2019年11月15日 06:10

625馬力のSUVクーペ、BMW X6M 新型…ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ

BMWは、11月20日に米国で開幕するロサンゼルスモーターショー2019において、新型『X6M』(BMW X6M)を初公開すると発表した。新型「X6」の頂点に立つ高性能グレードだ。

◆4.4リットルV8ツインターボは2種類の出力

新型のパワートレインには、BMW Mが開発を手がけた直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。このV8は、シリンダーバンク上を横切るように配置された(クロスバンク)エグゾーストマニフォールドにより、排気ガス流のエネルギーが2つのターボチャージャーのタービンホイールに最適に伝えられる。冷却システムも、最適な効果を発揮するように設計されている。フラップ制御式のエグゾーストシステムのサウンドは、選択しているモードによって変化する。

最大出力は600hp/6000rpm、最大トルクは76.5kgm/1800〜5600rpmだ。0〜100km/h加速3.9秒、0〜200km/h加速13.5秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。オプションの「Mドライバーズパッケージ」では、最高速が290km/hに引き上げられる。

さらなる高性能を求める顧客には、「コンペティション」を設定する。直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力がプラス25hpの625hp/6000rpmへ向上した。最大トルクは76.5kgmで変わらないが、1800〜5800rpmと、より幅広い領域で引き出される特性だ。0〜100km/h加速は3.8秒、0〜200km/h加速は13.2秒、最高速は250km/h(リミッター作動)だ。オプションのMドライバーズパッケージでは、最高速は290km/hに到達する。

◆Mチューンの4WD

全車のトランスミッションは8速の「Mステップトロニック」で、ドライバーはMセレクターレバーまたはステアリングホイールのパドルシフトでマニュアル操作が行える。駆動方式は4WDの「M xDrive」となり、専用チューニングが施される。このシステムは、後輪駆動を重視した設計となっており、後輪が動力伝達の限界に達し、追加のトラクションが必要になった場合に限って、フロントアクスルにパワーを振り分ける。

また、「アクティブMディファレンシャル」も採用する。トランスファーケースが必要に応じて、駆動トルクの一部を無段階かつ可変的にフロントアクスルへと振り分ける。一方、左右後輪間の駆動トルク配分は、アクティブMディファレンシャルが受け持つ。スポーツ走行時や、路面のグリップが変化する場面など、その状況に合わせてM xDriveに組み込まれたアクチュエーターがロック率を選択し、走行安定性を確保する。

コンペティションには、フロントに21インチ、リアに22インチのMアルミホイールが装備される。優れた制動力を備えた「Mコンパウンドブレーキ」は、ブレーキ操作時のペダルフィールを個別に設定できる。

◆内外装はMモデル専用

新型X6Mには、大きな開口部を持つフロントバンパー、ダブルバー付きキドニーグリル、リアスポイラー、ディフューザーエレメント付きリアバンパー、ツインテールパイプの排気システムなどを装備し、Mモデルらしい迫力のエクステリアとした。BMWのXモデルとして初めて、BMW インディビジュアルの特別塗装仕上げが選択できる。BMWレーザーライトはオプションだ。

インテリアは、M専用のコックピットデザインを採用する。M専用表示が可能なBMWヘッドアップディスプレイをはじめ、 Mマルチファンクションシート、BMW インディビジュアルのファイングレインメリノフルレザートリムが標準装備される。コンペティションは、専用のレザーシートを装備した。

ナビゲーションシステムと「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」を備えた「BMWライブコックピットプロフェッショナル」を搭載する。パーキングアシスタントも装備されている。

記事提供:レスポンス

掲載に関する免責事項について
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

BMW

BMW(bmw)の自動車(本体) ニュース

もっと見る

このほかの自動車(本体) ニュース

もっと見る

自動車・バイクニュースランキング

  1. 「マツダCX-5」のアクセサリーパッケージ「タフスポーツスタイル」装着車。

    マツダが「CX-5」を一部改良 エレガントな内装の特別仕様車も設定

    自動車(本体)
    16時間前
  2. スズキ・ハスラーコンセプト・アーバンアウトドアスタイル(東京モーターショー2019)

    【スズキ ハスラー 新型】ティザーサイト開設!!…東京モーターショー2019出展車

    自動車(本体)
    2019.12.10 18:00
  3. トヨタ“GRヤリス”プロトタイプ

    トヨタが“GRヤリス”を世界初公開【東京オートサロン2020】

    自動車(本体)
    2019.12.12 06:11
  4. ヴェゼル・ツーリング・モデューロX

    【ホンダ ヴェゼル モデューロX】エアロが満載、職人技が光る

    自動車(本体)
    21時間前
  5. 三菱RVRブラックエディション

    ブラックアクセントでキリリと 「三菱RVRブラックエディション」登場

    自動車(本体)
    17時間前

総合ニュースランキング

  1. 今だけ驚き価格! イチキュッキュッパのPlayStation 4!

    PS4が税別19,980円に、1万円値下げの「イチキュッキュッパ」キャンペーン

    ゲーム機本体
    17時間前
  2. Bluetooth TV用スピーカー 56cm TVSPK02

    ゲオ、税別3,980円の横幅56cmサウンドバースピーカーなど3機種

    ホームシアター スピーカー
    20時間前
  3. ケンコー、“見えない所”も撮れるiPhone/iPad用スネイクカメラ

    携帯電話アクセサリ
    2019.12.12 07:00
  4. 「HGBD:R 1/144 量産型ジオニックソード」※画像はすべてイメージ

    バンダイ、“量産型風カラー”の「1/144 量産型ジオニックソード」発売日決定

    プラモデル
    2019.12.11 16:00
  5. GTBX-1

    “俺の嫁”はどこへ? 初音ミク召喚の「Gatebox 限定生産モデル」がサービス終了へ

    Bluetoothスピーカー
    2019.12.11 12:08

読んでおきたい まとめ記事

自動車

カー用品

バイク

写真で見る

  • ゴードン・マレー・オートモーティブ T.50
  • Bluetooth TV用スピーカー 56cm TVSPK02
  • R200SS鏡筒RED 70th Anniversary
  • 「Razer Blade Stealth 13」新モデル
  • スター・ウォーズ LIGHTSIDE VS DARKSIDE ターンフェイス・ウォッチ
  • 人感センサー付きおしゃべりスピーカー PIRSESP2