2019年08月25日 06:40

ポルシェ初のEV『タイカン』、インテリアを先行公開…9月4日発表予定

ポルシェは8月23日、9月4日にワールドプレミアする予定のポルシェ初のフル電動スポーツカー、『タイカン』(Porsche Taycan)のインテリアを先行公開した。

◆フルデジタルコクピット

タイカンのメータークラスターは、大型の16.8インチ曲面スクリーンで構成されている。カウルは省略されており、高品質のスマートフォンやタブレットのような、スリムでモダンなデザインを追求する。表面にはガラスを使用し、蒸着された偏光フィルターによって、反射を防ぐ。

ドライバーは、メーターパネルの表示モードを4種類から選択できる。「クラシックモード (パワーメーター)」は、ポルシェ特有の円形の表示モードだ。このモードでは、情報を明確に、読みやすく表示する。ポルシェ車で一般的なエンジン回転計は、タイカンではパワーメーターに置き換えられる。

「マップモード」は、中央のパワーメーターをナビゲーションの地図表示に置き換える。「フルマップモード」では、ディスプレイ全体にナビゲーションシステムの地図が表示される。「ピュアモード」では、速度、交通標識、矢印のみを使用したナビゲーションなど、重要なドライブ情報だけが表示される。

◆助手席正面にもタッチディスプレイを装備可能

ステアリングホイールは2種類を用意した。ポルシェの伝統に従い、電源ボタンはステアリングホイールの左側に配置される。オプションの「GTスポーツステアリングホイール」には、さまざまな運転モードを選択するための「ポルシェラウンドモードスイッチ」が備わる。

ダッシュボードは、インテリアの横幅全体に広がる。 中央には、10.9インチのインフォテインメントディスプレイを配置した。オプションで、助手席正面のタッチディスプレイが選択できる。

タイカンのインストルメントパネルには、従来のセレクターレバーに代えて、コンパクトなセレクタースイッチを配置した。これにより、センターコンソールの見た目がスマートになると同時に、収納スペースが拡大する。空調は、デジタルと完全自動の両方で制御される。オプションの4ゾーン自動空調制御システムを装備した場合、触覚フィードバックを備えた5.9インチタッチコントロールパネルにより、空調システムを後席から操作できる。

◆「ハイ、ポルシェ」で音声コントロールが起動

すべてのユーザーインターフェイスは、タイカン用に新設計された。スイッチやボタンなど、従来のハードウェアコントロールの数は大幅に削減されている。代わりに、タッチ操作や「ハイ、ポルシェ」の呼びかけに応答する音声コントロール機能が採用された。

「ポルシェ・アクティブ・スタビリティ・マネジメント(PASM)」などは、中央の画面で簡単にセットアップできる。ドライバーは、カスタマイズ可能なホーム画面を通じて、すべてのアプリに素早くアクセスできる。アプリには、ナビゲーション、電話、メディア、「ポルシェコネクト」が含まれる。 最適化された音声制御により、ドライバーは必要な機能にさらに速くアクセスできる。

センターコンソールには、触覚フィードバックを備えた8.4インチの大型タッチパネルを装備する。これにより、空調などの設定が行える。手書き認識機能も導入されており、迅速な住所入力などを可能にしている。

◆新素材と豊富なカスタマイズを導入

タイカンには幅広いパーソナライズオプションと革新的なマテリアルコンセプトを導入する。その一例が、クラシックレザーと、なめしプロセスでオリーブの葉を使用した、なめしクラブレザー「OLEA」だ。 革の自然な品質は、特別なクラウドプリントによって強調される。

また、革を使わないインテリアも用意される。これは、「レーステックス」素材を使用したもの。リサイクルポリエステル繊維を部分的にあしらったマイクロファイバー素材だ。ポルシェによると、生産工程では、従来の素材よりもCO2排出量を80%抑えられるという。 フロアの素材には、リサイクル繊維「エコニル」を用いた。これは、リサイクル漁網などから作られたものだ。

内装色には、タイカン専用として、ブラックライムベージュ、ブラックベリー、アタカマベージュ、メランティブラウンを設定した。オプションの「インテリアアクセントパッケージ」では、シャンパントーンのマットブラック、ダークシルバー、ネオダイムが選択できる。ドアとセンターコンソールには、ウッドトリム、マットカーボン、エンボス加工されたアルミ、ファブリックが装着可能だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ポルシェ

ポルシェ(porsche)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダ車で楽しむカーオーディオ!プロショップが製作した実例3台レポート

    マツダ車で楽しむカーオーディオ! プロショップが製作した実例3台レポート

    自動車(本体)
    2020.08.14 10:00
  2. 千葉県にアジア初の会員制ドライビングクラブがオープン

    千葉県にアジア初の会員制ドライビングクラブがオープン

    自動車(本体)
    2020.08.14 06:30
  3. BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    BMW 2シリーズクーペ 次期型、デジタルコックピットの姿を激写!

    自動車(本体)
    2020.08.14 11:30
  4. marumie Q-30R

    ユピテル、360度フロントカメラを備えた2カメラドラレコ「marumie Q-30R」

    ドライブレコーダー
    2020.08.11 13:30
  5. セルスター CS-32FH

    セルスター、2.4インチワイド液晶搭載の2カメラドラレコを発売

    ドライブレコーダー
    2020.08.13 06:30

総合ニュースランキング

  1. Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表

    約77万円で未来がやってくる? Xiaomiが“透明OLED”テレビを発表

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.08.14 12:15
  2. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    Nintendo TOKYO、「Switch あつまれ どうぶつの森セット」のWEB抽選予約を開始

    ゲーム機本体
    2020.08.11 12:34
  3. ハイブリッドネッククーラー2020モデル

    GLOBAL・DC、髪の毛巻き込み防止機能付き「ハイブリッドネッククーラー2020モデル」

    扇風機・サーキュレーター
    2020.08.14 06:22
  4. G.E.M.シリーズ BLEACH 四楓院夜一 破面篇

    メガハウス、「BLEACH 破面篇」の四楓院夜一を全高200mmで立体化

    フィギュア
    2020.08.14 12:25
  5. 「Surface Duo」

    マイクロソフト、2画面Androidデバイス「Surface Duo」を米国で9/10発売

    タブレットPC
    2020.08.13 10:50

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「AMC ヘドラ BLAZE Ver.」
  • コードレス極軽(ゴクカル)ハンディクリーナー ストロング CM-DC96
  • Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表
  • ビートルズ公式iPhoneケース(iPhone 11対応モデル)
  • SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN Art SONY Eマウント/LEICA Lマウント 専用