2019年05月24日 13:07

【マツダ3 新型】ファストバック…デザインテーマは「色気のある魂」[詳細画像]

マツダは、5月24日より新型『マツダ3(MAZDA3)』の販売を全国で開始した。マツダ3 は、2003年にグローバルモデルとして誕生後、日本国内では『ファミリア』から代わって、『アクセラ』として販売されていたが、4代目となる今モデルからはグローバル名称であったマツダ3に車名が統合された。

新型マツダ3 は、日本の美意識「引き算の美学」を追求し、本質を体現することを目指す深化した「魂動デザイン」を採用。人間の持つバランス能力を最大限に引き出すことを追求した新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」に基づいて開発された。

ファストバックのボディサイズは、全長4460×全幅1795×全高1440mm、ホイールベース2725mm。

◆ファストバックの意匠テーマは「色気のある魂」

ファストバックのエクステリアは、「色気のある魂」をテーマに、キャラクターデザインを廃したボディサイドに流れる「光の移ろい」で生命感を表現。スピード感のあるルーフと力強いCピラー造形が表現するキャビンとボディが1つの魂のような存在感を放つ。

インテリアには、「引き算の美学」に基づいて、水平基調と要素を削ぎ落としたシンプルな造形により、美しさと機能性を融合。コックピットにある操作機器や情報など全ての要素をドライバー中心にシンメトリに配置することでクルマとの一体感を向上させている。

また、シフトレバー周辺には新開発の「2層形成シフトパネル」を採用。カラークリア層と黒いメタリック層の2層構造により、透明感とエクステリア同様の「光の移ろい」による表情を併せ持つ引き込まれる表現を可能とした。

さらに、ファストバックには専用外装色として造形をより際立たせる「ポリメタルグレーメタリック」を設定するほか、基本の黒内装(革・ファブリック)に加えてファストバック専用グレード「Burgundy Selection(バーガンディ セレクション)」では、赤い本革内装を設定している。

◆エントリーモデルから最上級まで4機種を用意

ファストバックのパワートレインには、それぞれ1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」、2リットル直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、1.8リットル直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 1.8」のほか、2リットル新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」をあわせた4種類がラインナップされる。

「SKYACTIV-X」は、世界で初めてマツダが実用化した独自の燃焼方式「SPCCI(火花点火縮着火)」を採用した新世代の内燃機関で、ガソリンエンジンならではの伸びの良さとディーゼルエンジンの優れた燃費とトルク、応答性といった特長を併せ持つ。また、マイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(エム ハイブリッド)」を組み合わせ、燃費性能のさらなる向上をサポートする。

◆新世代の「アーキテクチャー」と「ダイナミクス」

新型マツダ3では、新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。人間の理想の運転姿勢を追求した長時間移動でも疲れにくく、思い通りにクルマを動かせるような走りを実現している。

また、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス)」として、「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」を搭載。素早いハンドル操作に対する車両の追従性と挙動の収束性を大幅に改善した。

さらに、新型マツダ3からGVCと協調して車両運動性能を向上させる新たなAWD制御を採用。旋回時の前後輪へのトルク配分を最適に制御することで、高速走行時の車線変更時や滑りやすい路面環境においても滑らかで安定した挙動を実現し、より安心感を高めている。

◆車載通信機搭載でコネクティッドサービス充実

新型マツダ3では、「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」に基づき、先進安全技術「i-ACTIVESENSE」で使用しているセンサーやレーダー、カメラからの情報を連携させることで、各技術間の協調制御の精度や性能を向上させている。

また、赤外線カメラによりドライバーの状態監視を行って危険回避を促す「ドライバー・モニタリング」を設定したほか、渋滞中に先行車を自動追従する「クルージング&トラフィック・サポート(CTS)」や、新採用のフロントサイドレーダーで死角から接近してくる車両を検知し、ドライバーに知らせる「前側方接近車両検知(FCTA)」を新たに設定した。

マツダコネクトは、センターディスプレイを8.8インチ(ワイド)に拡大。情報量を増やすとともに、視線に対する配置を適正化し、走行状況を瞬時に判別する視認性を両立させている。また、コマンダー上面をタッチパッド化することで、より直感的な操作が可能となった。

さらに新型マツダ3では、新たに車載通信機を搭載。今度、サービス開始予定のコネクティッドサービスや配信予定のスマートフォンアプリ「My Mazda(マイ・マツダ)」との連携。緊急通報サービスなどを提供する予定だ。

新型マツダ3 ファストバックの価格は、218万1000円から。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ・フリード ハイブリッド クロスターHonda SENSING

    ホンダがマイナーチェンジした「フリード」を発売 SUVスタイルの「クロスター」登場

    自動車(本体)
    2019.10.18 11:45
  2. 新型ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」の情報をウェブで先行公開

    自動車(本体)
    2019.10.17 07:00
  3. トヨタ・ヤリス

    トヨタが「ヴィッツ」改め新型「ヤリス」を初披露 クラスを超えた高性能をアピール

    自動車(本体)
    2019.10.16 15:40
  4. トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)

    トヨタ ヤリス 新型、ハイブリッドの燃費は20%以上向上…欧州仕様を発表

    自動車(本体)
    2019.10.18 07:10
  5. ホンダ フリード クロスター

    【ホンダ フリード 改良新型】表情刷新、クロスオーバースタイルの新グレードも追加

    自動車(本体)
    2019.10.18 13:00

総合ニュースランキング

  1. ホンダ・フリード ハイブリッド クロスターHonda SENSING

    ホンダがマイナーチェンジした「フリード」を発売 SUVスタイルの「クロスター」登場

    自動車(本体)
    2019.10.18 11:45
  2. ロッテ、ガンダムとビックリマンがコラボした「機動戦士ガンダムマンチョコ」

    食玩・ミニフィギュア
    2019.10.18 10:45
  3. 新型ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」の情報をウェブで先行公開

    自動車(本体)
    2019.10.17 07:00
  4. Xperia 8

    ワイモバイル、21:9の6型スマホ「Xperia 8」を10月25日に発売

    スマートフォン
    2019.10.18 11:55
  5. OM-D E-M5 Mark III

    オリンパス、より小型・軽量なボディを採用したミラーレス「OM-D E-M5 Mark III」

    デジタル一眼カメラ
    2019.10.17 15:40

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • AIRMEGA 400S AP-2015E
  • 「三菱デリカD:5?ALL BLACKS Edition(オールブラックスエディション)」と、...
  • CYBER・TV出力変換アダプター(SWITCH用)
  • ウルトラマン SEIKOリミテッドエディション
  • AQUOS sense3 plus
  • ND オリジナル peak design スライド