2019年10月21日 11:30

アウディ A8 新型にPHV、燃費は40km/リットル…年内欧州発売へ

アウディ(Audi)は10月16日、新型『A8』のプラグインハイブリッド車(PHV)、「A8 L 60 TFSI e クワトロ」グレードを年内に欧州で発売すると発表した。ドイツ本国でのベース価格は、10万9000ユーロ(約1315万円)だ。

◆0〜100km/h加速4.9秒

新型A8のPHVには、直噴ガソリンターボエンジンを基本にしたPHVシステム、「TFSI e」が搭載される。直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンターボ「TFSI」エンジン(最大出力340ps、最大トルク51kgm)に、モーター(最大出力136ps、最大トルク35.7kgm)を組み合わせた。

モーターは、エンジンと8速「ティプトロニック」トランスミッションの間にレイアウトした。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、449psのパワーと71.4kgmのトルクを引き出し、4輪を駆動する。PHV化によって、ガソリン車に対して20.4kgmのトルクが上乗せされた。強力なPHVシステムは、0〜100km/h加速4.9秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。

二次電池(バッテリー)は、蓄電容量14.1kWhのリチウムイオンで、トランクの床下に搭載される。充電は出力7.4kWのチャージャーを利用すれば、およそ2時間30分。家庭用の230Vソケットなら、およそ6時間30分で充電が完了する。

◆EVモードは最大46km

走行モードは「EV」、「ハイブリッド」、「バッテリーホールド」の3種類から選択できる。モードボタンで、ドライバーはこれら3つの基本設定から選択し、電動ドライブの優先などのモードが選べる。EVモードでは、最大46km(WLTP計測)をゼロエミッション走行できる。この効果もあって、40km/リットルの燃費性能を実現している。EVモードの最高速は135km/hとした。

ハイブリッドモードでは、PHVは最大限の効率を得るために、電気モーターとエンジンのバランスを追求する。バッテリーホールドモードでは、現在のバッテリーの充電状態が維持されるようにする。180km/hを上限に、エンジンを停止させた状態で、一定時間コースティング(惰性走行)することもできる。

◆ナビのデータと連携して航続を拡大

「予測効率アシスト」(PEA)は、航続の拡大を追求する支援システムだ。ナビゲーションデータと予測効率アシスト、車両センサーシステムの情報を利用して、ルート全体の大まかな計画と、細かい計画を作成する。そして、ドライバーがアクセルペダルから足を離す必要がある状況を認識。走行中のドライバーには、ディスプレイからの情報と、アクティブアクセルペダルによる触感フィードバックが得られるようにした。

「myAudi」アプリを使用すると、顧客はスマートフォンを通じて、「Audi Connect」のサービスが利用できる。これには、バッテリー残量と航続の確認、充電の開始、充電タイマーのプログラミング、充電と電費データの取得が含まれる。

myAudiアプリのもうひとつの機能は、乗車前の車内の空調の遠隔操作だ。これは、車内のエアコンシステムのコンプレッサーと補助ヒーターに、電気が供給されているために可能になったもの。ドライバーは、乗車前にあらかじめ、快適な室内温度を設定できる。ステアリングホイール、シート、ドアミラー、フロントガラスやリアウィンドウの曇り止め、シート内蔵のファンなどを、乗車前の最適な状態に調整しておくことも可能だ。

◆専用の内外装

外観は、フロントバンパーのサイドに、5つデイタイムランニングライトを装備した。このフロントバンパーはクロームトリム仕様、ドアハンドルはクロームインレイ仕様になる。リアバンパーには、ディフューザーインサートとクロームを採用した。空力特性を追求した19インチアルミホイールを標準装備する。

インテリアは、「アウディバーチャルコックピット」や「MMIタッチレスポンス」のディスプレイに、PHVパワートレインに関する情報を表示する。オプションのリラクゼーションシートには、マッサージ機能付きのヒーター付きフットレストが装備されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

アウディ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

アウディ(audi)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ・シビック改良新型

    【ホンダ シビック 改良新型】ホームページで先行公開…ハッチバックにサンルーフ

    自動車(本体)
    19時間前
  2. トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)

    トヨタ ヤリス 新型の「GR」、プロトタイプの発表延期…豪州の森林火災の影響

    自動車(本体)
    23時間前
  3. マツダ ロードスター シルバートップ

    マツダ ロードスター、内外装色を追加 特別仕様車「シルバートップ」も設定

    自動車(本体)
    2019.11.15 06:35
  4. トヨタ・ヤリス新型

    【トヨタ ヤリス 新型】インテリア…素材と機能の配慮

    自動車(本体)
    19時間前
  5. フェラーリ・ローマ

    フェラーリが新型クーペ、『ローマ』発表…620馬力ツインターボ搭載

    自動車(本体)
    2019.11.15 06:35

総合ニュースランキング

  1. 価格は税別11,000円から、レノボがAndroidタブレット2機種を発表

    税別11,000円で何ができる? 2台目需要で注目したいレノボ新タブレット

    タブレットPC
    21時間前
  2. ファーウェイ、8型タブレット「MediaPad M5 lite」のメモリー増設モデルや新カラー

    タブレットPC
    2019.11.14 17:32
  3. razr

    モトローラ、縦に折りたためるスマートフォン「razr」を発表

    スマートフォン
    22時間前
  4. GW-PRO RED フォトグローブプロPL

    ハクバ、“アメリカ軍採用の断熱素材”を使った寒冷地用フォトグローブ

    その他カメラ関連製品
    2019.11.14 12:25
  5. HUAWEI nova 5T

    ファーウェイ、初のパンチホールディスプレイを搭載した「HUAWEI nova 5T」

    スマートフォン
    2019.11.14 16:08

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • AQUOS sense3 basic
  • ワイルド・スピード プレミアムシリーズ ファスト・リワインド
  • 価格は税別11,000円から、レノボがAndroidタブレット2機種を発表
  • 「ネオパン100 ACROSII」35mmサイズ(36枚撮り)
  • HUAWEI FreeBuds 3