2019年11月07日 11:00

ホンダ CR-V に2020年型、米国発売…ハイブリッドは2020年初頭

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは11月5日、『CR-V』(Honda CR-V)の2020年モデルを米国市場で発売した。ハイブリッドは、2020年初頭に発売される予定だ。

現行CR-Vは5世代目モデルで、2016年10月に米国で発表された。2018年8月には、日本市場にも復活導入を果たしている。この現行CR-Vの2020年モデルでは、デビュー以来およそ3年が経過して、外装を中心にリフレッシュした。

◆ハイブリッドは米国のホンダブランドSUVで初

米国のホンダブランドSUVで初となるハイブリッドには、ホンダの新世代の2モーターハイブリッド技術を搭載する。ハイブリッドパワートレインには、ホンダの量産エンジンとして、最高の40%以上の熱効率を持つ2.0リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンを採用した。

ハイブリッドシステムのモーターとエンジンを合わせたシステム全体で、212hpのパワーを引き出す。ハイブリッドバッテリーパックとその制御システムを含む新しいインテリジェントパワーユニット(IPU)は、コンパクト設計とし、リアフロア下にレイアウトした。これにより、トランク容量を確保し、後席も60対40分割可倒式として、実用性を引き上げている。

ガソリンエンジン搭載車には、直噴1.5リットル直列4気筒VTECターボエンジンを採用した。最大出力190hp/5600rpm、最大トルク24.7kgm/2000〜5000rpmを引き出す。

◆前後マスクを小変更

CR-Vの2020年モデルでは、フロントバンパーのデザインを変更した。フォグランプ部分の広い開口部が特長で、クロームのラインも取り入れた。上級グレードには、丸いLEDフォグランプが装備される。ハイブリッドには、グリル中央にハイブリッドのエンブレムと青いホンダのロゴ、5つのLEDを備えた専用フォグランプが付く。

リアは、テールランプをダークレンズ化した。ガーニッシュには、ダーククローム処理が施される。バンパーも、クロームのアクセントが付いた新デザインだ。ハイブリッドは、テールパイプを隠したデザイン。ガソリンのツーリンググレードには、クローム製エキゾーストフィニッシャーが装備される。

上級グレードには、ダークグレー仕上げの18インチアルミホイールを採用した。「ツーリング」グレードには、19インチのアルミホイールが装備される。ボディカラーには、ソニックグレーパールとラディアントレッドメタリックが新登場。ガソリン車では、エーゲブルーメタリックが選択できる。

◆新デザインのセンターコンソール

2020年モデルのインテリアでは、センターコンソールを再設計した。ツーリンググレードには、Qi規格のワイヤレススマートフォン充電システムが標準装備されている。カラーTFTドライバー情報インターフェイス(DII)センターメーターディスプレイ、Apple 「CarPlay」とグーグル「Android Auto」に対応した7インチタッチスクリーンディスプレイオーディオを装備した。

オプションで、「ホンダ・サテライトリンク・ナビゲーション」が選択できる。リモートエンジンスタート、デュアルゾーンエアコン、電動パーキングブレーキ、後部USB充電ポート、前席パワーシート、4ウェイ電動ランバーサポート、シートヒーターも採用されている。

◆最新のホンダ・センシング標準

CR-Vの2020年モデルには、最新の「ホンダ・センシング」を全グレードに標準装備した。前方衝突警告(FCW)と歩行者検知機能を備えた衝突被害軽減ブレーキ(CMBS)、車線逸脱警告(LDW)、道路逸脱軽減(RDM)、低速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールとレーンキーピングアシストが含まれている。

また、ブライドスポットインフォメーション(BSI)、リアクロストラフィックモニター(CTM)、自動ハイビームヘッドライトをオプションで用意している。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ホンダ

価格.comで最新価格・クチコミをチェック!

ホンダ(honda)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. ホンダ・シビック改良新型

    【ホンダ シビック 改良新型】ホームページで先行公開…ハッチバックにサンルーフ

    自動車(本体)
    2019.11.15 15:25
  2. トヨタ・ヤリス新型

    【トヨタ ヤリス 新型】インテリア…素材と機能の配慮

    自動車(本体)
    2019.11.15 15:30
  3. トヨタ・ヤリス 新型(欧州仕様)

    トヨタ ヤリス 新型の「GR」、プロトタイプの発表延期…豪州の森林火災の影響

    自動車(本体)
    2019.11.15 10:50
  4. 三菱マイテックコンセプト

    三菱のDNAである「ジープ」を現代に蘇らせた マイテック…[デザイナーインタビュー]

    自動車(本体)
    2019.11.14 14:00
  5. マツダ ロードスター シルバートップ

    マツダ ロードスター、内外装色を追加 特別仕様車「シルバートップ」も設定

    自動車(本体)
    2019.11.15 06:35

総合ニュースランキング

  1. 価格は税別11,000円から、レノボがAndroidタブレット2機種を発表

    税別11,000円で何ができる? 2台目需要で注目したいレノボ新タブレット

    タブレットPC
    2019.11.15 13:08
  2. razr

    モトローラ、縦に折りたためるスマートフォン「razr」を発表

    スマートフォン
    2019.11.15 11:55
  3. 「GRAMAS COLORS "CIG" Clip for IQOS 3」「GRAMAS COLORS "CIG" Case for IQOS 3 MULTI」

    坂本ラヂヲ、専用タバコを持ち運べる「IQOS 3」「IQOS 3 MULTI」コンパクトケース

    電子タバコ・加熱式タバコ
    2019.11.15 12:30
  4. ホンダ・シビック改良新型

    【ホンダ シビック 改良新型】ホームページで先行公開…ハッチバックにサンルーフ

    自動車(本体)
    2019.11.15 15:25
  5. トヨタ・ヤリス新型

    【トヨタ ヤリス 新型】インテリア…素材と機能の配慮

    自動車(本体)
    2019.11.15 15:30

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • AQW-GP70H
  • ホンダ・シビック改良新型
  • 1/24 トヨタ GR スープラ
  • 「ネオパン100 ACROSII」35mmサイズ(36枚撮り)
  • 価格は税別11,000円から、レノボがAndroidタブレット2機種を発表