2019年08月29日 17:03

メルセデスベンツ GLE クーペ 新型に「AMG53」、高性能48Vマイルドハイブリッド

メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは8月28日、新型メルセデスベンツ『GLEクーペ』の高性能マイルドハイブリッド車、メルセデスAMG『GLE 53 4MATIC+クーペ』(Mercedes-AMG GLE 53 4MATIC+ Coupe)を欧州で発表した。

◆「63」の下に位置するメルセデスAMGの新シリーズ

メルセデスAMGは、上級車種を中心に、「43」と「63」シリーズを展開している。GLE 53 4MATIC+クーペは、43と63の間に位置する「53」シリーズの最新モデルとなる。最高峰の63シリーズとの違いは、パワートレインがマイルドハイブリッドという点だ。

53シリーズは、直列6気筒ガソリンターボエンジン、「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システム、電動スーパーチャージャーを組み合わせる。加速時には、モーターによる駆動アシストや電動スーパーチャージャーによる過給を行い、変速を素早く行うためにモーターを制御するなど、電気システムをハイパフォーマンスモデルのさらなる性能向上に積極的に利用する。直列6気筒エンジンとこれらの新システムの組み合わせにより、大排気量の自然吸気エンジンのようなスムーズでリニアな加速感や、高回転域までの伸びやかな回転フィールを楽しむことができるという。

ISGは、エンジンと9速ATの「9Gトロニック」の間に配置された電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねている。このモーターと48V電気システムにより、従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、リチウムイオンバッテリーに畜電する。エンジンが低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と、力強い加速を実現した。48Vまで高められた電気システムにより、動力のアシストに充分な出力を得ることができる一方、60Vを下回る電圧としたことで、専用の乗員保護機構は不要となる。

また、スターターを従来よりも高出力な電気モーターとすることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジン始動やアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上させた。アイドリング時には、電気モーターの充電電流を調整することで、エンジン回転数を低回転で安定的に保つことを可能にし、効率性、快適性および静粛性に貢献する。

さらに、このモーターはシフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行う。これにより、シフトチェンジに必要な時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを可能にした。

◆435hpの直6ターボ+電動スーパーチャージャー

直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力435hp/6100rpm、最大トルク53kgm/1800〜5800rpmを発生する。ブースト時には、モーターが最大で22hpのパワーと25.5kgmのトルクを瞬時に引き出し、加速時などにエンジンをアシストする。可変トルク配分を行うパフォーマンス志向の四輪駆動システム、「AMG 4MATIC+」を採用した。動力性能は、0〜100km/h加速が5.3秒、最高速が250km/h(リミッター作動)だ。

このマイルドハイブリッドシステムを搭載するGLE 53 4MATIC+クーペは、NEDC(新欧州サイクル)計測による欧州複合モード燃費が10.75km/リットル、CO2排出量が212g/kmと公表されている。

◆AMGパナメリカーナグリル装着

ベース車両の新型メルセデスベンツGLEクーペとの外観の大きな違いは、フロントに装着される「AMGパナメリカーナグリル」だ。AMGパナメリカーナグリルは、1952年に行われた伝説的レース、「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」において、優勝を果たした『300SL』のレーシングカーに由来するもの。縦基調のグリルデザインが特長だ。この他、内外装にはメルセデスAMGらしいスポーティな演出が施されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデスAMG

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデスAMG(amg)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課係長の長田宏明さん

    楽しくなるアイコンは残した、スズキ ハスラー コンセプト…[デザイナーインタビュー]

    自動車(本体)
    2019.11.11 06:06
  2. 三菱 スーパーハイト軽ワゴン

    いよいよダイナミックシールドを採用、三菱のスーパーハイト軽ワゴン

    自動車(本体)
    2019.11.11 12:30
  3. スズキ カタナ 新型

    【浦島ライダーの2輪体験記】新型スズキ カタナ、なかなか高級なバイクです

    バイク(本体)
    2019.11.11 10:10
  4. 「ダイハツ・タント」(写真左)と「タントカスタム」。

    2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベスト」が決定

    自動車(本体)
    2019.11.07 19:00
  5. SUBARU商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢さん(右)と商品企画本部デザイン部主査の中村真一さん(左)

    継承と超革新を同時に、スバル レヴォーグ コンセプト

    自動車(本体)
    2019.11.11 11:50

総合ニュースランキング

  1. スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課係長の長田宏明さん

    楽しくなるアイコンは残した、スズキ ハスラー コンセプト…[デザイナーインタビュー]

    自動車(本体)
    2019.11.11 06:06
  2. OPKIX ONE

    重さ12gのウェアラブルカメラ「OPKIX ONE」発売、カメラ2台に充電ケースが付属

    ビデオカメラ
    2019.11.11 12:00
  3. MG 1/100 ガンダムベース限定 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 [ガンダムベースカラー]

    バンダイ、ガンプラ「MG RX-78-2 ガンダムVer.3.0 ガンダムベースカラー」限定発売

    プラモデル
    2019.11.11 12:38
  4. EVANGELION EVOLUTION EV-007S エヴァンゲリオン 第13号機 新パッケージ版

    海洋堂、「リボルテック ヱヴァンゲリヲン」に新パッケージ版5種

    フィギュア
    2019.11.10 07:05
  5. 三菱 スーパーハイト軽ワゴン

    いよいよダイナミックシールドを採用、三菱のスーパーハイト軽ワゴン

    自動車(本体)
    2019.11.11 12:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ヤマハ発動機ブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • らくらくホン F-01M
  • 「Steel HR」のプレミアムモデル
  • AX-HX205
  • VLS-8800FX