2019年09月26日 06:10

メルセデスベンツ GLEクーペ 新型、2世代目を発表

メルセデスベンツは、フランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、新型『GLEクーペ』(Mercedes-Benz GLE Coupe)をワールドプレミアした。

GLEクーペは、メルセデスベンツの主力SUV、『GLE』から派生したクーペモデルだ。現行の初代GLEクーペは2015年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2015で初公開された。新型GLEクーペは2世代目モデルだ。車台などを共用するGLEは、ひと足早くモデルチェンジを受けており、この新型GLEの新技術が、GLEクーペの新型にも採用されている。

◆ホイールベースの延長で室内空間が拡大

新型も、後方に向かって傾斜したルーフラインを備えており、SUVクーペらしいデザインを追求する。ボディサイズは、全長が4939mm、全幅が2010mm。先代に対して、39mm長く、7mmワイドに。ホイールベースも、先代比で20mm伸びた。それでも、新型GLEよりは60mm短く、スポーティなクーペシルエットを引き立てている。フロントには、フルLEDヘッドライトが標準装備された。

ホイールベースの20mm延長によって、室内空間が拡大した。ドアの開口部は35mm広げられ、乗降性を引き上げる。荷室の容量は655リットルで、先代比で40リットル増えた。後席を倒せば、最大で1790リットルに拡大。先代比で70リットル増えており、セグメントで最大のスペースになるという。シートなどには、「ARTICO」と呼ばれる人工レザーを使用した。新デザインのスポーツステアリングホイールには、ナッパレザーのリムを組み合わせる。

◆「ハイ、メルセデス」で音声アシストが起動

新型GLEクーペには、ドライバー正面のメーター部分と、ダッシュボード中央のモニターを一体デザインとした最新のデジタルコクピットを採用する。

この12.3インチの2つの高精細ワイドディスプレイを、一枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイとした。このディスプレイは、空中に浮かんでいるように見え、インテリアデザインの水平方向の流れを強調する中心要素に。インストゥルメントクラスターとなるこのコックピットディスプレイは、ドライバーの視野に直接入るさまざまな情報を表示する大型ディスプレイと、センターコンソール上方のセンターディスプレイで構成される。

最新の「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)も採用する。「ハイ、メルセデス」と呼びかければ、音声アシストが起動する。

◆欧州仕様はディーゼルがメイン

新型GLEクーペは欧州市場では発売当初、ディーゼルエンジンがメインとなる。中でも、「GLE クーペ400 d 4MATIC」グレードには、「OM656型」直噴3.0リットル直列6気筒ターボディーゼルエンジンを搭載する。最大出力は330hp、最大トルクは71.4kgmを引き出す。欧州複合モード燃費は13.3km/リットルとなる。

新型には、48Vの電気システムを備えたアクティブサスペンション、「E-ACTIVE BODY CONTROL」を採用する。新開発の「AIRMATIC」エアサスペンションと組み合わせられ、4輪のスプリングとダンパーを個別に制御できる。これにより、ロールのみならずピッチやスクオットも抑え、さらに快適な乗り心地と高いハンドリング性能を実現するという。

また、E-ACTIVE BODY CONTROLには、「カーブ傾斜機能」を採用した。3段階のコーナリングモードが選択でき、ほとんど遠心力のない状態で、コーナーを曲がることができるという。ステレオカメラが装備されている場合には、路面スキャンが可能で、カメラは連続的に路面をスキャンし、荒れた路面に差しかかる前に、サスペンションが反応し乗り心地を向上させる。

新型GLEクーペには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載する。「アクティブ・ディスタンス・アシスト・ディストロニック」、「アクティブ・ブレーキ・アシスト」、「アクティブ・ストップ&ゴー・アシスト」、「アクティブ・ステアリング・アシスト」などが、豊富に用意されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. フィアット500 ev

    フィアット500 ev 販売開始、ヌオーバ500 が電気自動車として蘇る

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:29
  2. マセラティ MC20

    マセラティの新型スーパーカー『MC20』、電動バージョンを計画

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:53
  3. スズキ・スウェイス

    スズキの新型ワゴン『スウェイス』、トヨタ カローラ ベースのOEM

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:25
  4. トヨタ・ルーミー カスタムG-T

    トヨタが「ルーミー」をマイナーチェンジ 進化した予防安全機能「スマートアシスト」を搭載

    自動車(本体)
    2020.09.16 06:16
  5. 「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。

    「シトロエンC3」に日本だけのカラーリングを採用した特別仕様車「INSPIRED BY JAPAN COLLECTION」

    自動車(本体)
    2020.09.18 06:30

総合ニュースランキング

  1. タニタ、“予想数量を大幅に上回る注文”で「非接触体温計」の一部出荷に遅れ

    タニタ「非接触体温計」に“予想を上回る注文”、子どもへの安心機能も人気か?

    体温計
    2020.09.18 13:06
  2. 「Nintendo Switch ネオンパープル・ネオンオレン」

    任天堂、「Nintendo Switch」「リングフィット」の抽選予約を9/15開始

    ゲーム機本体
    2020.09.15 16:25
  3. クロノマスター リバイバル ルパン三世−セカンドエディション

    「ルパン三世」1stアニメ最終話より、“次元大介着用のゼニス”を世界200本限定で再現

    キャラクターグッズ・雑貨
    2020.09.18 14:35
  4. 「RG 1/144 ジオング」

    ガンプラ「RG 1/144 ジオング」が2021年1月発売に決定、新たな画像も公開

    プラモデル
    2020.09.18 10:10
  5. 「Apple Watch SE」、第8世代「iPad」

    ドコモ・au・ソフトバンク、「Apple Watch」「iPad」新モデルの価格発表

    ウェアラブル端末・スマートウォッチ
    2020.09.18 06:55

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • OpenMove
  • 「シトロエンC3インスパイアードバイジャパンコレクション」。カラーリングは「Hisui」。
  • 三菱 ミニキャブ・ミーブ
  • 「SR1a RAR-HP-SR1A」
  • 「HERO9 Black」
  • EV3895