し、最大出力は306hp/5000〜6250rpm、最大トルクは45.9kgm/1750〜4500rpmを引き出す。従来モデルの231hp、35.7kgmに対して、75hp、10.2kgm強化された。306hpの最大出力は、現行MINIシリーズで最強だ。

トランスミッションは8速AT「ステップトロニック」で、前輪にメカニカルディファレンシャルロックを内蔵した新開発の8速ATとなる。駆動方式は4WDのALL4。DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)と連携しており、前輪と後輪の間で理想的な駆動トルクを配分する。改良新型は0〜100km/h加速5.1秒と、従来の6.5秒から1.4秒の短縮を果たす。最高速は250km/h(リミッター作動)となる。

◆内外装もリファインされ、スポーツ性をさらに強調

足回りは、標準のスポーツシャーシと10mm車高が低くなるアダプティブシャーシが選択できる。アルミホイールは18インチが標準で、19インチはオプション。スポーツブレーキシステムも再設計された。後輪に4ピストンキャリパーを採用。フロントのブレーキキャリパーは赤く塗装され、「John Cooper Works」のロゴが添えられる。

外観は、フロントグリルとリアゲートに、John Cooper Worksのエンブレムを装着する。フロントグリルはハニカムパターンで、周囲に赤い加工が施される。ツインエキゾーストシステムを新設計し、大容量のリアサイレンサーを採用する。バンパー左右に組み込まれたテールパイプの直径は、85mmとした。

インテリアは、スポーツシート、John Cooper Worksのマルチファンクションボタン付きスポーツステアリングホイール、John Cooper Worksのセレクターレバー、ヘッドライナーなどが装備される。

◆最新のコネクティビティを採用。リアルタイムの交通情報サービスも利用可能

タッチスクリーン機能付き6.5インチディスプレイを新採用する。グラフィックデザインが見直された。8.8インチのタッチスクリーンとなる「Connected Navigation Plus」も、オプションで用意される。

リアルタイムの交通情報サービスも利用可能だ。現在の交通状況やパーソナルコンシェルジュサービス、MINIオンラインインターネットポータルが利用できる。またAppleの「CarPlay」に対応した。ナビゲーションマップの更新は、モバイルネットワーク接続を通じて、自動的にダウンロードされる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ミニ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ミニ(mini)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバル・アウトバック と レガシィ 新型に搭載されるTomTomのナビゲーション(米国仕様)

    スバル アウトバック と レガシィ 新型、TomTomのナビゲーション搭載

    カーナビ
    2020.01.21 06:01
  2. 本田技術研究所四輪R&Dセンター第10技術開発室技術企画ブロック主任研究員の松井充さん

    ホンダ シビック、熟成のマイナーチェンジ…東京オートサロン2020[インタビュー]

    自動車(本体)
    2020.01.21 06:30
  3. トヨタ・スープラ 新型の2.0リットル搭載車の欧州発売記念限定モデル「富士スピードウェイ・エディション」

    トヨタ スープラ 新型に2.0直4ターボ「富士スピードウェイ」仕様

    自動車(本体)
    2020.01.20 06:35
  4. スバルの新型電気自動車のデザインスタディーモデル。

    スバルが新型EVのコンセプトモデルを発表 トヨタと共同開発を進める電動SUV

    自動車(本体)
    20時間前
  5. ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売

    自動車(本体)
    2020.01.19 06:40

総合ニュースランキング

  1. 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ

    タミヤ、1986年7月発売の「1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ」を復刻

    模型
    2020.01.20 06:00
  2. 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(公式ホームページより)

    「実物大18mの動くガンダム」が横浜に登場、オリジナルガンプラ販売も

    プラモデル
    2020.01.20 17:40
  3. 「モバイル PASMO」

    ついに「モバイル PASMO」が2020年春サービス開始、Androidが対象

    スマートフォン
    15時間前
  4. NEC、900g台の12.5型モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」2020年春モデル

    ノートパソコン
    19時間前
  5. 影スッキリフラッシュ SSLRSRSB

    1,980円、折りたたみ式のストロボディフューザー「影スッキリフラッシュ」

    その他カメラ関連製品
    2020.01.21 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • Fringer 電子マウントアダプター FR-NZ1
  • 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(公式ホームページより)
  • 「AQUOS zero2 SH-01M」
  • NEWスターミュージアム NSM-03AD
  • ディズニーキャラクター TILEケース(グリッター)
  • 「SAMYANG AF 14mm F2.8 RF」