2019年07月19日 10:15

メルセデスベンツ CLAシューティングブレーク 新型、最強の「AMG45」発表…2.0ターボは421馬力

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは7月17日、新型『CLA45 4MATIC+ シューティングブレーク』(Mercedes-AMG CLA 45 4MATIC+ Shooting Brake)を欧州で発表した。

◆量産4気筒エンジンとしては世界で最もパワフル

同車は、新型『CLAシューティングブレーク』の頂点に位置する高性能グレードだ。新開発の2.0リットルターボエンジンを搭載する。メルセデスAMGによると、量産車向けの4気筒エンジンとしては、世界で最もパワフルという。

新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、「M139型」と呼ばれる。排気量は1991cc。新設計のツインスクロールターボチャージャーは、低い回転域での最適なレスポンスと高回転域での高いパワー特性を兼ね備えている。

これに加えて、タービンハウジングを、並行に配された2つの流路に分割し、排気流を別々にタービンに供給することを可能にした。その結果、低いエンジン回転数でも高いトルクが得られ、非常に優れたレスポンスを実現しているという。

また、メルセデスAMG『GT』の4ドアクーペの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン同様、コンプレッサーとタービンのシャフトに、メルセデスAMGの4気筒ターボとして初めて、ローラーベアリング(ころ軸受)を採用した。ローラーベアリングは、ターボチャージャー内の機械的摩擦を最小限に抑える効果を発揮する。これにより、ターボチャージャーはよりスピーディなレスポンスを可能にし、より速く16万9000rpmの最高回転数に到達するという。

M139型では、ターボチャージャーはエンジンとフロントのバルクヘッドの中間にレイアウトされた。メルセデスAMGの「35」シリーズのM260型と比較すると、シリンダーヘッドの向きは180度異なる。メルセデスAMGによると、低いボンネットデザインに配慮したためという。

ターボチャージャーの冷却には、油と水に加えて、空気が使用される。エアディフレクターとして設計されたエンジンカバーとボンネットの下にあるダクトを介して、ラジエータグリルからの風がターボチャージャーに当たるようデザインされた。

◆0〜100km/hを4秒で駆け抜け最高速270km/hに到達

これらの新技術の導入により、新型のM139型直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力387hp/6500rpm、最大トルク48.9kgm/4750〜5000rpmを発生する。トランスミッションは8速デュアルクラッチの「AMGスピードシフトDCT 8G」、駆動方式は4WDの4MATICのAMGパフォーマンス仕様だ。0〜100km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

さらなるパフォーマンスを求める顧客には、「S」バージョンが設定される。ターボのブースト圧は、1.9から2.1に引き上げられた。これにより、M139型直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力421hp/6750rpm、最大トルク51kgm/5000〜5250rpmを獲得する。標準バージョンに対して、パワーは34hp、トルクは2.1kgmの上乗せとなる。0〜100km/h加速は4.0秒、最高速は270km/h(AMGドライバーズパッケージ)の性能を備えている。

◆フロントにパナメリカーナグリルを装着

外観は、フロントにメルセデスAMGの「45」シリーズ専用の「AMGパナメリカーナグリル」を装着した。このグリルは1952年に行われた伝説的レース、「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」において、優勝を果たした「300SL」レーシングカーに由来するものだ。前後バンパーは専用デザインで、フロントリップスポイラーやAMGサイドスカートも装着される。

インテリアは、スポーツシートを装備した。ブラックの人工レザーの「ARTICO」と、マイクロファイバーの「DINAMICA」を組み合わせる。Sバージョンには、赤色のアクセントが各部に配される。

◆AMGダイナミックセレクト搭載

電子制御システムに関しては、「AMGダイナミックセレクト」を搭載する。「Slippery」、「コンフォート」、「スポーツ」、「スポーツ+」、「インディビジュアル」、「レース」の6種類の走行モードを切り替えることにより、エンジンやトランスミッションのレスポンスなどが変化する。Slipperyモードは、滑りやすい路面状況に最適で、フラットなトルクカーブが特長。ギアチェンジはスムーズに、より早いシフトアップが行われる。コンフォートモードは、快適で燃費重視の運転モードだ。サスペンションとステアリングは、快適性を重視した設定となり、エンジンのスタート/ストップシステムも作動する。

スポーツとスポーツ+モードは、エンジンとトランスミッションが、スポーティな味付けに。エンジンサウンドも、刺激的な方向に変化する。エンジンのスタート/ストップシステムは非作動。スポーツ+モードでは、フル加速をサポートするモードだ。シフトダウン時には、レブマッチングが行われる。インディビジュアルモードは、ドライバーの好みに応じて、各セッティングを選択して保存できる。レースはサーキット走行向けのモードになる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデスAMG

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデスAMG(amg)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ヤマハYZF-R1 ABS

    ヤマハが「YZF-R1」の日本導入を発表 200PSのエンジンを搭載した最上級スポーツモデル

    バイク(本体)
    22時間前
  2. アキュラ TLX 新型のティザーイメージ

    アキュラの新型スポーツセダン、NSX と同様のサスペンション技術採用

    自動車(本体)
    2020.05.28 06:25
  3. 日産ルークス

    【日産 ルークス 新型】ドヤ顔ではなく品と凛のあるクルマ…エクステリアデザイナー

    自動車(本体)
    2020.05.27 14:30
  4. ホンダ・フリード モデューロX Honda SENSING

    「ホンダ・フリード モデューロX」の改良モデルが登場 走りを高めた純正コンプリートカー

    自動車(本体)
    2020.05.28 11:45
  5. ホンダ・フリード・モデューロX

    ホンダ フリード モデューロX、「実効空力デバイス」で走りを深化

    自動車(本体)
    23時間前

総合ニュースランキング

  1. 「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]」

    ガンプラ「HG 1/144 RX-78-2 ガンダム[BEYOND GLOBAL]」の発売日決定

    プラモデル
    2020.05.28 07:00
  2. YFD-H40H1

    ヤマダ電機、税別1,780円の羽なしハンディ扇風機「YFD-H40H1」など

    扇風機・サーキュレーター
    2020.05.28 12:30
  3. 「ROBOT魂 <SIDE EVA> エヴァンゲリオン初号機-新劇場版-」

    新規造形「ROBOT魂 エヴァンゲリオン初号機-新劇場版-」の発売日が決定

    フィギュア
    2020.05.27 07:05
  4. 「Xperia 1 II SO-51A」

    ドコモ、5Gスマホ「Xperia 1 II SO-51A」を6月以降発売に延期

    スマートフォン
    2020.05.28 12:15
  5. 「MG 1/100 ガンダムキュリオス」

    「機動戦士ガンダム00」ガンダムキュリオスのMGガンプラ発売日決定

    プラモデル
    2020.05.28 06:50

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ASUS VivoBook 15
  • AC200シリーズ(2020年モデル)
  • ホンダ N-ONE 新型の予想CG
  • HD PENTAX-D FA★85mmF1.4ED SDM AW