2019年06月03日 10:05

マツダ ロードスター 現行は「伸びしろがある」…進化の行方を新任主査が語る

シカゴモーターショー1989でベールを脱ぎ、初代「NA」型から「NB」、「NC」、現行「ND」と受け継がれてことしで30年。マツダ『MX-5』、日本名『ロードスター』は、「伸びしろが、このクルマにはまだまだ残ってる」という。

ことし春から新たに商品本部主査に就任した斎藤茂樹氏が、軽井沢ミーティング(5月26日)に姿をみせ、現行ロードスターNDのこれからについて、熱く語ってくれた。「これまで培ってきたロードスターの基本の方向性や考え方は、変えようとはしていないです」と前置きしながら、「でも」と切り込んだ。

「でも、これからももっともっと進化させたいと思っている。それがぼくの役割だと思っている。やっぱり思うのは、スポーツカーって何が楽しいかって考えると、ゆっくり走って楽しいスポーツカーこそ、ぼくたちがつくるべきほんとうのスポーツカーだよね、っていう点です」

「速く走って楽しいクルマは世の中にたくさんある。マツダ・ロードスターが楽しいって感じさせてくれるのは、どこ走っても、いつ走っても、誰と走っても楽しい。そこがマツダ・ロードスターだと思うんですよ」

「で、そうした領域の伸びしろ、ポテンシャルが、このクルマにはまだ残ってるんですね。もともとのポテンシャルが高いから。そこををもっともっと進化させていきたいと考えてます。楽しみにしてください」

斎藤主査がいう「ゆっくり走って楽しいスポーツカー」という走りは、どんな世界か。そのヒントを、ブレーキの効き具合を例にあげてこう教えてくれた。

「いまのブレーキって、腫れ物に触るように踏まないとていねいに止まらないじゃないですか。それってすごい気を遣いますよね。たとえば、ふつうに走ってて、先からクルマが割り込んできてブレーキに足のせると、クッてなりますよね。助手席の人は頭が振れるんです。そうなったらいやですよね」

「ロードスターはそうじゃない。ブレーキはそこまで効かなくていい。最初にすっとブレーキペダルを踏んだあと、その先から効いてくれればいい。そんな不意なブレーキ時にも自然に止まれるような、ほんとうに扱いやすいクルマをつくりたいですよね」

「そうした走りができてくると、ゆっくり走っても楽しいんです。気を遣わないで走れるから。人の感覚にほんとうにあうようなクルマをもっと追求していきたい。いま、たまたまブレーキを例にしましたけど、アクセルもハンドルも当然、全部そういう方向にしていこうと思ってます」

実験屋から商品本部主査へ。中山雅前主査から斎藤主査へとバトンが渡り、4代目現行NDは次のステップへ。斎藤主査は、ロードスターにかける想いのキーワードに「軽さ」をあげてこう語った。

「ロードスターは軽いことが一番。このクルマ、車重が1トン切ってますよね。その1トンを切るために、すごく血のにじむ努力を重ねてきました。ロードスターの気持ちよさのなかで、一番大きいのが『軽さ』なんですね。もちろん、ほかのマツダ車も軽量化は追求してますが、ここまで軽さにこだわったクルマはほかにないと思います。今後も、この軽さはもっともっとこだわっていきたいですね」

NDの今後、そして次世代NEのビジョンはどう描かれるか。軽井沢ミーティングに集結したロードスター乗りは、中山雅前主査、山口宗則プロジェクトマネージャー、斎藤主査の熱いトークに聞き入り、大きな拍手といっしょに期待した。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ・シビック改良新型

    【ホンダ シビック 改良新型】ホームページで先行公開…ハッチバックにサンルーフ

    自動車(本体)
    16時間前
  2. トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)

    トヨタ ヤリス 新型の「GR」、プロトタイプの発表延期…豪州の森林火災の影響

    自動車(本体)
    21時間前
  3. マツダ ロードスター シルバートップ

    マツダ ロードスター、内外装色を追加 特別仕様車「シルバートップ」も設定

    自動車(本体)
    2019.11.15 06:35
  4. トヨタ・ヤリス新型

    【トヨタ ヤリス 新型】インテリア…素材と機能の配慮

    自動車(本体)
    16時間前
  5. フェラーリ・ローマ

    フェラーリが新型クーペ、『ローマ』発表…620馬力ツインターボ搭載

    自動車(本体)
    2019.11.15 06:35

総合ニュースランキング

  1. 価格は税別11,000円から、レノボがAndroidタブレット2機種を発表

    税別11,000円で何ができる? 2台目需要で注目したいレノボ新タブレット

    タブレットPC
    18時間前
  2. ファーウェイ、8型タブレット「MediaPad M5 lite」のメモリー増設モデルや新カラー

    タブレットPC
    2019.11.14 17:32
  3. razr

    モトローラ、縦に折りたためるスマートフォン「razr」を発表

    スマートフォン
    20時間前
  4. GW-PRO RED フォトグローブプロPL

    ハクバ、“アメリカ軍採用の断熱素材”を使った寒冷地用フォトグローブ

    その他カメラ関連製品
    2019.11.14 12:25
  5. HUAWEI nova 5T

    ファーウェイ、初のパンチホールディスプレイを搭載した「HUAWEI nova 5T」

    スマートフォン
    2019.11.14 16:08

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ボルボ S90 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VL-SX120
  • Galaxy A20
  • 「ネオパン100 ACROSII」35mmサイズ(36枚撮り)
  • マツダ MX-30(東京モーターショー2019)
  • 「メガドライブ」「セガサターン」「ドリームキャスト」