2019年09月13日 15:00

世界最大の48インチ曲面ディスプレイ搭載、BYTON初の電動SUV

BYTON(バイトン)は9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、新型電動SUVの『M-Byte』(BYTON M-Byte)を初公開した。

BYTONは中国を本拠に、グローバルに展開するプレミアムブランドの構築を目指している。グローバル本社は中国の南京にあり、インテリジェントカー体験、自動運転、車両全体の統合、その他の先端技術に特化した北米本社は、シリコンバレーに拠点を置く。また、車両コンセプトデザインセンターは、ドイツ・ミュンヘンにある。

BYTON M-Byteは、中国の南京工場で量産に入るBYTONの最初のモデルだ。その特長は、自動車業界で世界最大という48インチ曲面ディスプレイの搭載にあるという。ユーザーは、7インチのドライバー用タブレット、8インチの助手席用タブレット、ジェスチャーコントロール、「Amazon Alexa」との提携による音声コマンド、ボタンなど複数の方法で、48インチディスプレイを操作できる。

モーターは2WD仕様の場合、リアアクスルに配置され、最大出力272hpを発生する。4WD仕様では、フロントアクスルに最大出力204hpのモーターが追加される。

バッテリーの蓄電容量は、2種類が用意される。蓄電容量72kWh仕様の航続は360km、蓄電容量95kWh仕様の航続は460kmとなる。

AC(交流)充電は、出力が最大22kW。DC(直流)の急速充電は、出力が最大で150kWだ。急速充電では、およそ10分間で100km走行分のバッテリー容量を充電できる。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. スズキXL7

    スズキの新型3列シート7人乗りクロスオーバー「XL7」登場

    自動車(本体)
    21時間前
  2. トヨタ GRヤリス RZ ハイパフォーマンス・ファーストエディション エモーショナルレッドII(大阪オートメッセ2020)

    真っ赤な『GRヤリス』特別仕様を初公開…大阪オートメッセ2020

    自動車(本体)
    23時間前
  3. ホンダ・フィット初代(200年)

    ホンダ フィット 4世代20年をふりかえる[フォトヒストリー]

    自動車(本体)
    17時間前
  4. ホンダ ADV150(マットガンパウダーブラックメタリック)

    ホンダの軽二輪スクーター『ADV150』、4000台を受注 発売前に年販計画上回る

    バイク(本体)
    2020.02.17 06:30
  5. VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)

    VW ゴルフ 最強の新型「R」は333馬力へ…偽装なしの完全スクープ!

    自動車(本体)
    18時間前

総合ニュースランキング

  1. 1425 1/72 F-35B ライトニングII

    タミヤ、ステルス戦闘機「F-35B ライトニングII」完全新規設計でモデル化

    模型
    2020.02.16 06:45
  2. AQUOS R5G

    シャープ、5G対応で8K撮影に対応した6.5型スマホ「AQUOS R5G」

    スマートフォン
    21時間前
  3. 1/10RC トヨタ スープラ レーシング(A80)(TT-02シャーシ)

    タミヤ、4代目「トヨタ スープラ」レーシング仕様の1/10電動RC

    ラジコン
    2020.02.17 07:00
  4. スズキXL7

    スズキの新型3列シート7人乗りクロスオーバー「XL7」登場

    自動車(本体)
    21時間前
  5. 5Gモバイルルーター

    シャープ、最大4Gbpsに対応した5Gモバイルルーターを発表

    回線契約なし(SIMフリー)モバイルデータ通信
    20時間前

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • トライアンフ タイガー900
  • nano airy STRAIGHT IRON
  • ZEENY TWS
  • 1/12 カワサキ Ninja H2 CARBON
  • 「HC-X2000」「HC-X1500」
  • ※画像は「CP+2020」公式ホームページより