2019年09月20日 16:05

【マツダ CX-30】柳澤チーフデザイナー「世界で最も美しいクロスオーバーを目指した」

マツダが9月20日から予約受注を開始した新型SUV『CX-30』は、既存の『CX-3』と『CX-5』の間を埋める位置づけとなるが、両モデルとは異なりルーフ形状が前席より後席の方が高くなっているのが特徴のひとつだ。

チーフデザイナーを務めるマツダデザイン本部の柳澤亮氏は「このクラスのクロスオーバーSUVは全長が短かめで背が高いので、室内空間と美しいプロポーションを両立させるのは非常に困難。これまではどちらかが犠牲になってしまうというジレンマがどうしてもあった」と話す。

というのも「ルーフを後ろ下がりにするやり方は実はスポーティに見せる定番の手法。最初はCX-30もこうした形からスタートしたが、これでは後席が狭くなってしまうという問題を抱る。一方、でルーフを後ろ上がりにすると後席は広くなるが実用車的であまり格好良いとはいえなくなる」からだ。

だが、「この両方ともが素晴らしい商品にしたい、なんとしてでも実現したいという強い意志を持って臨んできた」と柳澤氏は振り返る。

ではどのようにしてジレンマを克服したのか。「まず着目したのがDピラーの傾き。CX-30ではDピラーをできるだけ寝かせてワンモーションのルーフを造った。限られた全長の中でDピラーを寝かせるために、バックウィンドウの下あたりをできる限り後方に引っ張り出した。こうすると後席のルーフは高いままで、非常に流麗でスポーティなキャビンを造ることができる」。

「2つめのブレークスルーはクラッディングパネルと呼んでいる黒い樹脂部品。CX-30は全長が短くて背が高いプロポーションなので、そのままではずんぐりと太って見えてしまう。そこで通常より幅広のクラッディングを使うことによって、下半分をブラックアウトする。これによってボディをスリムに見せている」と柳澤氏は解説。

さらに「一般的にSUVの後ろ姿というのは、どうしても四角い箱になってしまいがち。しかしCX-30ではキャビンから一気に張り出すリアフェンダーを持たせることによって、それらとは一線を画したスポーティな後ろ姿を造ることができた。また後面にある特徴的なくびれ形状によって、軽快でワイルドな印象を与えて、非常に魅力的なリアエンドができた」とも。

その上で柳澤氏は「CX-30は世界で最も美しいクロスオーバーを目指して開発してきた。しかしただ美しいだけではなく、ちょうど良いボディサイズに広い後席と荷室を持たせたことが特徴」と強調した。

ちなみにCX-30の全高は一般的な立体駐車場に納まる1540mmで、実はCX-3よりも10mm低くなっている。その理由はアンテナをシャークフィンタイプではなく、『マツダ3 ファストバック』と同様にガラスプリントタイプを採用したことによるもの。「それにより後ろを下げずに済んだ」と柳澤氏は明かしていた。

CX-30の消費税10%込みの価格は239万2500-371万3600円で、販売開始は2リットルガソリンエンジンおよび1.8リットルディーゼル搭載車が10月24日から、SKYACTIV-Xエンジンモデルは2010年1月下旬を予定しているという。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ シビックタイプR 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    ホンダ シビックタイプR 次期型をついにスクープ!ハイブリッド化で400馬力、21年発表か

    自動車(本体)
    2020.05.26 09:45
  2. スバルWRX S4?STI Sport♯

    スバルが「WRX S4 STI Sport♯」の概要を発表 走りを磨いた500台の限定モデル

    自動車(本体)
    2020.05.26 10:00
  3. トヨタ・シエナ 新型の XSE

    米トヨタのハイブリッドミニバン、初のスポーティグレード設定…シエナ 新型

    自動車(本体)
    2020.05.25 09:48
  4. ダイハツロッキー インテリアファイナルスケッチ案

    【ダイハツ ロッキー 新型】インテリアがコンセプトカーから大きくイメチェンした理由

    自動車(本体)
    2020.05.25 14:30
  5. クロード・ルルーシュ監督(写真左)とドライバーを務めたシャルル・ルクレール(同右)

    「フェラーリSF90ストラダーレ」がモナコの市街地を240km/hで走行

    自動車(本体)
    2020.05.26 06:10

総合ニュースランキング

  1. 1/144 ジム

    名脇役「ジム」の新旧ガンプラを集めた「ガンプラジムギャラリー」が公開

    プラモデル
    2020.05.26 06:10
  2. 「ROBOT魂 <SIDE MS> RX-78-2 ガンダム ver. A.N.I.M.E.[BEST SELECTION]」

    RX-78-2 ガンダムなど、税別3,500円「BEST SELECTION」6種の発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 12:40
  3. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    任天堂、Switch「どうぶつの森セット」の抽選申込終了 当選発表は6/1〜6/2

    ゲーム機本体
    2020.05.25 19:07
  4. 「GPD WIN Max」

    第10世代Core搭載の8型ポータブルゲーミングPC「GPD WIN Max」国内発売

    ノートパソコン
    2020.05.26 13:52
  5. 「ROBOT魂 <SIDE MS> MS-09F/TROP ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」

    モノアイが上下左右に可動する「ドム・トローペン ver. A.N.I.M.E.」発売日決定

    フィギュア
    2020.05.26 13:10

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • メルセデスベンツ GLC 次世代型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「超合金 ガンダム★ハローキティ」「超合金 シャア専用ザク2★ハローキティ」
  • BMW 5シリーズ・セダン 改良新型のティザーイメージ
  • WH-CH710N
  • Galaxy S20+ 5G SCG02
  • 天体観測用ライトSG-L02