2019年08月28日 06:17

【メルセデスベンツ CLA 新型】上野社長「初代の特徴にさらに磨きをかけた」

メルセデス・ベンツ日本は8月27日、全面改良した新型『CLA』(Mercedes-Benz CLA)および『CLAシューティングブレーク』(Mercedes-Benz CLA Shooting Brake)の予約注文の受付を開始した。価格は472万〜544万円で、納車はCLAが10月頃、シューティングブレークが12月頃を予定しているという。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日、都内で開いた発表会で「新型CLA、そしてシューティングブレークは初のフルモデルチェンジとなる。初代は4ドアクーペを2013年、スタイリッシュなステーションワゴンスタイルのシューティングブレークを2014年に発表。デザインを最優先させ、美しいルーフラインとなだらかに下降するドロッピングラインにより表現される躍動感が、スタイリッシュなデザインを重視するお客様に人気を博した。新型は初代の特徴にさらに磨きをかけた我々の自信作となっている。ボディスタイルやディテールなど、とにかくスタイリングにこだわったモデルに仕上がっている」と紹介した。

そのデザインに関してメルセデス・ベンツ日本で商品企画を担当する営業企画部商品企画2課の中山怜氏は「前傾するフロントエンドはサメの尖った鼻先を思わせるデザインで、実際よりもボンネットが長く見え、シャープさが強調されている。サイドビューは長く低く構えたボンネットと高いウエストライン、なだらかな流線型のルーフラインと、そしてこれらにより創出される細いサイドウィンドウにより、エレガントかつスポーティーなクーペスタイルを演出している。またメルセデスメンツのクーペモデルに共通するサッシュレスウィンドウを採用している」と説明。

また「ヘッドライトは上下方向に細いデザインを採用し、ワイドな印象を与えるとともに、先代のヘッドライトから引き継いだ外側が膨らむ独特なデザインがCLAの継続性を表現している」とも。

さらに「ワイドアンドローかつスポーティなデザインは外観だけではなく、空力性能の改善にも貢献しており、Cd値は0.23を達成し、クラストプレベルの空力性能を実現。またデザインを追求する一方でボディが拡大したことにより、室内空間のゆとりも改善され、先代モデルと比較して前席の室内幅は35mm、後席の室内幅は44mm、前席のヘッドルームも17mm拡大され、クーペスタイルでありながら快適な室内空間が実現した」と述べた。

このほか先代との違いでは「トレッドがフロントで63mm、リアも55mm拡大。(前輪駆動プラットフォームの第2世代)MFA2を採用する全モデルの中で最も広いトレッドを確保している。またスタビライザーはロールを抑制すべく直径が拡大されている。これにより俊敏でスポーティーなドライビング特性となっている」という。

日本に導入される新型CLAのパワートレインは2種類でいずれも2リットル直列4気筒のクリーンディーゼルターボとガソリンターボとなっている。このうちクリーンディーゼルは「最高出力150馬力、最大トルク320Nmと、コンパクトなボディを力強く加速させる性能を有しながら、低振動で高い静粛性を両立させている。またCクラスやEクラスで採用されている排出ガス浄化システムに加え、床下にもう一つSCR触媒を追加し、さらにアンモニアの排出を防止するアンモニアスリップ触媒を備えることで乗用車では他に類をみない最先端の排出ガス浄化システムとなっている」と中山氏は解説。

一方のガソリンターボは「最高出力224馬力、最大トルク350Nmを発生し、俊敏な加速を実現する。このエンジンに組み合わされる可変トルク配分型の四輪駆動システムはあらゆる路面状況において常に最適なトラクションを発揮する。通常はほぼ100%前輪駆動で走行し、状況に応じて効率的に後輪にトルクを配分する。オフロードや雪道などでは瞬時に適切なトルク配分を行う。オンロードでもコーナリング時に積極的に後輪にトルクを配分し、結果すべての路面で俊敏なハンドリングと高い安定性を実現する」とのことだ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ヤマハ XMAX

    【ヤマハ XMAX 試乗】人気の軽二輪スクーター、でも「やっぱり250!」と思わせる理由

    バイク(本体)
    2020.07.03 06:15
  2. スズキ・アクロス

    スズキの新型SUV『アクロス』、トヨタ RAV4 PHV ベースのOEM

    自動車(本体)
    2020.07.02 11:00
  3. プジョー208(写真は欧州仕様車)

    新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売

    自動車(本体)
    2020.07.03 06:25
  4. 日産アリア・コンセプト(東京モーターショー2019)

    日産 アリア、7月15日デビューが決定…新型EVクロスオーバー

    自動車(本体)
    2020.06.30 10:00
  5. フォード・マスタング・マッハE

    フォード マスタング のEV『マッハE』、モーターパワーは346hpに確定…米国受注を開始

    自動車(本体)
    2020.07.03 11:00

総合ニュースランキング

  1. Carrime PCA10XS-W

    ダイキン、持ち運びできるヒートポンプ式ポータブルエアコン「Carrime」

    エアコン・クーラー
    2020.07.02 06:55
  2. “持ち運べるエアコン”に流行の兆し? 大手メーカーのポータブルエアコンが話題に

    “持ち運べるエアコン”に流行の兆し? 大手メーカーのポータブルエアコンが話題に

    エアコン・クーラー
    2020.07.03 13:40
  3. 「運べるスポットクーラー ワイルドクーラー」

    サンコー、持ち運べるポータブルクーラー「ワイルドクーラー」の予約販売開始

    エアコン・クーラー
    2020.07.03 10:50
  4. 「HG 1/144 シャア専用ザクII」

    「機動戦士ガンダム」シャア専用ザクIIの新規造形HGガンプラ、発売日が決定

    プラモデル
    2020.07.03 06:40
  5. ポータブルクーラー IPC-221N

    アイリスオーヤマ、取り付け工事不要の「ポータブルクーラー」

    エアコン・クーラー
    2020.06.30 07:05

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • プジョー208(写真は欧州仕様車)
  • Alpha-15-A3DC-242JP
  • 「Galaxy A41」
  • ポケモンプラモコレクション 46 セレクトシリーズ レックウザ
  • OWL-BTKB6501