2019年09月12日 06:50

ポルシェ 911 新型に「カレラ4」、4WDのベースグレード

ポルシェは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、新型『911』(Porsche 911)シリーズの新たな4WDモデル、新型『911カレラ4クーペ』、新型『911カレラ4カブリオレ』を初公開した。

両モデルは、新型『911カレラ4Sクーペ』、新型『911カレラ4Sカブリオレ』の下に位置する新型911シリーズの4WDのベースグレードとなる。

新型911カレラ4クーペと新型911カレラ4カブリオレには、3.0リットル(2981cc)水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。インジェクションプロセスの改善、ターボチャージャーの新しいレイアウト、給気冷却システムによって駆動効率を向上させた新世代エンジンだ。8速デュアルクラッチトランスミッション「PDK」が、パワーを路面に伝える。

◆0〜100km/h加速は4秒

3.0リットル水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンは、先代を15ps上回り、最大出力385ps/6500rpmを発生する。最大トルクは45.9kgm/1950〜5000rpmだ。新型911カレラ4クーペの場合、動力性能は0〜100km/h加速が4.2秒、最高速が291km/h。オプションのスポーツクロノパッケージ仕様車では、0〜100km/h加速は0.2秒短縮され、4秒で駆け抜ける。新型911カレラ4カブリオレでは、0〜100km/h加速が4.4秒、最高速は289km/hとなる。

新型『911カレラ4S』と同様に、新型『911カレラ4』はフロントアクスルを駆動することで、より高いパフォーマンスを発揮する。クラッチとデファレンシャルギアは水冷式となり、さらなる耐久性と高い負荷容量を実現した。これにより、クラッチに掛かるトルクの微調整が可能となり、フロントアクスルのパフォーマンスが向上している。強化されたフロントアクスルと「ポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)」が雪道だけでなく、通常と乾いた路面と濡れた路面でもさらなるトラクションを確保する。

「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント(PASM)」を装備する。可変式電子制御ダンパーは、ノーマルとスポーツの2つのモードが選べる。完全可変式の電子制御リミテッドスリップデフギア、「ポルシェ・トルク・ベクタリング(PTV)」もオプションで装着可能だ。フロントは235/40ZR19サイズ、リアは295/35ZR20サイズを標準装備する。カレラ4Sのフロント20インチ、リア21インチはオプションだ。

◆ウェットモード標準装備

濡れた路面での安全走行を支援する「ウェットモード」を標準装備する。この機能は路面の水を検知し、それに基づいてコントロールシステムを調整してドライバーに知らせる。ドライバーは、スイッチを押すか、またはステアリングホイールのモードスイッチ(スポーツクロノ パッケージ仕様)を使用して、安全性を重視する設定に切り替えることができる。ブレーキは、4ピストンのモノブロックキャリパー仕様だ。「ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)」はオプションになる。

外観は、911のアイデンティティを受け継ぎつつ、優れた性能を強調するデザインとした。左右1本出しの四角いエギゾーストテールパイプは、専用デザインとなる。オプションの「スポーツエギゾーストシステム」では、楕円形のテールパイプが2本備わる。

◆センタースクリーンは10.9インチ

インテリアは、ダッシュボードにメーターを埋め込み、クリアで直線的なラインによって、1970年代の911を連想させるデザインとした。中央のレブカウンターの横に位置する2つの薄型ディスプレイが、ドライバーに必要な情報を表示する。

「ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント(PCM)」の10.9インチセンタースクリーンは、スピーディに操作することが可能だ。スクリーンの下の5個のスイッチを備えたコンパクトなユニットによって、重要な車両機能に直接アクセスすることができる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ポルシェ

ポルシェ(porsche)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. トヨタ ハリアー 新型 予想CG

    都会派SUVの元祖、トヨタ ハリアー が7年ぶりモデルチェンジへ…3列7人乗りも登場か

    自動車(本体)
    2019.09.19 10:10
  2. ヒーテッドウォッシャー使用イメージ(使用前/左)

    【トヨタ カローラ 新型】世界初の貯湯式「ヒーテッドウォッシャー」を採用

    自動車(本体)
    2019.09.19 06:58
  3. 新型カローラのコネクテッド機能

    【トヨタ カローラ 新型】今後のトヨタ車はディスプレイオーディオが基本?…コネクテッド機能

    自動車(本体)
    2019.09.18 13:30
  4. 三菱自動車が東京モーターショーで発表するコンセプトカーの画像。

    三菱が小型SUVのコンセプトモデルを発表【東京モーターショー2019】

    自動車(本体)
    2019.09.19 06:46
  5. 新型トヨタ・カローラ(セダン)

    【トヨタ カローラ 新型】MEGA WEB、特別展示・試乗を開催 9月18日-10月14日

    自動車(本体)
    2019.09.19 07:15

総合ニュースランキング

  1. トヨタ ハリアー 新型 予想CG

    都会派SUVの元祖、トヨタ ハリアー が7年ぶりモデルチェンジへ…3列7人乗りも登場か

    自動車(本体)
    2019.09.19 10:10
  2. リユーザブルバッグ

    ミッキーのシルエットがデザインされたリユーザブルバッグを税別49円/99円で発売

    キャラクターグッズ・雑貨
    2019.09.18 16:16
  3. 5Gプレサービス

    NTTドコモ、最大3.2Gbpsの「5Gプレサービス」を9月20日に開始

    スマートフォン
    2019.09.18 11:36
  4. EOS M6 Mark II

    キヤノン、3250万画素の「EOS M6 Mark II」を9月27日に発売

    デジタル一眼カメラ
    2019.09.19 16:19
  5. ヒーテッドウォッシャー使用イメージ(使用前/左)

    【トヨタ カローラ 新型】世界初の貯湯式「ヒーテッドウォッシャー」を採用

    自動車(本体)
    2019.09.19 06:58

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ホンダ フリード 改良新型
  • 「Xbox ワイヤレス コントローラー(スポーツ ブルー)」
  • マツダ CX-30 発表会
  • 「Man & Wood 天然木ケース 名画シリーズ」の「カティア」(左)「ナディア」(右)モデル
  • ラジオコントロール ゼロヨンスター ニッサンGT-R
  • EOS M6 Mark II