2019年06月26日 12:50

【メルセデスベンツ Bクラス 新型】スポーティかつラグジュアリーに変貌

◆よりスポーティで豪華になった新型「Bクラス」

メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジしたマルチパーパスコンパクト、新型『Bクラス』を発表し、6月6日より予約注文の受付を開始した。

新型Bクラスは、先代モデルの広い室内空間と優れたユーティリティーという特徴をさらに強化するとともに、よりスポーティかつラグジュアリーなエクステリアデザインと、高い質感と若々しさを感じさせるインテリアデザインを採用している。

また、メルセデスベンツの新しいマルチメディアシステムである「MBUX(メルセデスベンツ・ユーザーエクスペリエンス)」の搭載のほか、同社フラッグシップモデルである『Sクラス』同等の最新安全運転支援システムを採用した。

◆メルセデスベンツの新しい基本思想に基づいたデザイン

エクステリアデザインは、「Sensual Purity(官能的純粋)」というメルセデスベンツの新しい基本思想に基づく、ラインやエッジを大幅に削減した輪郭を採用。上下方向に細いヘッドライトデザインやボディのたくましいショルダーなどがスポーティさを強調するとともに、リアエンドもワイド&ローな印象を与える2分割型リアコンビネーションランプを採用した。

なお、新型モデルでは空力性能が改善され、Cd値は0.24を達成。また、ルーフラインが低くなったことで前面投影面積が縮小され、クラストップレベルの空力性能を実現している。

インテリアは、新型『Aクラス』の基本的デザインを踏襲。ダッシュボードは、インストゥルメントクラスター上方のカウルを廃止し、ワイドスクリーンディスプレイをダッシュボードの上部に配置。より解放感があり、横方向のワイドさを強調するデザインとなっている。さらに新型Bクラスの特徴として、ダッシュボードの中央部と助手席前部の一部が切り取られているように凹んでいるデザインとなっており、シンプルで室内空間の広さを強調している。

◆AI搭載の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」

新型Bクラスは、人工知能による学習機能を有した対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデスベンツ・ユーザーエクスペリエンス)」を搭載。10.25インチ高精細ワイドスクリーンコックピットとともに、「Hi, Mercedes(ハイ・メルセデス)」で起動する自然対話式音声認識機能を備えたボイスコントロールを採用する。

新型の自然対話式音声認識機能では、目的地入力や電話通話、音楽選択、気象情報など多くのインフォテインメント機能に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な便利機能にも対応。インフォテインメントおよび車両操作関連の自然な言語(「暑い」「寒い」等)を認識、理解する。

また、学習能力も備えており、クラウド上のソフトウェアモデルによって新しい流行語を覚えたり、時代による言葉の用法の変化を学習。さらに、ユーザーに合わせて適応することが可能としている。

なお、MBUXの音声認識機能は、ユーザーによる発言を車載コンピューターとクラウドの両方でデータを評価し、どちらの応答がより確からしいかを判断、数秒以内に反応する。そのため、MBUXはインターネットに接続しない状態でも応答できるシステムとなっている。また、スマートフォンのコネクティビティ関連機能も拡張。Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電する「ワイヤレスチャージング機能」を前席に全車標準装備している。

◆「Sクラス」同等の先進安全技術を設定

新型Bクラスには、Sクラスと同等のシステムをオプションとして設定。歩行者や車両の飛び出しを検知した場合や先行車両や障害物を回避できない場合の自動緊急ブレーキによる被害軽減機能、車線維持機能、斜め後ろの死角の車両との衝突回避を支援する機能などを装備。また、先行車との車間距離のみならず周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を常に監視している。

新型モデルでは、Bクラスとしては初めてステアリングアシストを採用するとともに、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減する。

ほかにも、ドライバーがウインカーを点滅させた場合に車両の有無などを判別し自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」や、走行中にドライバーが気を失うなど万が一の場合に自動的に車線を維持しながら緩やかに減速、停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」が搭載される。

◆「ガソリン」と「ディーゼル」をラインナップ

新型Bクラスには、ガソリンエンジンとクリーンディーゼルエンジンの2種類のパワートレインを設定。ガソリンエンジンを搭載する「B180」には、最高出力136PS、最大トルク200Nmを発生する1.4リットルの「M282」エンジンに、7速デュアルクラッチトランスミッション「7G-DCT」が組み合わされる。

また、クリーンディーゼルエンジンが搭載される「B200d」には、最高出力150PS、最大トルク320Nmを発生させる2リットル直列4気筒クリーンディーゼルターボエンジン「OM654q」と、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「8G-DCT」が組み合わされる。

価格は「B180」が384万円、「B200d」が422万円となり、納車時期は「B180」が今年7月頃、「B200d」は今年10月頃を予定している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 日産スカイライン

    日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

    自動車(本体)
    2019.07.16 10:00
  2. 日産スカイライン新型

    【日産 スカイライン 新型】インフィニティ顔を廃止…エンジンはオールV6、ツインターボは400馬力

    自動車(本体)
    2019.07.16 11:11
  3. スバル シフォン

    スバル、新型軽トールワゴン シフォン 発売へ 新スマートアシスト初採用

    自動車(本体)
    19時間前
  4. 日産が9月に発表する新型車のティザーイメージ

    欧州日産、9月に新型車を発表へ…ジューク 次期型か

    自動車(本体)
    22時間前
  5. トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)

    トヨタ ヤリス「GRMN」か?ニュルを駆け抜けるプロトタイプの正体は

    自動車(本体)
    2019.07.16 09:50

総合ニュースランキング

  1. 日産スカイライン

    日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

    自動車(本体)
    2019.07.16 10:00
  2. G-3カラーのスペシャル仕様「ガンダム」、クロスシルエットフレーム付き

    G-3カラーのスペシャル仕様「ガンダム」、クロスシルエットフレーム付き

    プラモデル
    2019.07.16 06:55
  3. 日産スカイライン新型

    【日産 スカイライン 新型】インフィニティ顔を廃止…エンジンはオールV6、ツインターボは400馬力

    自動車(本体)
    2019.07.16 11:11
  4. バンダイ、「デジモンアドベンチャー」究極形態・ウォーグレイモンをプラモ化

    バンダイ、「デジモンアドベンチャー」究極形態・ウォーグレイモンをプラモ化

    プラモデル
    2019.07.16 06:35
  5. ブルースカイ、ガラス越しの撮影時“光の反射”を抑えるレンズフード「ULH」など

    ガラス越しの撮影時に“光の反射”を抑えるシリコン製レンズフード「ULH」など

    その他カメラ関連製品
    20時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • アイ・オー、スマホ用CDレコーダー「ミクレコ」を9月中旬に販売開始
  • GV-N206SWF2OC-8GD
  • G-3カラーのスペシャル仕様「ガンダム」、クロスシルエットフレーム付き
  • 「パープリッシュ」
  • Einkパネル搭載のAndroidタブレット「BOOX」、タッチペン付き10.3型モデルなど
  • ハクバ、鮮やかなインナーを採用した「プラスシェル シティ04 カメラポーチ M」など