2019年08月06日 06:35

アウディ e-tron にベースモデル、航続300km…2020年に欧州発売へ

アウディ(Audi)はブランド初の市販EV、アウディ『e-tron』(Audi e-tron)に2020年初頭、欧州で新グレードを設定すると発表した。

アウディe-tronは、アウディのラグジュアリーモデルと同等のスペースと快適性を備えた電動SUVだ。5名の乗員とその荷物を積載することができる。長距離ドライブに対応する航続と、幅広い充電方法を用意する実用性の高いEVとなる。

現在欧州で販売されている「55クワトロ」グレードの場合、バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は95kWhと大容量だ。この効果もあり、1回の充電での航続は、欧州仕様の場合、最大で400km以上(WLTP計測モード)の性能を備える。またe-tronは、最大150kWの出力で急速充電を行うことが可能。これにより、およそ30分で充電を行える。

モーターは前後に2個搭載され、最大出力360hp、最大トルク57.2kgmを発生する。最高速はリミッターにより、200km/hに抑えられる。また、ブーストモードを採用。これはSモードでアクセルをフルに踏み込んだ際、最大8秒間、モーターのパワーを引き上げることが可能なもの。この時、最大出力は408hp、最大トルクは67.7kgmに向上する。この効果で、0〜100km/h加速は5.7秒の性能を実現する。

◆ツインモーターは最大出力313hp

これに対して、2020年初頭に欧州で設定される新グレードが、「50クワトロ」だ。ベースグレードの役割を担う。前後に2個搭載されるモーターは、最大出力が313hp、最大トルクが55.1kgmに抑えられる。0〜100km/h加速は7秒で、最高速はリミッターにより、190km/hに制限される。

リチウムイオンバッテリーは、蓄電容量が71kWh仕様を搭載する。1回の充電での航続は、最大で300km(WLTP計測モード)の性能を備える。最大120kWの出力で急速充電を行うことができ、バッテリーの8割の容量を、およそ30分で充電できる。

駆動方式は、電動4WDの「クワトロ」だ。この電動4輪駆動システムは、あらゆる地形と天候状況で優れたトラクションとハンドリングを追求する。システムは、2つのアクスル間で駆動トルクの配分を連続的かつ瞬時に可変制御する。ほとんどの場合、主にリア側の電気モーターを使用する。滑りやすい路面や高速コーナリング中にスリップが発生する前、または車両がアンダーステアやオーバーステアの状態になる前に、フロントアクスルにトルクを伝える。

◆豊富な充電オプション

アウディ独自の充電サービスにより、欧州の公共充電スタンドの約80%において、簡単な手順で充電することができる。アウディの充電サービスに対応したカードがあれば、AC充電やDC充電を問わず、すぐに充電を開始することができる。

自宅で充電するために、さまざまな方法が用意される。標準のモバイル充電システムは、230Vの家庭用コンセントまたは400Vの3相コンセントのいずれかで使用できる。オプションのコネクト充電システムを使用すると、充電出力を2倍の22kWにすることが可能だ。家庭のエネルギー管理システムと組み合わせることにより、電気料金が安い時間帯に充電したり、自宅に太陽光発電システムが設置されている場合は太陽光で充電するなど、インテリジェントな機能が利用できる。「myAudi」アプリを使用することにより、スマートフォン経由で、充電プロセスやエアコンを制御することも可能だ。

◆効率アシストが車両を予測的に加減速

標準装備される「効率アシスト」を含め、数多くのアシスタントシステムを採用する。「アウディ バーチャルコックピット」に表示される走行に関する予測的なヒントと自動回生機能が、経済的な走行を支援する。システムは、レーダーセンサー、カメラ画像、ナビゲーションデータ、Car-to-X情報を活用し、交通環境とルートの状況を検出する。効率アシストは、アダプティブクルーズアシストと組み合わせることによって、車両を予測的に減速、加速させることも可能だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スバル・アウトバック と レガシィ 新型に搭載されるTomTomのナビゲーション(米国仕様)

    スバル アウトバック と レガシィ 新型、TomTomのナビゲーション搭載

    カーナビ
    2020.01.21 06:01
  2. 本田技術研究所四輪R&Dセンター第10技術開発室技術企画ブロック主任研究員の松井充さん

    ホンダ シビック、熟成のマイナーチェンジ…東京オートサロン2020[インタビュー]

    自動車(本体)
    2020.01.21 06:30
  3. トヨタ・スープラ 新型の2.0リットル搭載車の欧州発売記念限定モデル「富士スピードウェイ・エディション」

    トヨタ スープラ 新型に2.0直4ターボ「富士スピードウェイ」仕様

    自動車(本体)
    2020.01.20 06:35
  4. スバルの新型電気自動車のデザインスタディーモデル。

    スバルが新型EVのコンセプトモデルを発表 トヨタと共同開発を進める電動SUV

    自動車(本体)
    2020.01.21 11:30
  5. ホンダ・フィット

    ホンダが新型「フィット」を2月14日に発売

    自動車(本体)
    2020.01.19 06:40

総合ニュースランキング

  1. 1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ

    タミヤ、1986年7月発売の「1/24 トヨタ スープラ 3.0GT ターボ」を復刻

    模型
    2020.01.20 06:00
  2. 「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(公式ホームページより)

    「実物大18mの動くガンダム」が横浜に登場、オリジナルガンプラ販売も

    プラモデル
    2020.01.20 17:40
  3. 「モバイル PASMO」

    ついに「モバイル PASMO」が2020年春サービス開始、Androidが対象

    スマートフォン
    21時間前
  4. NEC、900g台の12.5型モバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」2020年春モデル

    ノートパソコン
    2020.01.21 11:52
  5. 影スッキリフラッシュ SSLRSRSB

    1,980円、折りたたみ式のストロボディフューザー「影スッキリフラッシュ」

    その他カメラ関連製品
    2020.01.21 07:00

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • BMW M4 GT3 次期型のイメージスケッチ
  • iPhone XS/X専用 LAURO ラウロ本革窓付きダイアリーケース
  • BMB-MR3
  • GM-NSLN01BK
  • ホーネットカーセキュリティ連動型ドライブレコーダー「HSDR300-701」