2019年06月18日 10:30

ダイハツの DNGA エンジンは、タンブルとEGRを強化…ダイハツ タント 新型に搭載へ

今年7月に主力モデルの軽スーパーハイトワゴン『タント』のフルモデルチェンジを予定しているダイハツ工業。次期タントは、同社の新世代のクルマづくりの基盤技術であるDNGA(Daihatsu New Global Architecture)によって作られるモデル第一弾。デビューに先立ち、新しいエンジン、変速機など、仕様のアウトラインが公開された。

次期タントのエンジン型式は現行モデルと同じ0.66リットル直列3気筒DOHC「KF」型。シリンダーの直径とピストンの往復行程はそれぞれ63mmと70.4mmで、これも現行型と変わらずである。が、実際にはシリンダーブロック、シリンダーヘッド、水路など大部分が改設計を受けており、部品の流用は10%程度で、それもボルトやシールなど定型部品にとどまるなど、全面刷新に近い改良であるというのがダイハツ技術陣の主張だ。

自動車メーカー各社による軽自動車用エンジンの改良戦争は激しさを増しているが、最大の争点となっているのは言うまでもなく熱効率の改善。目下、改善のカギを握るとされているのはシリンダー内の吸気の縦方向の渦、すなわちタンブルを強化することと、排ガスの一部をシリンダーに戻して酸素量を減らし、ポンピングロスを削減する大量EGR。ダイハツの技術陣はその両方について性能強化を図ったという。

タンブル強化については、吸気ポートをストレートに限りなく近づけることで、ポートを細くしたりバルブ開閉量を絞ったりといった損失の要因になる手法を極力排しながら吸気の流速を稼ぐことができたという。実数は不明だが、ダイハツの示したグラフから推定すると、タンブル比(吸気行程で縦渦が何回りするかを表す数値)は2.8前後。それでいて流入係数(ポンピングロスの少なさを表す数値)はタンブル比が2を切るエンジンと同等の良さであった。

もう1点のEGRも、エンジニアによればかなり大量に行っているという。ガソリンエンジンはリーンバーンのように酸素を余らせると排出ガスコントロールが難しくなるため、通常は酸素が余らないように混合気を燃やす。その酸素が含まれていない排出ガスの一部を吸気ポートに戻すと、低負荷時に空気を吸い込む総量をスロットルボディで抵抗を発生させながら大きく絞らなくても酸素量をある程度コントロールすることができるのだ。

が、言うは易し、行うは難しというのが大量EGRというもので、排出ガスの還流量を増やすにつれて混合気を均一に燃やすのが難しくなり、ノッキング(異常燃焼)が起こりやすくなる。ダイハツはそれを防止するため、日本車の量産ガソリンエンジンとしては初めて、スパークプラグが1回の爆発あたり2発、火花を飛ばすマルチスパーク方式を採ったという。

そのほかにも損失低減のための小さな工夫がエンジンの隅々にめぐらされている。その結果、新KFエンジンの自然吸気版のピーク熱効率はおよそ35%、ターボ版は31%に向上したと、ダイハツのエンジニアは語った。非ハイブリッドでも40%ないしそれに近い数値が珍しくなくなってきた普通車用エンジンに比べると悪いように思えるが、車体が軽く、小さいため、この性能でも燃費は十分に稼げる。ちなみに現行の軽自動車のエンジンとしては、日産やホンダをしのぎ、効率ナンバーワンとダイハツのエンジニアは主張している。スペックは自然吸気が最高出力52ps、最大トルク6.1kgm、ターボが最高出力64ps、最大トルク10.2kgm。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ダイハツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ダイハツ(daihatsu)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ C-HR S GRスポーツ(ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン)

    【トヨタ C-HR 改良新型】ワイドスタンス強調でスタイリッシュに進化、GRスポーツも新規設定

    自動車(本体)
    2019.10.21 10:05
  2. スバル・クロストレック(XVに相当)の2020年型

    スバル クロストレック に2020年型、PHVも設定…年内に米国発売へ

    自動車(本体)
    2019.10.21 13:30
  3. AUKEY DRA2

    AUKEY、ルームミラー型ドライブレコーダー「AUKEY DRA2」の第2世代モデル

    ドライブレコーダー
    2019.10.20 06:22
  4. トヨタC-HR S“GRスポーツ”

    「トヨタC-HR」がマイナーチェンジ スポーティーな“GRスポーツ”シリーズが登場

    自動車(本体)
    2019.10.21 06:55
  5. トヨタ・グランエース

    トヨタ グランエース、新型フルサイズワゴンの空間と質感

    自動車(本体)
    2019.10.11 14:00

総合ニュースランキング

  1. 「IQOS 3 DUO モーターエディション」「IQOS 3 MULTI モーターエディション」

    「IQOS 3 DUO」「IQOS 3 MULTI」に、限定モデルのモーターエディション登場

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.10.21 18:25
  2. ヒーツ・フロスト・グリーン

    IQOS用タバコスティック「ヒーツ」、フロスト・グリーンとクール・ジェイドが全国発売

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.10.21 18:20
  3. カメラ&レンズをお得に買うチャンス! 2019-2020年冬キャッシュバックまとめ

    カメラ&レンズをお得に買うチャンス! 2019-2020年冬キャッシュバックまとめ

    デジタル一眼カメラ
    2019.10.22 06:35
  4. ストリーミングWALKMAN×完全ワイヤレスキャンペーン

    ソニー、「WF-1000XM3」と最新ウォークマンの同時購入で5,000円キャッシュバック

    デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
    23時間前
  5. 「Xperia 5」「Xperia 8」

    au、縦長21:9画面のソニー「Xperia 5」「Xperia 8」発売日を決定

    スマートフォン
    2019.10.21 10:45

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ForeAthlete 235J BEAMS Special Edition Black Crazy
  • アバルト 595コンペティツィオーネ スティーレ
  • オーバーヘッドバンドWinterキャンペーン
  • 「OM-D E-M5 Mark III」「PEN E-PL10」
  • CRMU-701