2019年07月16日 10:00

日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載

日産自動車は2019年7月16日、「スカイライン」をマイナーチェンジし、同年9月に発売すると発表した。

今回のマイナーチェンジでは、エクステリアデザインやエンジンラインナップの変更に加え、同一車線内での“ハンズオフ”を実現した運転支援システム「プロパイロット2.0」や「Nissan Connect」サービスを導入するなど、多岐にわたるバージョンアップが行われている。

ラインナップは、搭載パワーユニットの違いによって大きく2つ。従来モデルのキャリーオーバーとなるハイブリッドモデルと、日本初導入となる3リッターV6ターボエンジン搭載モデルに分けられる。駆動方式は、前者にはFRと4WDが、後者にはFRのみがラインナップされている。

手放し運転可能なプロパイロット2.0

市販車では初搭載となるプロパイロット2.0は、既報の通りカーナビのルート案内と連動した高速道路上における高度な運転支援システムだ。ルート走行中の車線変更や分岐での走行を支援する「ナビ連動ルート走行」機能に加え、一定の条件下でハンドルからの手放し運転を可能としている。分岐や出口に近づいたり、前方に車速の遅い車両を検知したりすると、状況に応じて適切なタイミングで車線変更を提案。その際に、ドライバーがハンドルに手を添え提案を承認するスイッチ操作を行うと、車線変更や追い越しの場合は車両が元の車線に戻るまでを自動操舵で実施する。

また、プロパイロット2.0での走行中、前方注意やハンズオンを促す警報にドライバーが反応しなかった場合には、システムが車両を緊急停止させ専門のオペレーターに自動接続する「プロパイロット緊急停止時SOSコール」機能も備わっている。このプロパイロット2.0はハイブリッドモデルにのみ搭載されている。

最高出力405psを誇る新エンジン

いっぽうエンジンでは、最高出力211psを発生するこれまでのダイムラー製2リッター直4ターボに代わり、自社製3リッターV6直噴ツインターボを搭載。小径タービンとコンプレッサーによる新たなターボシステムや水冷式インタークーラー、電動VVT(可変動弁)システム、ミラーボアコーティングシリンダーブロックなどの採用により、最高出力304ps、最大トルク400Nmという実力を誇る。同パワーユニットは日本初導入ではあるが、「US 10 Best Engine」賞を2017年と2018年に2年連続で受けた実績を持つ。

さらにこのパワーユニットには、最高出力を405psに、最大トルクを475Nmに高めたスカイライン史上最強となるハイパフォーマンスバージョンも用意され、その名も「400R」グレードに搭載している。トランスミッションは、ともに7段ATと組み合わせられている。

エクステリアにおいては、これまで日産が北米市場を中心に展開しているインフィニティブランドのミドルサイズセダン「Q50」と同一だったフロントグリルを廃止。他の日産車ラインナップと同様に「Vモーショングリル」と呼ばれるデザインに改められた。フロントグリル中央に備わるエンブレムは、これまでインフィニティのブランドマークだったものが日産のシンボルマークとされ、さらにLEDリアコンビネーションランプは、スカイラインの伝統といえる丸形4灯式をモチーフとしたデザインに変更されている。

ボディーサイズは従来型とさほど変わりはないものの、エクステリアデザインの変更に伴い、全長は5mm短い設定に。全長×全幅×全高=4810×1820×1440(4WD車は1450)mmとなり、ホイールベースはこれまで通り2850mmという数値である。

インテリアデザインは従来型から大きく変更されていないが、プレミアムスポーツセダンとしての機能性と質感をさらに向上しているとアピールされる。ハイブリッドモデル(=プロパイロット2.0搭載車)には、日産車として国内初採用となるカラーヘッドアップディスプレイや7インチの「アドバンスドドライブアシストディスプレイ」などの専用装備も採用されている。

今回導入された最新のNissan Connectには、OTA(Over The Air=無線通信による)自動地図更新機能や、スマートフォンとナビでシームレスに最後まで目的地を案内する「ドアtoドアナビ」、車内Wi-Fi、家族が運転しているクルマのエリア/時刻/上限スピードを設定でき、設定を超えた場合は通知してくれる「ドライブ制限アラート」などの新機能が盛り込まれている。

ラインナップと価格は以下の通り。

【V6ターボモデル】

スカイラインGT:427万4640円

スカイラインGT Type P:455万4360円

スカイラインGT Type SP:481万8960円

スカイライン400R:552万3120円

【ハイブリッドモデル】

スカイラインGT(FR):547万4520円

スカイラインGT Type P(FR):571万1040円

スカイラインGT Type SP(FR):604万8000円

スカイラインGT(4WD):575万4240円

スカイラインGT Type P(4WD):599万0760円

スカイラインGT Type SP(4WD):632万7720円

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

日産

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

日産(nissan)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. サンコー、360度+後方を記録できるドライブレコーダーを19,800円で発売

    360度+後方を記録できるドライブレコーダーに注目集まる

    ドライブレコーダー
    2019.08.23 12:27
  2. 5インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ THCARVR36R

    サンコー、360度+後方を記録できるドライブレコーダーを19,800円で発売

    ドライブレコーダー
    2019.08.20 07:00
  3. 三菱RVR

    三菱がコンパクトSUV「RVR」を改良 「ダイナミックシールド」を用いたフロントフェイスを採用

    自動車(本体)
    2019.08.23 06:51
  4. 光岡 ロックスター

    おもしろレンタカー、光岡ロックスター を導入 料金は6時間1万5700円より

    自動車(本体)
    2019.08.23 15:05
  5. ルノー・トゥインゴ改良新型

    ルノー・ジャポン、改良新型トゥインゴを東京・表参道で一般公開

    自動車(本体)
    2019.08.25 06:47

総合ニュースランキング

  1. IQOS 3

    最大3,000円値下げ、加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」が8/26に価格改定

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.08.22 15:20
  2. TORQUE G04

    au、京セラ製タフネススマホ「TORQUE G04」の発売日を決定

    スマートフォン
    2019.08.25 07:00
  3. サンコー、360度+後方を記録できるドライブレコーダーを19,800円で発売

    360度+後方を記録できるドライブレコーダーに注目集まる

    ドライブレコーダー
    2019.08.23 12:27
  4. RF24-240mm F4-6.3 IS USM

    キヤノン、光学10倍ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」の発売日決定

    レンズ
    2019.08.25 06:55
  5. 5インチ360度ドライブレコーダー&リアカメラ THCARVR36R

    サンコー、360度+後方を記録できるドライブレコーダーを19,800円で発売

    ドライブレコーダー
    2019.08.20 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • OMNI クリエイティブフィルターシステム
  • RF24-240mm F4-6.3 IS USM
  • GALLERIA GCR1650GF
  • OWL-LPB10009
  • PowerPic
  • ダイムラー eカスケーダ