2019年09月13日 12:30

アウディ A7 新型に新世代PHV、燃費は52.6km/リットル…欧州発表

アウディは9月9日、新型『A7スポーツバック』(Audi A7 Sportback)のプラグインハイブリッド車(PHV)、「55 TFSI e クワトロ」を欧州で発表した。

同車には、直噴ガソリンターボエンジンを基本にした新世代のPHVシステム、「TFSI e」が搭載される。TFSI eの名称は今後、アウディのPHVに広く使用されていく予定だ。アウディによると、「e-tron」の名称は今後、ピュアEVのみに冠されるという。

◆2.0リットル直4ターボ+モーター

新世代のPHVパワートレインは、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジン(最大出力252ps、最大トルク37.7kgm)に、モーター(最大出力143ps、最大トルク35.7kgm)を組み合わせる。エンジンとモーターを合わせたシステム全体でのパワーは367ps、トルクは51kgmを獲得する。強力なPHVパワートレインは、0〜100km/h加速5.7秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

トランスミッションは7速「Sトロニック」だ。二次電池(バッテリー)は蓄電容量14.1kWhのリチウムイオンとなる。EVモードでは40km以上(WLTPモードによる計測)のゼロエミッション走行を可能にする。この効果で、欧州複合モード燃費は52.6km/リットル、CO2排出量は44g/kmを実現している。

◆EVモードの最高速は135km/h

また、EVモードの最高速は135km/hとした。バッテリーの充電は、出力7.4kWのチャージャーで、およそ2時間30分だ。400Vの急速チャージャーを利用すれば、充電はおよそ2時間30分で完了する。

3種類の走行モードを採用する。「EV」、「バッテリーホールド」、「ハイブリッド」だ。モードボタンで、ドライバーはこれら3つの基本設定から選択し、電動ドライブの優先などのモードが選べる。ハイブリッドモードでは、PHVシステムが最大限の効率を得るために、電気モーターとエンジンのバランスを追求する。バッテリーホールドモードでは、現在のバッテリーの充電状態が維持されるようにする。エンジンを停止させた状態で、一定時間コースティング(惰性走行)することもできる。

◆アプリが充電を支援

ドライブ途中での充電は、「myAudi」アプリで計画できる。myAudiアプリを利用すれば、現在の充電状態や走行可能距離を知ることができる。ドライバーは、充電の開始や空調コントロールを遠隔操作して、あらかじめ設定した時間に起動させることが可能。最近の走行記録や平均電力使用量といった情報も、いつでも入手できる。

さらにmyAudiアプリでは、途中の充電を考慮したルートが、ナビゲーションシステムに表示される。ナビゲーションシステムは、バッテリーの充電時間や、交通状況も考慮。当初予定していた急速充電ステーションへの到達が困難になると、別のルートを提案してくれる。

「予測効率アシスト」は、航続の拡大を追求する支援システムだ。ナビゲーションデータと予測効率アシスト、車両センサーシステムの情報を利用して、ルート全体の大まかな計画と、細かい計画を作成する。そして、ドライバーがアクセルペダルから足を離す必要がある状況を認識。走行中のドライバーには、ディスプレイからの情報と、アクティブアクセルペダルによる触感フィードバックが得られる。

外観は「Sライン」仕様が標準装備となり、スポーティさを強調する。HD マトリックスLEDヘッドライト、スポーツシート、アウディバーチャルコックピット、専用ディスプレイ、19インチのマルチスポークホイール、赤いブレーキキャリパーも標準だ。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ・シビック改良新型

    【ホンダ シビック 改良新型】ホームページで先行公開…ハッチバックにサンルーフ

    自動車(本体)
    18時間前
  2. トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)

    トヨタ ヤリス 新型の「GR」、プロトタイプの発表延期…豪州の森林火災の影響

    自動車(本体)
    23時間前
  3. マツダ ロードスター シルバートップ

    マツダ ロードスター、内外装色を追加 特別仕様車「シルバートップ」も設定

    自動車(本体)
    2019.11.15 06:35
  4. トヨタ・ヤリス新型

    【トヨタ ヤリス 新型】インテリア…素材と機能の配慮

    自動車(本体)
    18時間前
  5. フェラーリ・ローマ

    フェラーリが新型クーペ、『ローマ』発表…620馬力ツインターボ搭載

    自動車(本体)
    2019.11.15 06:35

総合ニュースランキング

  1. 価格は税別11,000円から、レノボがAndroidタブレット2機種を発表

    税別11,000円で何ができる? 2台目需要で注目したいレノボ新タブレット

    タブレットPC
    21時間前
  2. ファーウェイ、8型タブレット「MediaPad M5 lite」のメモリー増設モデルや新カラー

    タブレットPC
    2019.11.14 17:32
  3. razr

    モトローラ、縦に折りたためるスマートフォン「razr」を発表

    スマートフォン
    22時間前
  4. GW-PRO RED フォトグローブプロPL

    ハクバ、“アメリカ軍採用の断熱素材”を使った寒冷地用フォトグローブ

    その他カメラ関連製品
    2019.11.14 12:25
  5. HUAWEI nova 5T

    ファーウェイ、初のパンチホールディスプレイを搭載した「HUAWEI nova 5T」

    スマートフォン
    2019.11.14 16:08

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ワイルド・スピード プレミアムシリーズ ファスト・リワインド
  • 価格は税別11,000円から、レノボがAndroidタブレット2機種を発表
  • ロボ道 イングラム1号機
  • HUAWEI FreeBuds 3
  • 「メガドライブ」「セガサターン」「ドリームキャスト」