2019年09月18日 13:30

【トヨタ カローラ 新型】今後のトヨタ車はディスプレイオーディオが基本?…コネクテッド機能

17日に発表された新型トヨタ『カローラ/カローラツーリング』はコネクテッド機能でも大きな変更がある。ユーザーから見た使い勝手はあまり変わらないように見えるが、今後の車両AV機器やテレマティクス機能を見る上でディスプレイオーディオが標準搭載された意味は大きいと考える。

まず、新型カローラのナビ装備やT-Connectといったコネクテッド機能を整理する。ナビ、AV機能に関しては、従来のような据え置き型ナビ本体が純正装着かオプション、あるいは自分で購入してきたものを取り付けるという形から、標準装備をスマホ連携するディスプレイオーディオ(DA)のみとした点だ。

DAをのみを採用した背景には、ひとつは昨今のナビ大画面化ブームがある。2DINサイズの画面は7インチ8インチが限界だが、ナビ画面の情報量やニーズが増えるにつれて画面サイズが足りない現状があった。ユーザーからも10インチ以上の大画面の評価は高く、メーカー純正ナビはDINサイズではなくオリジナル設計の専用画面化が進んでいる。

もうひとつは、トヨタとして多様化するニーズに応えるためにDAを採用したとしている。これは、AVナビニーズに対して、メーカー、ディーラーオプション、サードパーティ製対応といったバリエーションに「Googleマップやスマホアプリのナビやオーディオ音源を使いたい」「スマホがあるのでナビはいらない」といったニーズにも本格的に対応するという意思表示でもある。

多様なニーズに対応するということは、新しいものだけに対応するということではない。従来型の据え置きナビがいい、アプリのナビはわからない、かえって面倒というユーザーには、「ナビキット」という形でクラウンやカローラスポーツに搭載されているT-Connectナビ相当のナビを装着することもできる(T-Connectスタンダード)。T-Connectナビ(ハイブリッドナビ)は、トヨタスマートセンターの外部情報と連携して高度なルート案内を行えるが、この機能が必要なければT-Connectエントリーというプランも用意されている。

純正装着や後付けナビはいらないという人は、DA(+DCM:通信モジュール)のみの基本構成で、手持ちのスマートフォンなどをDAにリンクさせてナビアプリを利用すればよい。使えるナビアプリはカーNAVITIMEとLINEカーナビだ。LINEカーナビは9月5日にトヨタのSDL(SmartDeviceLink)に対応したものだ。LINEのAIエージェントである「クローバー」を利用でき、音声認識によるナビ設定やLINEのメッセージ操作(送受信、メッセージ作成など)が可能だ。音楽再生やクローバーとのチャットなどもLINEの機能やサービスが利用できる。

CarPlayとAndroid Autoを使いたい場合は、オプションのフルセグTVキット(税別3万円)を購入する必要がある。

なお、アプリ系のナビはルートガイドにクセがあったりするが、LINEカーナビについては、ルート探索のナビエンジンはトヨタのものを利用している。ただし、GPSアンテナはスマートフォンのものを利用するため、置き場所に注意する必要がある。カーNAVITIMEは独自エンジンだが、案内精度は十分な実績があり、使い慣れた人には問題ないはずだ。

T-Connectのプラン体系も刷新された。いちばん大きな変更は、基本サービスの無料期間が5年となったことだ。『カローラスポーツ』に設定されていたT-Connectプランの無料期間は3年だった。5年以内にクルマを変えるなら、コネクテッド機能のサービス利用料を気にする必要がなくなる。

ただし、T-Connectのいくつかの機能はオプション扱いとなり、別途利用料が発生する。クラウンやカローラスポーツに設定されていたT-Connectは、エアバッグ連動の緊急通報機能(ヘルプネット)、走行ログによるメンテナンスやアドバイス機能(eケア)、リモートドアロック・ハザード点灯(マーカーサーチ)、アラーム・車両位置追跡・警備員派遣(マイカーサーチPlus)、オペレーターサービス、オペレーターサービスPlus(予約サービスあり)といった機能が利用できる。

新型カローラでは、このうちマイカーサーチPlus、オペレーターサービス、オペレーターサービスPlusがオプション扱いとなった。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

トヨタ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

トヨタ(toyota)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    ホンダ シビックタイプR 次期型をついにスクープ!ハイブリッド化で400馬力、21年発表か

    自動車(本体)
    2020.05.26 09:45
  2. スバルWRX S4?STI Sport♯

    スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル

    自動車(本体)
    2020.05.26 10:00
  3. トヨタ・シエナ 新型の XSE

    米トヨタのハイブリッドミニバン、初のスポーティグレード設定…シエナ 新型

    自動車(本体)
    2020.05.25 09:48
  4. ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案

    【ダイハツ ロッキー 新型】インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由

    自動車(本体)
    2020.05.25 14:30
  5. クロード・ルルーシュ監督(写真左)とドライバーを務めたシャルル・ルクレール(同右)

    「フェラーリSF90ストラダーレ」がモナコの市街地を240km/hで走行

    自動車(本体)
    2020.05.26 06:10

総合ニュースランキング

  1. 1/144 ジム

    名脇役「ジム」の新旧ガンプラを集めた「ガンプラジムギャラリー」が公開

    プラモデル
    2020.05.26 06:10
  2. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.[BEST SELECTION]」

    RX-78-2 ガンダムなど、税別3,500円「BEST SELECTION」6種の発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 12:40
  3. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    任天堂、Switch「どうぶつの森セット」の抽選申込終了 当選発表は6/1〜6/2

    ゲーム機本体
    2020.05.25 19:07
  4. 「GPD WIN Max」

    第10世代Core搭載の8型ポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max」国内発売

    ノートパソコン
    2020.05.26 13:52
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-09F/TROP ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」

    モノアイが上下左右に可動する「ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 13:10

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ThinkPad X1 Carbon Gen 8
  • Galaxy S20+ 5G SCG02
  • GODOX LEDビデオライト
  • Toffy Beauty 振動ヘッドスパ TB05-VH
  • WH-CH710N
  • 天体観測用ライトSG-L02