2019年06月11日 10:10

スバル フォレスター 一部改良…リヤシートリマインダーを採用、荷物の置き忘れ防止

SUBARU(スバル)は、SUVモデル『フォレスター』を一部改良し、7月18日より販売を開始する。

2018年発売の第5世代フォレスターは、スバルグローバルプラットフォームを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。さらに同社初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など、新たな価値を付加したモデルとなっている。

今回の改良では、後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示で知らせする「リヤシートリマインダー」を新たに採用し、機能性を向上。さらに、滑らかな輝きと落ち着きのある色合いが特長の新色「マグネタイトグレー・メタリック」を採用した。

価格は280万8000円から309万9600円。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

スバル

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

スバル(subaru)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバル・アウトバック と レガシィ 新型に搭載されるTomTomのナビゲーション(米国仕様)

    スバル アウトバック と レガシィ 新型、TomTomのナビゲーション搭載

    カーナビ
    2020.01.21 06:01
  2. 本田技術研究所四輪R&Dセンター第10技術開発室技術企画ブロック主任研究員の松井充さん

    ホンダ シビック、熟成のマイナーチェンジ…東京オートサロン2020[インタビュー]

    自動車(本体)
    2020.01.21 06:30
  3. トヨタ・スープラ 新型の2.0リットル搭載車の欧州発売記念限定モデル「富士スピードウェイ・エディション」

    トヨタ スープラ 新型に2.0直4ターボ「富士スピードウェイ」仕様

    自動車(本体)
    2020.01.20 06:35
  4. スバルの新型電気自動車のデザインスタディーモデル。

    スバルが新型EVのコンセプトモデルを発表 トヨタと共同開発を進める電動SUV

    自動車(本体)
    21時間前
  5. ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売

    自動車(本体)
    2020.01.19 06:40

総合ニュースランキング

  1. 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ

    タミヤ、1986年7月発売の「1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ」を復刻

    模型
    2020.01.20 06:00
  2. 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(公式ホームページより)

    「実物大18mの動くガンダム」が横浜に登場、オリジナルガンプラ販売も

    プラモデル
    2020.01.20 17:40
  3. 「モバイル PASMO」

    ついに「モバイル PASMO」が2020年春サービス開始、Androidが対象

    スマートフォン
    17時間前
  4. NEC、900g台の12.5型モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」2020年春モデル

    ノートパソコン
    20時間前
  5. 影スッキリフラッシュ SSLRSRSB

    1,980円、折りたたみ式のストロボディフューザー「影スッキリフラッシュ」

    その他カメラ関連製品
    2020.01.21 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「AQUOS zero2 SH-01M」
  • Fringer 電子マウントアダプター FR-NZ1
  • 「SAMYANG AF 14mm F2.8 RF」
  • 「LAVIE VEGA」
  • メルセデスベンツ eアクトロス(参考画像)
  • NEWスターミュージアム NSM-03AD