2019年10月25日 15:15

マツダ 工藤執行役員「実用航続と環境負荷低減を両立」…量産EV第1号『MX-30』のバッテリー容量

マツダのR&D管理や商品戦略を担当する工藤秀俊執行役員は、10月24日に東京本社で報道関係者と懇談し、同社の環境対応や電動化方針について説明した。

マツダは同日開幕した東京モーターショー2019で、量産電気自動車(EV)の第1弾となる『MX-30』を初公開した。2020年後半から環境規制の厳しい欧州での販売を始め、その後グローバルに展開する方針だ。MX-30の公表されている性能は、フル充電時の航続距離が欧州のWLTPモードで200km、搭載するパナソニック製リチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWh。

EVの航続距離としては決して長くはないが、工藤氏は欧州のEV先進国であるノルウェーや米国でのEVの利用状況などから、航続距離(=バッテリー容量)を決めたと指摘した。マツダの調査によると、EVの1日の走行距離はノルウェーで50km程度、米国では64km(40マイル)程度だという。また、EVの保有世帯ではノルウェーで70%程度が、米国では90%超がエンジン車も保有し、車両を使い分けている。

このような利用形態の現状から、工藤氏は「実用的には十分のバッテリー容量と考えた」と指摘した。同時に、EV用バッテリーの製造時の環境負荷についても考慮した結果だという。バッテリーは製造では「電極の乾燥工程や、クリーン状態にする工場そのものが電力多消費型」(工藤氏)のため、CO2(二酸化炭素)排出は少なくない。マツダの試算によると、バッテリー容量50kWhのEVと伝統的なエンジン車の車両製造時のCO2(二酸化炭素)排出を比較すると、EVはエンジン車の2〜3倍相当になるという。

マツダは環境戦略におけるCO2(二酸化炭素)抑制について、燃料や電力の消費を「WELL-TO-WHEEL」(燃料採掘から車両走行まで)で捉えることや、車両を資源採取から廃棄までのライフサイクル全体で考慮するLCA(ライフ・サイクル・アセスメント)の評価を採用している。LCAで捉えると元々環境負荷の大きいバッテリーは容量を増やすごとに、その負荷もさらに増大することになる。

こうした事情や車両コストへの影響も配慮し、マツダは量産EV第1号となったMX-30のバッテリー容量(35.5kWh)を設定した。マツダの試算では、MX-30と同等性能のディーゼルエンジン車がともに累計走行16万kmに達するまでのLCAでのCO2排出量を比較すると、ほぼ同等になるという。工藤氏は35.5kWhというバッテリー容量について「実用的な航続距離と、本質的な地球環境負荷低減を両立させる数値」と、強調した。

マツダは電動化対応について、EVやプラグイン・ハイブリッド車(PHV)など複数の技術による「マルチソリューションで臨む」(丸本明社長)方針だ。このなかで、航続距離の長いEVについては、小型軽量のロータリーエンジンを発電用に搭載する「レンジエクステンダーEV」の開発を進めており、バッテリーのみのEVに対し2倍程度の航続距離としていく。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. マツダ車で楽しむカーオーディオ!プロショップが製作した実例3台レポート

    マツダ車で楽しむカーオーディオ! プロショップが製作した実例3台レポート

    自動車(本体)
    2020.08.14 10:00
  2. 千葉県にアジア初の会員制ドライビングクラブがオープン

    千葉県にアジア初の会員制ドライビングクラブがオープン

    自動車(本体)
    2020.08.14 06:30
  3. BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

    BMW 2シリーズクーペ 次期型、デジタルコックピットの姿を激写!

    自動車(本体)
    2020.08.14 11:30
  4. marumie Q-30R

    ユピテル、360度フロントカメラを備えた2カメラドラレコ「marumie Q-30R」

    ドライブレコーダー
    2020.08.11 13:30
  5. セルスター CS-32FH

    セルスター、2.4インチワイド液晶搭載の2カメラドラレコを発売

    ドライブレコーダー
    2020.08.13 06:30

総合ニュースランキング

  1. Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表

    約77万円で未来がやってくる? Xiaomiが“透明OLED”テレビを発表

    薄型テレビ・液晶テレビ
    2020.08.14 12:15
  2. 「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」

    Nintendo TOKYO、「Switch あつまれ どうぶつの森セット」のWEB抽選予約を開始

    ゲーム機本体
    2020.08.11 12:34
  3. ハイブリッドネッククーラー2020モデル

    GLOBAL・DC、髪の毛巻き込み防止機能付き「ハイブリッドネッククーラー2020モデル」

    扇風機・サーキュレーター
    2020.08.14 06:22
  4. G.E.M.シリーズ BLEACH 四楓院夜一 破面篇

    メガハウス、「BLEACH 破面篇」の四楓院夜一を全高200mmで立体化

    フィギュア
    2020.08.14 12:25
  5. 「Surface Duo」

    マイクロソフト、2画面Androidデバイス「Surface Duo」を米国で9/10発売

    タブレットPC
    2020.08.13 10:50

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • 「3Dペーパーパズル R-HM型 軽飛行機」
  • Xiaomi、“透明OLED”を採用した55型テレビ「Xiaomi Transparent TV」発表
  • MEET ELECTRIC ELEGANCE クラス初の100%エレクトリックSUV、DS 3クロスバック E-TENSE デビュー
  • 「AMC ヘドラ BLAZE Ver.」
  • コードレス極軽(ゴクカル)ハンディクリーナー ストロング CM-DC96