2019年11月05日 11:20

マツダ藤原副社長「マツダ地獄はなくなった」とするも、直6ラージモデル投入は1年延期

マツダの藤原清志副社長は11月1日に都内で開いた決算説明会で、ブランド価値向上の取り組みにより「マツダ地獄はなくなった」とする一方で、2021年に予定していた直列6気筒エンジン搭載のラージクラスモデルの投入時期を1年ほど遅らせることも明らかにした。

マツダ地獄とは、以前のマツダ車は大幅な値引き販売によって、その分下取り価格も安くなり、一度マツダ車に乗ると、高く引き取ってもらえるマツダに買い替えざるを得ないという、負のスパイラル状態を表したもの。

藤原清志副社長は、2012年の『CX-5』市場投入を機に取り組んできたブランド価値向上策を引き合いに出す。「導入当初、2リットルガソリンモデルのエントリー価格は205万円だった。ディーゼルエンジンは258万円でスタートし、最上級モデルは319万円だった。420Nmの圧倒的なトルクによる力強い走り、そして燃費、そしてデザインにより、価値と価格が高いレベルでバランスした商品であった。高い価格帯のクルマを選んで頂き、台当たりの売り上げも向上することができた」。

「その後、時代に必要とされる最新技術、先進安全技術など、そして新しいデザインを商品改良で取り入れることで、エントリー価格の上昇や上級グレードの拡充によって、販売平均価格の上昇と売り上げ増を実現することができた」と振り返った。

続けて「その過程において、残価を高く維持され、、残価設定型ローンのサポートもあり、新しいクルマへの短期間での乗り換えを促進することができたと考えている」とした上で、「マツダ地獄はなくなった」と結論付けた。

さらに藤原副社長は「これをラージ商品群で実現したいと考えている。つまり抜群の商品力を納得感のある価格で、これは現在CX-5の2.2リットル・ディーゼルエンジンにお乗りの方々が買い替えることができる価格で提供する。その上で48Vマイルドハイブリッド、プラグインハイブリッドなどを含め、より価格カバレッジを拡大し、様々な地域で様々なお客様に良い商品でリーズナブルだと喜んで選択して頂けるクルマに仕立てていきたいと思っている」と述べた。

その一方で「電気自動車『MX-30』を開発した段階で、様々勉強になったことがあり、プラグインハイブリッド系の機能開発にそのノウハウを取り入れようということで、思い切って、ラージ商品の投入時期を遅らせた。もともと2021年といっていたが、1年弱遅れる」との見通しを示した。

また藤原副社長は「基本のプラットフォームを見直すことで全体が遅れる。エンジン開発は順調に進んでいる」とも付け加えた。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

マツダ

マツダ(mazda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「マツダCX-5」のアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」装着車。

    マツダが「CX-5」を一部改良 エレガントな内装の特別仕様車も設定

    自動車(本体)
    16時間前
  2. スズキ・ハスラーコンセプト・アーバンアウトドアスタイル(東京モーターショー2019)

    【スズキ ハスラー 新型】ティザーサイト開設!!…東京モーターショー2019出展車

    自動車(本体)
    2019.12.10 18:00
  3. トヨタ“GRヤリス”プロトタイプ

    トヨタが“GRヤリス”を世界初公開【東京オートサロン2020】

    自動車(本体)
    2019.12.12 06:11
  4. ヴェゼル・ツーリング・モデューロX

    【ホンダ ヴェゼル モデューロX】エアロが満載、職人技が光る

    自動車(本体)
    21時間前
  5. 三菱RVRブラックエディション

    ブラックアクセントでキリリと 「三菱RVRブラックエディション」登場

    自動車(本体)
    17時間前

総合ニュースランキング

  1. 今だけ驚き価格! イチキュッキュッパのPlayStation 4!

    PS4が税別19,980円に、1万円値下げの「イチキュッキュッパ」キャンペーン

    ゲーム機本体
    18時間前
  2. Bluetooth TV用スピーカー 56cm TVSPK02

    ゲオ、税別3,980円の横幅56cmサウンドバースピーカーなど3機種

    ホームシアター スピーカー
    20時間前
  3. ケンコー、“見えない所”も撮れるiPhone/iPad用スネイクカメラ

    携帯電話アクセサリ
    2019.12.12 07:00
  4. 「HGBD:R 1/144 量産型ジオニックソード」※画像はすべてイメージ

    バンダイ、“量産型風カラー”の「1/144 量産型ジオニックソード」発売日決定

    プラモデル
    2019.12.11 16:00
  5. GTBX-1

    “俺の嫁”はどこへ? 初音ミク召喚の「Gatebox 限定生産モデル」がサービス終了へ

    Bluetoothスピーカー
    2019.12.11 12:08

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • R200SS鏡筒RED 70th Anniversary
  • S6
  • 無線静音5ボタンBlue LEDエルゴノミクスマウス(約51度タイプ)
  • トラックカーナビ 細道注意喚起機能
  • ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50
  • 「Razer Blade Stealth 13」新モデル