2019年10月04日 06:01

「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」がマイナーチェンジ 対話型インフォテインメントシステム「MBUX」を搭載

メルセデス・ベンツ日本は2019年10月3日、ミドルサイズSUV「GLC」および「GLCクーペ」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日、受注を開始した。

最新メルセデスの装備と同等にアップデート

今回のマイナーチェンジは、基本的にGLCとそのクーペ版となるGLCクーペの両モデルに共通するもの。内外装デザインの変更に加え、搭載されるパワートレインの見直しやインフォテインメントシステムのアップデートなど、その内容は多岐にわたっている。

エクステリアではGLC、GLCクーペとも、前後バンパーやフロントグリル、ヘッドランプ、テールランプなどのデザインがリニューアルされた。新しく採用された前後のランプデザインは変更前モデルとの識別を容易にするもので、特にテールランプに採用されたブロックデザインは、今後のメルセデス・ベンツSUVにも共通する新意匠だという。

インテリアでは、ダッシュボード上部に設置されるディスプレイをこれまでの8.4インチから10.25インチにワイド化。またステアリングホイールを「Sクラス」と同じ、指先のタッチ&スワイプで各種設定や実行が可能なセンサー式コントロールスイッチが備わる最新世代のものとした。さらに、カラーがゆっくりと変化し続ける「マルチカラーアニメーション」を有す「アンビエントライト(64色)」など、最新のメルセデス・ベンツ車に共通する装備も採用。「Aクラス」で初搭載された自然対話式音声認識機能を備えた、対話型インフォテインメントシステム「MBUX」も搭載されている。

運転支援システムは、ユーザーインターフェイスやコントロールデバイスを含め、先に登場したSクラスや「Eクラス」と同等となる最新バージョンに進化させているとメルセデスはアナウンスしている。

パワーユニットは、Eクラスにも搭載されている最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボと、最高出力258PS、最大トルク370N・mの2リッター直4ガソリンターボの2種類で、ともに9段ATと組み合わされる。前者は「GLC220d 4MATIC」に、後者は「GLC300 4MATIC」に搭載。どちらも先代モデルの同等エンジンよりもパフォーマンスの向上が図られている。

参考までに記すと、先代モデルに搭載の2.2リッター直4ディーゼルターボは最高出力170PS、最大トルク400N・m、2リッター直4ガソリンターボは最高出力211PS、最大トルク350 N・mという実力であった。新搭載ユニットはディーゼルが24PS(最大トルクは同一)、ガソリンが47PS、20N・mの出力向上を果たしている。

AMGモデルもラインナップ

高性能モデルとして、メルセデスAMGが開発したV6エンジンとパフォーマンス志向の4輪駆動システム「AMG 4MATIC」を備えた「メルセデスAMG 43シリーズ」、そしてトップパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG 63シリーズ」がGLCおよびGLCクーペの両モデルにラインナップされている。

AMG 43シリーズは従来モデルより出力を23PS向上させた最高出力390PSの3リッターV6ツインターボを、AMG 63シリーズはGLC63 4MATIC+に最高出力476PS、最大トルク650N・m、GLC63 S 4MATIC+に同510ps、同700Nmを発生する「メルセデスAMG GT」の流れをくむAMG製の4リッターV8直噴ツインターボ「M177」ユニットを搭載している。

AMGモデルは全車、1952年にメキシコで開催された伝説の公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ300SL」由来の“パナメリカーナグリル”と称されるAMG専用ラジエーターグリルを採用。AMG 43シリーズにこのデザインが採用されるのは初めてとなる。

価格は以下の通り(消費税10%を含む)。

GLC220d 4MATIC:690万円

GLC300 4MATIC:775万円

AMG GLC43 4MATIC:948万円

AMG GLC63 4MATIC+:1313万円

AMG GLC63 S 4MATIC+:1487万円

GLC220d 4MATICクーペ:721万円

GLC300 4MATICクーペ:807万円

AMG GLC43 4MATICクーペ:980万円

AMG GLC63 4MATIC+クーペ:1344万円

AMG GLC63 S 4MATIC+クーペ:1519万円

標準各モデルは2019年11月頃、メルセデスAMGモデルは2019年12月頃にデリバリー開始が予定されている。

(webCG)

記事提供:webCG
記事提供:webCG

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

メルセデス・ベンツ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

メルセデス・ベンツ(mercedes-benz)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    2020.02.20 10:07
  2. 「ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション」と、「シビック タイプR」の開発責任者で...

    「ホンダ・シビック タイプR」に「リミテッドエディション」登場

    自動車(本体)
    2020.02.20 10:00
  3. トヨタの新型SUVのティザーイメージ

    トヨタの新型SUV、ジュネーブモーターショー2020で発表へ…ヤリスと同じプラットフォーム

    自動車(本体)
    2020.02.19 14:47
  4. リミテッド・エディション

    ホンダ シビックタイプR 改良新型、変わったところはここだ!

    自動車(本体)
    2020.02.20 11:25
  5. ハスクバーナ・スヴァルトピレン250

    ハスクバーナが250ccクラスのニューモデル「スヴァルトピレン250」を日本に導入

    バイク(本体)
    2020.02.20 10:21

総合ニュースランキング

  1. 機動戦士ガンダム Gフレーム10(10個入り)

    「機動戦士ガンダム Gフレーム」第10弾、「ザクII/ザクII(指揮官機)」を再録

    食玩・ミニフィギュア
    2020.02.20 15:10
  2. ドンキ、税別5,980円の骨伝導ワイヤレスイヤホン「JOGBONE」

    イヤホン・ヘッドホン
    2020.02.19 16:12
  3. Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット

    延期した「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」予約開始日を3/7に決定

    ゲーム周辺機器
    2020.02.19 06:39
  4. 「Xperia L4」

    ソニー、アスペクト比21:9の6.2型スマホ「Xperia L4」を海外発表

    スマートフォン
    20時間前
  5. 「ホンダ・シビック タイプR」の改良モデルと、同車の開発責任者である柿沼秀樹氏。

    ホンダが改良型「シビック タイプR」の情報を公開 運動性能を高めて2020年夏に発売

    自動車(本体)
    2020.02.20 10:07

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • SA700 LUNA SEA 30th Anniversary Edition
  • 「機動戦士ガンダム ヒートホーク型ペーパーナイフ」
  • 機動戦士ガンダム Gフレーム10(10個入り)
  • Beoplay E8 3rd Generation
  • CF-P7
  • QING