2019年09月10日 10:45

メルセデスベンツ Bクラス 新型にPHV、燃費71.4km/リットル…フランクフルトモーターショー2019で発表へ

メルセデスベンツは、9月10日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、新型『Bクラス』(Mercedes-Benz B Class)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「B250e」を初公開すると発表した。

メルセデスベンツは現在、『Sクラス』、『Eクラス』、『GLCクラス』などに、PHVを設定している。「S560e」、「E350e」、「GLC350e」と、電動車であることを示す「e」が、グレード名に冠される。また、新型BクラスのPHVは、メルセデスベンツブランドの新世代PHVシリーズとして、新たに立ち上げられた「EQ Power」(EQパワー)車として展開される。B250eは、Bクラス初のPHVだ。

◆EVモードは最大77km

PHVパワートレインは、エンジンが直噴1.3リットル(1332cc)の直列4気筒ガソリンターボで、最大出力160hp/5500rpm、最大トルク25.5kgm/1620rpmを発生する。モーターは最大出力102hp、最大トルク30.6kgmを引き出す。PHVシステム全体で、218hpのパワーと45.9kgmのトルクを獲得する。動力性能は、0〜100km/h加速が6.8秒、最高速は235km/hに到達する。

バッテリー(二次電池)は、蓄電容量15.6kWhのリチウムイオンだ。ダイムラーの子会社のDeutsche ACCUMOTIVE製となり、水冷式で、重量はおよそ150kg。EVモードでは、最大77km(NEDC新欧州サイクル)をゼロエミッション走行できる。EVモード時の最高速は140km/hとした。欧州複合モード燃費は71.4km/リットル、CO2排出量は32g/kmと、高い環境性能を備えている。

バッテリーの充電は、出力7.4kWの交流(AC)ウォールボックスを利用して、およそ1時間45分。直流(DC)の場合、バッテリーの8割の容量を、およそ25分で充電できる。

メルセデスベンツ車で初めて、エンジンは電気モーターで始動する。このため、新型BクラスのPHVには、12ボルトのスターターは装備されていない。

◆電動車専用のコネクトシステム

新型Bクラスは、「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を搭載している。「Mercedes me Charge」は、ドライブ途中での充電に役立つ。これは、MBUXインフォテインメントシステムが、充電ステーションを見つけるのを支援するものだ。 MBUXシステムは、自然な音声を理解する。ドライバーが、「ハイ、メルセデス。近くの充電ステーションを見つけて」と言うだけで、最寄りの充電ステーションの検索を開始する。

新型BクラスのPHVでは、ナビゲーションシステムのデータ、速度規制、走行する道路を考慮したインテリジェントなルート案内が可能だ。計画されたルート全体を考慮し、電動での走行モードを優先してくれる。

◆回生ブレーキは5段階

新型BクラスのPHVでは、MBUXを活用した新しいドライブプログラム、「エレクトリック」と「バッテリーレベル」が利用できる。エレクトリックプログラムでは、最大のeパフォーマンスが体験することが可能。エンジンは、ドライバーがアクセルペダルを深く踏み込んだ場合にのみ、作動する。

また、エレクトリックプログラムでは、ステアリングホイールの奥に装備されるパドルを使用して、回生ブレーキの強弱レベルを選択することができる。ステアリングホイールのパドルを操作することにより、5段階の回生ブレーキのレベル(DAUTO、D+、D、D-、D--)が切り替えられる。

走行モードは、コンフォート、ECO、スポーツの3種類のモードが選択できる。ドライバーはEVモードでの走行を優先したり、ドライビングダイナミクスに重点を置いたり、EVモードでの航続を延ばす目的で、エンジンによる駆動を優先したりすることができる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課係長の長田宏明さん

    楽しくなるアイコンは残した、スズキ ハスラー コンセプト…[デザイナーインタビュー]

    自動車(本体)
    2019.11.11 06:06
  2. 三菱 スーパーハイト軽ワゴン

    いよいよダイナミックシールドを採用、三菱のスーパーハイト軽ワゴン

    自動車(本体)
    2019.11.11 12:30
  3. スズキ カタナ 新型

    【浦島ライダーの2輪体験記】新型スズキ カタナ、なかなか高級なバイクです

    バイク(本体)
    2019.11.11 10:10
  4. 「ダイハツ・タント」(写真左)と「タントカスタム」。

    2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベスト」が決定

    自動車(本体)
    2019.11.07 19:00
  5. SUBARU商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャーの五島賢さん(右)と商品企画本部デザイン部主査の中村真一さん(左)

    継承と超革新を同時に、スバル レヴォーグ コンセプト

    自動車(本体)
    2019.11.11 11:50

総合ニュースランキング

  1. スズキ四輪商品・原価企画本部四輪デザイン部エクステリア課係長の長田宏明さん

    楽しくなるアイコンは残した、スズキ ハスラー コンセプト…[デザイナーインタビュー]

    自動車(本体)
    2019.11.11 06:06
  2. OPKIX ONE

    重さ12gのウェアラブルカメラ「OPKIX ONE」発売、カメラ2台に充電ケースが付属

    ビデオカメラ
    2019.11.11 12:00
  3. MG 1/100 ガンダムベース限定 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 [ガンダムベースカラー]

    バンダイ、ガンプラ「MG RX-78-2 ガンダムVer.3.0 ガンダムベースカラー」限定発売

    プラモデル
    2019.11.11 12:38
  4. EVANGELION EVOLUTION EV-007S エヴァンゲリオン 第13号機 新パッケージ版

    海洋堂、「リボルテック ヱヴァンゲリヲン」に新パッケージ版5種

    フィギュア
    2019.11.10 07:05
  5. 三菱 スーパーハイト軽ワゴン

    いよいよダイナミックシールドを採用、三菱のスーパーハイト軽ワゴン

    自動車(本体)
    2019.11.11 12:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • RG 1/144 ガンダムベース限定 ダブルオークアンタフルセイバー[トランザムクリア]
  • QT90 Silent
  • らくらくホン F-01M
  • VAIO S15
  • 「Steel HR」のプレミアムモデル