2019年06月24日 10:25

ピニンファリーナのEVハイパーカー『バッティスタ』、アップデート仕様を発表

アウトモビリ・ピニンファリーナは6月20〜23日、イタリアで開催されたトリノモーターショー2019において、EVハイパーカーの『バッティスタ』(Automobili Pininfarina Battista)のアップデート仕様を初公開した。

アウトモビリ・ピニンファリーナは、イタリアのデザイン工房、ピニンファリーナの親会社であるインドの大手自動車メーカーのマヒンドラ&マヒンドラ(マヒンドラ)が立ち上げた新ブランドだ。その最初の市販車が、EVハイパーカーのバッティスタ。バッティスタとは、ピニンファリーナの創設者、バッティスタ・ファリーナ(Battista Farina)氏に敬意を表すネーミングとなる。

◆フロントのデザインを小変更

トリノモーターショー2019では、このバッティスタのアップデート仕様が初公開された。バッティスタは2019年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2019でデビューした。その後、2020年の発売に向けて、開発プログラムに取り組んできた。その成果を反映したのが、トリノモーターショー2019で初公開されたアップデート仕様となる。

アップデート仕様では、フロントのデザインを見直した。フロントバンパーのエアインテークが新デザインになる。アウトモビリ・ピニンファリーナによると、この変更は、空力シミュレーションの結果を反映させたものであり、車体のフロントからリアにかけて、視覚的な連続性を強めるのが狙いという。また、ボディカラーは新たに、ブルーメタリックの「Blu Iconica」をまとう。

◆4モーターは合計で1900hp

バッティスタのEVパワートレインの開発には、リマックアウトモビリ社が参画している。リマックアウトモビリ社は2009年、クロアチアに設立。アウトモビリ・ピニンファリーナとリマックアウトモビリ社は技術提携を締結。リマックの持つバッテリーやモーターなどの電動パワートレインやソフトウェア&ハードウェアを、ピニンファリーナバッティスタに供給する。

バッティスタのEVパワートレインは、4個のモーターを搭載し、合計で最大出力1900hp、最大トルク234.5kgmを引き出す。パワフルなモーターが4輪を駆動し、トルクベクタリング機能を採用。0〜100km/h加速2秒以内、0〜300km/h加速12秒以内の性能を発揮する。ピニンファリーナによると、0〜100km/h加速2秒以内の性能は、現行のF1マシンを凌ぐという。

また、バッティスタは5種類の走行モードが切り替えできる。最高速は350km/hオーバーだ。リチウムイオンバッテリーはセンタートンネルとシート後方に、T字型にレイアウトされ、蓄電容量は120kWh。1回の充電での航続は、およそ450kmの性能を備える。バッテリーは急速充電に対応している。

バッティスタのボディ構造は、フルカーボンファイバー製のモノコックに、カーボンファイバー製ボディパネルを組み合わせる手法で軽量化した。車体の前後はアルミによる構造として、衝突時の衝撃を吸収する。

ブレーキは、カーボンセラミックを使用する。ローター径はフロント、リアともに390mmだ。キャリパーは、フロントが6ピストンとした。リアには、エアブレーキ機能が備わる。タイヤはピレリと共同開発した専用の「P-Zero」で、21インチサイズを装着している。

◆開発プログラムは次の段階へ

バッティスタのインテリアデザインは、エレガントさを追求しながら、ドライバーが運転に集中できるインターフェースを取り入れた。ドライバー正面には、小型ディスプレイモニターがレイアウトされ、重要な情報を表示する。

コンパクトなステアリングホイールの両側には、ドライバーに向けた大型ディスプレイモニターを設置する。左側の画面で車両のダイナミクスとパフォーマンスをコントロールし、右側の画面でメディアとナビゲーションを操作する。ピニンファリーナによると、最小限のボタンとスイッチで、ドライバーが車と対話する方法を直感的に作り出すのが狙いという。

バッティスタは今後、開発プログラムを次の段階へ進める予定だ。シミュレーターを使った走行テスト、風洞実験を経て、元F1ドライバーで開発チーフドライバーのニック・ハイドフェルド氏が、初のサーキットテストを行う、としている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産スカイライン

    日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

    自動車(本体)
    2019.07.16 10:00
  2. 日産スカイライン新型

    【日産 スカイライン 新型】インフィニティ顔を廃止…エンジンはオールV6、ツインターボは400馬力

    自動車(本体)
    2019.07.16 11:11
  3. スバル シフォン

    スバル、新型軽トールワゴン シフォン 発売へ 新スマートアシスト初採用

    自動車(本体)
    2019.07.16 17:20
  4. 日産が9月に発表する新型車のティザーイメージ

    欧州日産、9月に新型車を発表へ…ジューク 次期型か

    自動車(本体)
    2019.07.16 14:15
  5. トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)

    トヨタ ヤリス「GRMN」か?ニュルを駆け抜けるプロトタイプの正体は

    自動車(本体)
    2019.07.16 09:50

総合ニュースランキング

  1. 日産スカイライン

    日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

    自動車(本体)
    2019.07.16 10:00
  2. G-3カラーのスペシャル仕様「ガンダム」、クロスシルエットフレーム付き

    G-3カラーのスペシャル仕様「ガンダム」、クロスシルエットフレーム付き

    プラモデル
    2019.07.16 06:55
  3. 日産スカイライン新型

    【日産 スカイライン 新型】インフィニティ顔を廃止…エンジンはオールV6、ツインターボは400馬力

    自動車(本体)
    2019.07.16 11:11
  4. バンダイ、「デジモンアドベンチャー」究極形態・ウォーグレイモンをプラモ化

    バンダイ、「デジモンアドベンチャー」究極形態・ウォーグレイモンをプラモ化

    プラモデル
    2019.07.16 06:35
  5. ブルースカイ、ガラス越しの撮影時“光の反射”を抑えるレンズフード「ULH」など

    ガラス越しの撮影時に“光の反射”を抑えるシリコン製レンズフード「ULH」など

    その他カメラ関連製品
    2019.07.16 16:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • リコー、タフコンデジ「RICOH G900」発売日と一部仕様変更を発表
  • 「COMPLETE SELECTION MODIFICATION アマゾンズドライバー(CSMアマゾンズドライバー)」
  • バンダイ、変身ベルトを巻き付けて飾れる「ディスプレイ台座 ver.2」
  • シャープ、“おひつのような佇まい”を目指したIH炊飯器「KS-WM10B」
  • 「パープリッシュ」
  • エレコム、厚さ10.5mmまで取り付けられるスマホ用ゲーミンググリップ